かみしめる

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?コメントいただいているのに、なかなかかけない日々でした。すみません。いただくコメントはほんとに励みになっています。ありがとうございます。

9月からは仕事を家に持ち帰る日々で、大学院の授業の課題と論文の発表があったので、それで煮詰まってました。こういうのって50代後半にやるもんじゃないなあと思いながらです。仕事がない引退後とかのほうがかえってよかったかも。

論文の発表が終わったのですが、ここからが正念場なので、なんとか年内にしあげるべく頑張りたいと思います。しかし、いろんな細かいことについて行ってなくて、いろんな締め切りを知らなかったり、見落としていたりと、そのたびにあたふたしているどんくさい人生は相変わらずです。大学とか大学院は情報も大事なので、相応の年齢でやっといた方がいいと子供を見ていてもよく思います。先輩とかからの情報貴重ですよね。そういうのがない私は先生に「え?ご存じなかった?」とよく言われて冷や汗かきます。

今年度はがんばって電車通勤してるんですが、外反母趾がますますひどくなってきて運動靴でも苦しい時があります。職場ではアルコペディコというところの靴を愛用してしばらくは調子よかったんですが、それでも無理な時もあるので、いろいろ試しています。仕事柄ずっと立って歩いてというシーンも多いので、午後になってくると足がつったりすることも増えてきました(涙)少しでも足を鍛えようとおもって電車通勤してるのに、なんか踏んだり蹴ったりだったりします。

ほんと年取りたくないですねえ。ボーナス出たらちょっと張り込んでいい運動靴買おうと思います。

私は英語の非常勤講師で20年以上やってきたんですが、あと数年で引退できたらいいなあと夢見ながら過ごしています。年金もらえるまでは無理かなあ。

非常勤なりにがんばって働き続けてきたのは、扶養家族ではなく、自分の年金を独立してほしかったというのもあります。基礎年金だけではと思って上乗せの厚生年金をかけてもらえるように頑張ってきました。でも年収も高くないのでフルタイムで定年まで働かれた人よりかなり少ないです。それでも夫から独立した年金をもらえるようにとやってきました。子育てと家事と仕事の全部をこなすのは自分にはこの条件でしか無理でした。職場でも子育て真っ最中のお母さん非常勤が多いのですが、やっぱりみな同じ理由みたいです。

このところ、母のことでいろいろ見聞きするので将来のことをよく考えるようになりました。母が心臓以外は回復してきて、車いすもいらなくなりました。電話で毎晩話してて、話してても息が切れてくるのは気にはなるけど、それでも一時のことを考えるとほんとに元気になりました。杖もつかなくても歩ける日も出てきました。そうなると、やっぱり母にむくむくと自立心がでてくるので、このところ私一人で近所の老人ホームの見学やらもしています。退院するときは来年までもつかと言われていたのに、本人も私たちも驚いています。でも一人にさせるのはちょっと心配なので、あくまでもしものためにいろいろ調べています。しかし、老後ってある程度はお金持ってないとだめだなあと実感中です。

すでに思うんですが、自分自身、一人でできることがすこしずつ減ってる気がします。たとえば今は腰が痛い日が続いているんですが、そうなるとかがむ作業のあるものは避けたりしています。たとえばクイックルワイパーの取り換えもたったままできるものに切り替えたりね。ほんと不便。

こんな風に過ごしていると、もう英語ができるだけでもありがたいなと思います。体がしんどくてもaudiobook聴いて楽しんでいる自分がいるだけでちょっと幸せな気分になれます。もともと目も酷使していて、飛蚊症になってからは極力audiobookでの読書に拍車がかかりました。

ほそぼそでも英語やっててよかったなと思わない日はありません。

 

理解しようと努力して、

 

 

その努力が自分を内面から支えてくれていると思っています。

 

がんばったことは裏切りませんからね。

 

レベルに達したとかではなく、それぞれの頑張りがエネルギーになる。

とっても地味な日々で、Social Mediaでも地味にやっていますが、それでも長く慕ってくださる人もいると思うと頑張れます。うれしいです。

ひさびさの更新です。もうすぐ11月、なんとか冬休みまで乗り切りたいです。まだもってかえって仕事終わってないんですよね(汗)食器洗いおわったらやろうと思いますー。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。