やめない自分再び

今日もおこしいただきありがとうございます。お元気ですか?そんなに多くなくても、見守ってくださっている人がいるんだとわかるとブログを書くエネルギーが湧いてきます。いつもありがとうございます。

シルバーウィークは行楽することもなく過ごしました。母の引っ越しの後始末とついでに発生した自分の家の整理をしつつ、日帰りで母と姉に会いに子供と車で行きました。朝早く出て、向こうでいろいろ母のことを手伝って、お昼食べて夕方出て帰ったら夜でした。その翌日も夫と二人で夫の方のお墓と、母の代わりに父や先祖の墓参りにと強行軍で行ってきました。

母のお見舞いもしたし、お墓参りもしたので、いいことあるぞと言っていたんですが、

相変わらずどんくさい私です。そんな風に思いたくないけど、年齢が行くと昔は簡単にできていたようなことも、時間がかかったり、うまくいかなかったりすることが増えています。

仕事や学業、家の事務的なことに特にしわ寄せがきています。いろんな手続きをしないといけないときに、期限がせまっていたり、締め切られていたり、書類をそろえたと思っても足りなくて出直したりしてます。母に会いに行ったのは、母の保険証を持っていくためでもあったのに、肝心の保険証を忘れて翌日速達で送りました(汗)母に買ってきて欲しいものをいくつか頼まれて、買い出しに行って忘れ物はないとおもっていたのにです。

あせるとよけいに失敗する。

そんな時にはどうしても、後悔がたくさん出てきます。

今日は新聞で86歳の女性が51歳の時に一念発起して医学部受験をはじめて56歳でやっと合格して62歳の時に最年長で医師国家試験に合格し、今も現役で活躍してらっしゃる話を読みました。

私も確か45歳でやっと英検1級に合格して、翌年念願だった大学院を受験して不合格。その後紆余曲折を経て50歳すぎてから大学院を再受験しました。その後休学や長期履修して、まだ大学院生です(汗)休学中は別の資格を取るために予定より長くかかって通信で単位習得しました。手続きにも手間取って、まだ免許が届いてません(笑)

今年度で終えないといけないのですが、いろいろ見落としがあったりして、ほんとに終われるのかと途方に暮れることもしょっちゅうです。読んだ記事の方とは雲泥の差だけど、50歳を過ぎてもやろうとしたことは同じ。

朝はその記事で自分もまだまだ頑張らないとと思ったんですが、また落ち込むようなへまをしてしばらく撃沈してました。

それでも家族の励ましや、周りの励まして、少しずつ浮上しようとして、その失敗がなんとか回避できそうなめどがたって少し元気になりました。理解のある先生でほんとによかったと思いました。

いままでも失敗に失敗を重ねてやってきて、今はさらに失敗が増えてます。

嘆きながらでも、人の倍かかっても、実力不十分だと思いながらでも、

それでもやっぱり進むことはやめていません。

以前にも書いたように、

最後が失敗にならないように頑張ればいい。

1級にもっと早くに受かっていればとか、大学院に1回で受かっていればとか、もっと早くに入っていればとか、思えばきりがないし、思わないことはないけど、

それでもやめていない自分がいます。今を歩き続けることが大事。

勉強をできるだけでも贅沢だなと思うことも多いです。

似たようなことをしている方がもしいたら、若いことに越したことはないと思います。迷っている間の時間がもったいないと思います。私の遠回りからなにか得るものがあればうれしいです。

もうすぐさらに忙しい日々が待っているけど、

なんとか頑張りたいです。

またよければ一緒にがんばりましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。