ともしび

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?毎日切羽詰まった感じで生きてますが(笑)メッセージをいただくとついこうやって書き始めてしまいます。今はピアノの調律の方がきて作業されているので、待ってる間に愛犬膝の上にのせて書いています。(そうじゃないと調律師さんにとびついていくから)

お久しぶりの方でハリポタのイギリス版の話をした方。いつぐらいでしたっけ?でもこうやって久々でもまた読んでいただくこともあるんだと、感激しちゃうんですよね。そう思うとブログ止めれないんですよねー。ありがとうございます。

スタプラも一度お友達になりたいと言われて喜んで再びオープンししてたんですが、結局なってもらえず悲しい思いをしました。まあ、いままでも敬遠されることは多々あったので仕方がないです。しばらくオープンにしてたけど、興味ももってもらえず、また閉じました。トータル時間と変人ぶりがだめなのかもですねえ。私なんかよりaudiobook大量に聴いてる方もいるんだけどなあ。閉じると、おなじみのお友達だけなので、ちょっとおしゃべりになったりするときもあります。

姉の手料理のおかげだと思うのですが、母は心臓以外は元気になってきて、認知症の心配をしたのが嘘のようになってほんとにうれしいです。ただ、外出はあまりできてないようで、家の中でもちょっと動いたり、電話で話してても息が切れてくるのが心配です。急激な温度変化心配なので、ヒーター付きのベストなんか送ってみました。使わなかったら自分が使おうと思います(笑)

母がよくなって喜んでいたのもつかの間、今度は夫のお母さんが転んで幸い打ち身で済んだんですが、1週間ほど寝てばかりの生活になってました。おじいちゃんが頑張ってくれてるので、おかずちょっと持って行ったり、何かあったらと頻繁に声掛けにとどまったんですが、

年齢的に、仕事すらするのも難しいなあと思いました。ましてや大学院やら修論やらって(汗)子育てが一段落して(まだまだだと思うことも多いけど)勉強に集中できると思ったら、今度は親の心配が増えて、

自分もいろいろガタが来てなかなか難しいなあと思う今日この頃です。このところいろんなお医者さんや歯医者さんに通い詰め。とほほですね。腰痛も痛みがひどい時が増えてきて年取りたくないなあとよく思います。

そんな時に、「英語以外ですが、今学生に戻って若い人たちと一緒にがんばっています」なんてメッセージもらえるとほんとにうれしくて励まされました。ありがとうございます。

毎日生活と仕事と学業に追われながらも、ながらで英語をするのがもう当たり前になっているので、相変わらずの生活です。

7月にコロナになってる間に母が入院して生死の境をさまよって、なんとか復活して8月に姉の所へ引っ越し。引っ越し作業に明け暮れた8月、9月から新学期に入って仕事が始まって、今に至ります。7月~9月まではさすがに英語時間が減ってますが、10月以降は忙しいなりに耳中心でリズムを付けて今に至ります。1日8時間ベースですかね。この3日間は9時間できてます。ブログ書いたり用事があると減ります。

相変わらずの2本の柱はaudiobookとpodcast newsの順です。後期が始まって課題を毎週こなさないといけないんですが、その間に修論も準備しないといけなくて、仕事と課題と修論をバランスよくできてなくて四苦八苦しています。どれかがおろそかになります。あ、家事はもともとおろそかですがね。

母がいなくなってから、日々のこまごまとした忙しさは増してはいるんですが、

一人の時間が多くなって、耳で英語を聴く時間が増えた結果が英語時間が増えたんだと思います。

夫も子供もけっこう遅いので、夜に時間がとれることが増えてきました。

前はあんまりできなかったんですが、仕事から帰ってご飯作るまでにおやつ食べながらドラマを見たりもしています。勉強せえよって感じですが、疲れてるのとストレス発散にほぼ週に5日ぐらいは見てる感じです。

暗くなってから家にいるときに最近はまっているのが、

「ともしび」です。

普段世界のニュースを耳にする毎日なので、ウクライナ発電所が攻撃されて電気がない、夜は真っ暗な世界というのを聞いたのと、その影響で日本も光熱費があがるだろうなと思ったのと(主婦はこれ大きいですよね)、このあいだストレスマックスになってしまってふと思いついたんですが、

家にあったピラーキャンドル2本に火をつけてその炎のゆらぎで癒されました。凝り性の私は今度は蜜蝋キャンドルを買って毎日つけてたんですが、今度はアロマのソイキャンドルを買ってつけるようになりました。暗闇にうかぶゆらゆらとゆらめく炎がなんとも言えません。

昔クリスマスの季節にこの白と赤を買っていたものです。また買いに行こうと思います。今のやつはパラフィンを減らしてソイが混ざってるようだし。

そのうちまたまた凝りだして、今度はこんなもの買ってみました。

電池がどれぐらいで摩耗するのかはわかりませんが、夜にろうそくやら、ソーラーで一人で過ごすのもなかなかいい気分です。家族が帰ってくる寸前までお料理したり、仕事したりする以外はこれで過ごす変人な私ですが、自己満足でも気分いいです。帰ってきて家の中が暗いと夫が怒るので、急いで電気つけてます。でもイギリスとかにいるときはランプの光だけとか結構当たり前なので、私はそんなムーディーな感じ好きです。日本の家って明るすぎるなあとよく思っています。「暗い中でテレビ見てたら目悪するで」とかよく言われたけど、それって根拠あるのかなあ。映画館は目悪くするのかなあ(笑)

PCの前にいるときはそんなに全部あかるくしなくてもいいので、ランタンのスイッチも切ってます。数時間もつので寝るときのベッドルームに置いたりと楽しんでいます。ついでにもう一個買っちゃいました。→凝り性。

こんな世の中になって、心も暗くなりそうになって、

でも小さな小さな灯は消したくないと思います。

読者は減っても、誰か読んでくれていると思えるとやっぱり書いてしまいます。

このブログが蝋燭のような小さな光を放っていけたらなと思います。

また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。