久々のジャーナル

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は行事で授業がなかったのを知らずに、なんだかラッキー。

結局あっという間に過ぎましたが、朝眠い頭をなんとかおこして英語に取り組んだので、まあまあノルマは果たせました。ほんとは添削の仕事にそろそろとりかからないといけないんですが(汗)まだ提出していない生徒もいるので待っています。全部一緒にやりたい。→言い訳(笑)

ご訪問者が一人来てくださっただけでも、うれしいですねえ。ウキウキ♪もうすでにコメントいただいて、うれしさもひとしおです。ほんとにうれしい。カウントが1プラスされるだけでこれほどうれしいとは。前のブログでも感謝してたけど、感謝が足りなかったなあ。今しみじみ。

読んでもらえる目が少なくてもいままでも変わりなくおごらずやっていきたいです。

さて、いままでちょっと出してなかった、今やっている英語の取り組みを今日は大公開。大ってほどでもないですが(笑)今のところ、読まれてる人が知らないひとじゃないとちょっといいですね。

10月31日(木)の英語
音読 30回 
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書) [単行本]
科学・技術10
①まず英文だけをじっくり2回ほど読む
②別ページの英単語リストでおぼろげなものに付箋
③日本文を読んでから英文を読み意味をクリアにする。
  英文を塊でよみながらなんとなく日本語にしたりもします。
④両耳にイヤホンを当てて英文を同時読み 
素読→意味を英語の語順で読む練習になります。
⑥片耳にイヤホンをあてて英文をシャドウイング
⑦片耳にイヤホンをあてて英文を同時読み→そっくりにやるようにすれば発音矯正になります。

これを普段は10回~15回ぐらいに分けて、朝、通勤の帰りの車の中、とかで分けてやっています。仕事で車の中の作業があるとここまで丁寧にはできないけど、1日でなるべく一つ進むようにしています。次の英検まではこの作業は続ける予定。

以前おそろかにしていて、このところ意識するようになったことは、「日本語直訳」です。意味の塊で頭の中で日本語をなんとなく浮かべてゆっくり読むようにしています。英語の語順で読むようにはもちろんしています。精度を上げるのが目的。

この本は私の場合、語彙を覚えるためと言うよりは長文を毎日読んで、音読するというトータルな使い方をしています。語彙はもちろん知らないものも出てきますが、けっこうわかります。英検1級レベルの英文が読みたいというのが
理由です。これは、リケジョのRDさんが紹介されているのを見て夏に購入しました。ありがとうございました。

TOEIC
日本語を見て英語が出てきにくいものにあらかじめ付箋をつけてあるので、その部分を自分で英語が出てくるようにしています。付箋をつけているのは約100単語ほど。でもそのうちどうしても出てきにくいのは20個ほどだと思います。10分ぐらいで終わるので、子供の塾待ちの車のなかとかでもやっちゃう。今日はお家で柔軟しながらやりました。

他の取り組みもしなさいよねって感じですね。どうも意識がむかなくていけません。ボキャビルは私もともと好きなので、できる(笑)そうそう、12月の試験申し込むの忘れてました。今年中にタイ記録破りたいけど無理かなあ。

これはみなさん絶賛ですが、私もお勧めできます。問題解いてるとワラワラ出てきます(笑)

リスニング
BBCポッドキャスト
今日のニュースをダウンロードして約30分聞きます。たいてい、子供の塾弁を作ったり、晩ご飯を作ったりしながらです。なるべく2回繰り返して内容をよく理解できるようにします。1回でもなんとなくわかってると思うんですが、もちろん精度が低いので、今の私のテーマ「精度を上げる」を意識して2回聴くようにしています。ええ加減さをなんとかしないと(笑)

耳読書
A Half Forgotten Song
A Half Forgotten Song [ペーパーバック]
今年読み始めた作家さんです。"Legacy”の著者。これで3冊目。3作目の作品だと思います。ちょっとブログ関係のこととかもあって、気がそがれがちでなかなか集中できないんですが、これもデュアル・タイムストーリーです。長いけどがんばります。

英文読解
夫が持ってた英文解釈のレベルが一番上の問題集をコツコツやっています。アマゾンで調べけど、どうも学校用ですね。市販されてない。出品者から20,000円の値段がついている・・・(汗)

まさにこれはノート見開き左に英文を自分で手書きで写して、そのあとスラッシュやSVを明らかにして、右ページに日本語訳を書いて行っています。辞書もほとんど使わずに訳せるんですが、これぐらいがかえってストレスがなくていいかも。構造がわからないことはないんですが、たまに語のかたまりを間違えちゃったりします。えへ。

これも「精度を上げる」ことを目的にコツコツ取り組んでいます。私は一応受験生を教える身ですからね。基本が大事。長い英文でもないので、10~20分でできますが、忙しいときはできない。週に2,3回取り組めたらいいほうです。たいてい子供のそろばんを待つ間にやっています。今日は家でできた。

目読書
In a Treacherous Court
In a Treacherous Court [ペーパーバック]
これの前の目読書がかなーりな大作だったのと、耳読書で中世イギリスブームだったので、ふとおススメに出てきてポチットしたもの。中世モノのフィクションです。次にしっとりしたのを読もうと思って間に短くて軽くて、すぐ読めるかなと読みだしたんですが、目読書まで行き着かなくてなかなか進みません。今70%です。たいていお昼ご飯時に開くことが多いです。ほんとはノンストップラブストーリーなんですが、あまりに飛びすぎでスピード感でてないです。こういうのは一気読みしないとなあ。

英作文というか参考書通読
英検を受験したのは、これへの前段階としてです。でも遠い道のりのようなきがしないでもない・・・。まずは概要を頭にいれてみます。どんなものかの説明を今日は読みました。Chapter2の途中まで。

ホントは英語の資格試験の点数を上げたり、合格したりするにはもっと試験対策をすべきなんでしょうが、やっぱりできないです。遠回りでも要領悪くてもまあいいか。私の場合は試験をぶっ通しで受ける体力にも問題がありますね(笑)

遠回りが実はそうじゃないこともすでにわかってますしね。歩みは遅いが・・・。

今年は休みじゃない限りジャーナルを書き続けるのは無理ですが、今日はお休みだったので、記事にしてみました。

読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。