時間管理術

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?このあいだ電気代高いと書きましたが、調べたらガス代が近々値上げされるまではガスのほうが安いそうです。朝エアコンで部屋を暖めるのをやめて、ガスファンヒーターにしてみました。→暖房器具マニア。夜はたいてい灯油ストーブです。丸いやつ。これも何年かたってるので、メンテナンス面倒で、この間2度目の芯の交換をしたのですが、手が石油臭くなって大変でした。しかし寒いのはどうしても無理なので、つい暖かさを求めてしまいます。この間も姉がこんなの送ってくれました。

www.cataloghouse.co.jp

母が亡くなった日、母と共に一晩姉の家で皆で過ごしました。でもマンションと違って寒い!亡くなった母が横たわっていた部屋は窓も開けていたので、とにかく寒い。横の部屋で仮眠をとったりしてたんですが、足が冷えると寝れないです。そこで姉がもっていた上のブーツを貸してくれてやっとうとうとはできました。あまりに気に入る私に新しいのを送ってくれたわけです。今も履いてます♪

あ、また脱線した。

今日のテーマは時間管理。このテーマ大好きです。英語で時間管理術の本は2作品audibleで聴いて、それ以来繰り返し聴いて自分にカツを入れてます。何度も聴く価値ある作品けっこうあるので、新しい本をそんなに物色することも減ってきています。まずは二つのおさらいを兼ねて、2,3の例と自分の実践例をピックアップしてみようと思います。

まずは一番短いもの。3時間ほどです。

この本でもいろいろ取り入れさせてもらいました。例えば、

To Do List は厳禁

これは初めて聞いた時にほんとに目から鱗でした。それ以来To do Listは一切作ってないです。To do Listは「やるべきこと」ではなく「やりたいこと」「願望」で、人間はやろうとしていることを終えられることはあまりないとスパッと切り捨ててるところに納得この上なかったです。To do listを書くと一日の最後に後悔が残ってよくない。あれもできなかったこれもできなかったと思うより、その場でできることをやることの方が大事とも。

私は常にやりたいことだらけで絶対全部終われない状態を何年もつづけているので、ものすごく腑に落ちました。これは以下の2冊も同等のことが書いてあります。

じゃあ、やるべきことはどうするの?と思いますよね。勉強はほぼルーティーンにのってやるので、書く必要がないのですが、仕事の場合は忘れないように付箋メモを作って、そこには書いても2項目ぐらい、できれば1項目にしてやり終わったらすぐに捨てるようにしています。家でも例えば買い忘れのないように「単三電池」と付箋にメモしてそれを携帯に張り付けたりして持って出ます。書いた時点で覚えていることも多いので買い忘れにくいです。

Outsoursing

ここ数年は助けることの方が増えてましたが、亡くなった母が心臓を患う前は子育てから家事からいつも二人三脚で助けてくれてました。今更ですが、ほんとに感謝です。しかし今はそれがないので、苦しかったりします。勉強と仕事と家事をずぼらな私がこなすには、この本でも書いてあった通り「外注」すると楽になります。もちろんお金が発生するので、どう折り合いをつけるか、お金を使っても価値があるかはひとそれぞれですよね。

私は生協さんが週に一回、献立メニューはこのところ週に2回、(以前は3回ぐらいでした)多くて週に3回は半アウトソーシングです。このところは子供が家で晩御飯を食べる率が減ってきたので、2回ぐらいの時もあるし、夫と二人で外食もたまにするので家事の時短になってます。

あとOutsoursingとまではいきませんが、食洗機を多用するようになって随分楽になりました。朝から夜まで食べた食器を洗剤で洗ってすすぎは雑にやって食洗機に放り込んでおいて、少しだけ洗剤を入れて軽めモードでという形に落ち着いています。朝に食器棚とかの扉を全部あけておいてざざっとしまうので、それが一番楽。水道代もそっちのほうが少し安くなってるような気がします。最近は朝夫がしまってくれるようになってますます楽になりました。感謝。お掃除ロボットも同じ感じですかね。うちは超怖がり極小ワンコがいるのとまだまだ掃除機がすいすい通れるような家にもなっていないので(笑)導入してません。

 

お次はいまだにアメリカでもベストセラーの作品ですよね。Atomic Habits。著者のけがの話で冒頭からぶっ飛びます。これは5時間ぐらいのものです。西川師匠の「小さなことからコツコツと」をもっとナノかして筋肉に落とし込んでいく感じといえばいいかも。脳みそと筋トレの連動みたいな感じ?

 

 

新しい習慣づけをしたかった、既存の習慣の延長につけよう。

 なかなかやりたい勉強の習慣が定着せず、つい今までやってことをやってしまいますよね。これ聴いてすぐに実行したんですが、今まで家にいて食べながらyoutubeやドラマなんかを見ていたんですが、いったんその習慣をやめて本や文字を読むに変えてみました。職場では英語ニュースを読みながら食べるということはしていたんですが、家では趣味に関するyoutubeを英語で見てました。でもこの間読みたいなと思った本がkindleunlimitedで読めて、99円が2か月というお試しだったので、それに入って読み始めました。1冊千円以上してて続巻があるので、忘れて1か月980円払ってもまあ損はしないかなと思い入りました。でも読むひまがない。そこでyoutub視聴を減らすことにしました。これも食べるという習慣にくっつけた例ですよね。

視覚化しよう。

 リンゴを買って冷蔵庫の奥深くにしまわれててその存在を忘れる。これもあるあるです。うちの冷蔵庫600Lある冷蔵庫なんですが、(冷蔵はガラガラですが、冷凍がギュウギュウ。冷凍庫の割合が一番多いものを買いました)奥行きで稼いでて、奥のものが見えなくなって結局何やってんだか状態。製氷機もあっという間に壊れたので、次回買うチャンスがあれば絶対奥行きの浅いものを買おうと決めています。収納も最近浅いものが好き。見えるものはアクションがつけやすいですよね。このところは時間さえあれば「よくばり英作文」を手に取って素読するのが復活しつつあるんですが、それもテーブルの上にタイマーと一緒にセットして置いてあります。アクションの負荷を最低限にするのが大事。あ、ついでに上の項目でもありますが、ついで効果で読みながらストレッチしてるので、ストレッチやりたさに読んでいるという効果も得ています(笑)

で、今回新しく迎え入れた時間管理術の本がこちら。実はスタプラでお友達が読んでいらっしゃって、まさに今の自分に必要だと思ってぽちっとさせてもらいました。

 

ちょっとアプローチが違ってますが、上の二人も著者も同様に「人生は有限、だからやるべきことに優先順位をつけよう」という考えを基に人生はあっても4000週間。人間はやりたいこととやれることに差があるので、それをいかに有意義に過ごすかにフォーカスしています。

上の二つはこのところ毎年聴くので頭に随分入ってきてますが、ノンフィクションで初聴き、しかも著者のナレーションはプロではないので、抑揚がないことが多いです。なので聴いてるとすぐに気がそがれてしまいます。1章分ずつ復聴き(という日本語はあるのかなあ)したりもしました。

いやほんとに海外の大学院を通信でとかを考えて結局日本の大学院に入ったわけですが、思っていた以上にもたもたしてしまい(しかも休学して延長して)もっとたどると英検1級とろうとして何年もかかったとか、あげるときりがないほど時間がかかった私なので、思ったようにはいかないことは百も承知。

すでに人生の折り返しはとっくに越したので、1年52週間としたら1000週間ぐらいしかのこってないかも。しかもそのうちの100週ぐらいはあんまり自由に動けなくなってる可能性もある。

そう思うとやりたいことしなくっちゃと思いますよね。淡々とやることもあれば、楽しんでやることも増やさないとなと思わせてくれた本でした。読んでる最中はそう言いながら結構映画を観たりなんかして(笑)

いやほんとに、英語の勉強ばかりしてたら見落とすこともあるなあとも思いました。

ちなみに上にあげた3冊はすべて日本語の翻訳本があります。気になるものがあれば是非。またほかにいいものがあれば教えてくださいネ。

で、勉強時間はこんな感じになってます。

1/16の週はまだ終わってないので金曜日の午後まで4日半ほどのものです。12/5の週は母が亡くなった週なので週の半分ぐらいしかできてません。そのあと修士論文に集中した12/19の週は久々に70時間を超えました。次の週は年末で家族もいるので緩やかでしたが、年明けにはすこしですが内容が変わって徐々に伸びつつあります。ほんとは緩めようとおもったんですが、家のことをしながらaudiobook、まさに時間管理の本を聞きながら断捨離とかしてますー。

私の英語時間は大人のアカウントとしてはちょっと引かれてしまう時間ですが、受験生のものとはまた違うし、ずっと試験を受け続けている方々とも違います。

スタディプラスはAtomic Habitsでも書いてあったけど、「やろうとすることでなく、やったことを記録しよう」というコンセプトそのもの。なんでも記録して「今日もがんばったね自分」となります。そのがんばったは人それぞれでいいし、頑張った自分をおおいに褒めて一日を終えることが大事だと思います。

頑張った自分を褒めていますか?

あ、忘れてました?じゃあ私が褒めて差し上げます。

よくがんばりました!!!!

明日も一緒に頑張りましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。