知識と教養

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

 

ご質問をいただいたので、取り急ぎ書かせていただきますね。

受験生の親御さんから、お子さんが国公立2次レベルの難解な英文が読めなくて悩んでらっしゃるとのこと。英文を読んでいるうちに迷い込んでしまって分からなくなっている。日本語訳を読んでもわからない。いや、痛いほどわかります。

なんとなく読んで正解できるのは共通テストまでで、国公立の2次とか難関私立の問題はそうはいきませんもんね。ちょうど今日そんな話を授業中にしていたところです。

クラスで何人かの生徒は共通テストレベル、B1レベルぐらいですかね、それぐらいの文章なら、時間余って見直ししたり、寝る余裕のある子もいます。

その基礎力の上に必要なものを培っていかないとやっぱり太刀打ちできないのが日本の大学受験の英語だなあとよく思います。

で、分詞構文だの倒置だのの文章をうまく処理すべく構文をしっかりさせる。これやると英検1級の問題もすっきり見えるときがあります。あとは語彙ですからね。語彙は初見で知らない意味があれば、それまでなんですが、ここで生きてくるのが類推力。これは多読で培うことも可能じゃないかと思っています。でも長文問題はけっこう抽象→具体という流れで書かれているものが多いので、単語自体がわからなくても、読むうちに何のことかわかる場合も多いはずです。英語の構造がそういう作りになってますからね。トピックセンテンスのあと具体例でパラフレーズされている形です。

それプラス、テストなので設問と本文をすり合わせて根拠を求めないといけない論理力も必要です。ここは問題を解くという訓練をしなければ養われません。

要するに総合力なんですが、

その上に

日本語が必要。日本語まで落とし込んで理解してきれいな日本語にする。日本語の意味を咀嚼して英語になおす。

でですね。まだあるんですよね。

超難関の英語の問題はまだ必要なものがあります。

知識と教養です。背景がわからないと咀嚼できないし、自分の意見を書くことが難しい。英語だけではなくて、論文かける学生が欲しいわけだから、高校生にも考えて意見の書けることを問うということをする大学もある。あ、そんなにたくさんないとは思いますが。

この間生徒に演習をしてもらっていた時に、ある生徒が「先生、今回だけ点数がよかった。なんでかというと、本文で議題になってた理論をよくわかっていたからなんだ」

まさにこれですね。

高3生には難しいかもですが、受け持っている生徒にはたくさんたくさん、好奇心旺盛に本を読んでねといつも言っています。それがいつの日か、受験でなくてもきっとどこかでつながっているんだよと言っています。

しかしですね。ご質問者のお子さんは受験生。にわかに本を読むのもなかなあ難しい時期です。

構文の問題集は良問なのでそのまま仕上げながら、

やっぱり入試問題を最初は時間制限を気にせず解いて、あきらめない考える癖をつけていくってのはどうでしょうか。徐々に時間制限は必要ですが、丁寧に解いてみることも必要だと思います。わからなくなって根をあげそうになるのをぐっとこらえて解く練習です。

日本語でも理解が足りないのなら、その理論や概念をググったり、国語や社会の先生や、理系の知識なら理科の先生に日本語で教えてもらってもいいと思います。早くに知識を仕入れれますよね。

いきなり第一志望の2次の問題が難しければ、すこしランクを下げた大学、似た傾向の問題を出す大学の問題を解いてみてください。それは予備校や学校の先生に聞くと教えてもらえるかもしれません。

私は普段から結構雑談が多い先生です。ランチしながら読んだりする英文のニュースで気になったことを伝えたり、イギリス英語とアメリカ英語の違いをちらっと説明したり、と脱線します。それを嫌がる生徒も過去にはいたけど、今の学校ではけっこう聞いてくれます。案外そういう知識が役に立つこともあるじゃないかと思っています。

それに、世界で起きていることが日本で知られていなかったり、生徒は受験勉強や携帯で忙しすぎてニュースを知らなかったりします。そんなに時間をとらずにさっと語るんですが、それが誰かの頭に残って、世界を見てみたい、いい世界にしたいと思ってくれる子が増えればと、芽がでなくても種をまくのが先生の仕事じゃないかなと思います。

入試問題のなかにはとてもためになるものも多いです。知識と教養がけっこう得られるので得な気もします。まずはそこからで、その大学に入ってさらに深く勉強してもらいたい願いが込められているものもあるだろうなと思います。

とりいそぎ思い浮かぶことを書いてみました。

お役に立ちますように。

angel

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。