バトン

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?前回の記事UPからまたしばらくたってしまいました。で、あっという間に新学期が始まろうとしてるじゃないですか。

いや、母が大変な時と並行して、実は我が家は一人だけ違う感染経路だったけど、次々と全員陽性人間でした(汗)コロナのバトンはいらんわ。でも母がコロナじゃなくてよかったとしみじみ思います。

母が入院中だったのもありますが、結局すでにお金払って払い戻しのできない北海道行きの飛行機代は飛んで行ってしまいました(涙)今のBGMは「飛んで、飛んで、飛んで、飛んで、飛んで」ですわ。

飛行機キャンセルしても払い戻される保険はいっとけばよかった。よく考えたら母は毎夏入院してました。とりあえず、コロナで保険が下りて補填できればと思っています。そう考えると国内でよかった。

そう、夏の旅行は中止となりました。

母が緊急入院してなんとか一命をとりとめました。皆で覚悟した死。

でもそれをまた超えてくれました。まだまだたよりない娘が気になって仕方がないのかも。

でも、高齢なのでどうなるかわからない。今回で、医療や介護のことに少し明るくなりました。医療保険介護保険は別建てで、老健施設に入ると薬も別だとかいろいろ。介護保険はほんとに認定が下りにくくて厳しいとか。少ない年金からたんまりとられてても、使えなかったりします。そういうもろもろのことも時間とられるんですよね。病院と施設と市役所とやりとりがあって。

紆余曲折を経て、母は姉の家でお世話になることになりました。母も私も足が少し悪い姉になるべく負担をかけたくなかったのですが、介護の経験もあるし、「今度は私の番。大丈夫だよ」と言ってくれました。やっぱり一番安心です。

やりとりをしながら思ったのは、命って扱いによってはすぐになくなるのかもということです。その時の判断で寿命が変わるかもとも思いました。母の命がどこまで伸びるかはわかりませんが、このところ口癖のようにいってくれる言葉、「今が一番幸せ」をずっと言えるようにしてあげたいと思います。

そうなると、引っ越しなんですが、私が比較的時間がとれるのは学校のない休み。退院を待っているともう無理かもということで、姉が1週間こちらにやってきて二人で引っ越しをほぼ終えました。もともと数年前に私の家の前に引っ越してきたのもあったので、多分普通の高齢者よりは少ないのか、引っ越し業者に頼むことなく、甥っ子にも手伝ってもらって、私は大きなバンをレンタカーして、同日に高速で運びました。あとは細かいものを母の様子を見に行くたびに運ぶ予定。私は残ったものの処理とお掃除、姉の家ではそこから皆でさらに断捨離をする予定です。

ほんとにすごい夏休みでした。

で、論文どうするのだ?と言う感じです(大汗)

やっぱりアラカン女がこういうことをするのは結構大変だと実感中です。働きながら、家族の世話もしながら、協力的な家族でもやっぱりいろいろありますよね。そして今回のように老親になにかあったり、自分が病で倒れたりと、もうにっちもさっちもいかない。

もう英語の試験とかは受けていないこの数年ですが、それも並行していたらちょっとしんどいなと思います。あ、もともと苦手だしー。

でも、それでも英語の勉強はできる。試験を動機としなくても毎日やっている自分がいて嬉しくも思っています。

生活の一部になってることが大事。まさに習慣です。→またaudibleでAtomic Habit聴いてカツ入れ中。

私のスタディプラスの記録で見させていただくと、

普段はダークモード使っているので、貼り直しました。黒いと見えません(笑)

7月18日の週 38時間

一番左の7月18日の週の合計は39時間ですが、ここでコロナで寝ながら生活をしていたわけですが、黄色の部分はひたすらドラマ「The Stranger Things」を一気見していました。字幕なし、時々英語字幕はいつもと同じです。でも、テレビで見てたので、字幕の切り替えしにくくて確認とりにくくなって学習にはあまり向いてないなと思いました。鑑賞に近くなりますね。今はドラマはPCで英語の確認をしながら見ています。

7月25日の週 32時間

ここは母が緊急入院した次の週です。姉家族や親せきも来て、一人になる時間はかなり少ないので、朝や夜のルーティーンが中心です。それにレポートも書いてました。母がいなくなると思うと勉強が手につかなくなって泣き出したりもしてました。

8月1日の週 59時間

母の容態が落ち着いて姉もいったん家に帰った週です。病棟も変わって面会も厳しくなったので、一人で家にいることが増えてこの週は論文の方に少し時間がとれました。

8月8日の週 58時間

2週続けて55時間を超えることができました。いつものペースです。一番多い時で60時間越えなのですが、ここまで戻って御の字でした。この週は母の引っ越しを姉と決めたので、夕方は母の家で荷物をまとめながらPodcastやaudibleを聴いていました。

8月15日の週 26時間

姉夫婦とワンコがやってきて、義理の兄が詰めるだけ荷物を詰めて帰ってくれました。姉とワンコがいるので、その分勉強時間が減っています。audibleを聴く時間もとれませんでした。朝と夜のPodcastが中心です。

8月22日の週

ここは4日で32時間ほどなので、一日8時間のペースが戻ってきましたが、土日は忙しいのでどこまでできるかです。今日が勝負、でもブログ書いてますね(笑)

7月、8月は想定外のことが起こりましたが、月に換算すると200時間を超える感じです。

最近は夏休みなのもあって、できるときは英語でタイムラインを書いたりもしています。それで結構レポートとか書くときに出やすくなればと思ってやってます。そうじゃないと書かない自分が(汗)お高い添削も結局授業料どぶに捨てたし(大汗)えらい勧誘でちょっとしんどかったりもします。映画やドラマも最近ブログにあげれないけど、スタプラではちょっとした感想も書くようにはしています。あ、今にはじまったことじゃないけど、スタプラは試験関係なくて、クローズドだとほんとに避けられちゃいますね。簡単に切られちゃう世の中ですもんね。さみしいなあ。

習慣としてニュースを聞く、小説を味わう、ドラマを見る。私は翻訳や通訳の世界はあこがれはしたけど、英語教師になってからは諦めたので、たまに教える解釈、作文が教える仕事で必要ですが、自分の英語は直解が大部分を占めています。仕事を引退したら、さらに直解に拍車がかかると思います。世界で何が起こっているのかを知っていろいろ考えたり、趣味のことを英語で見聞きして工夫したり、お気に入りの小説が映画化されたりしたのを堪能したりすることが今の目的です。それに合わせて勉強する。はっきり、くっきりとわかるように小さな一歩を歩んでいる最中です。

英語を勉強するのではなく、英語でやる。

批判もたくさんあるかもですが、英語の勉強はそれぞれで、いろんなやり方があっていいと、今から12年前に英検1級に受かってから再受験もしながらも、いろいろ模索して今に至ります。

もしこれを読んで悩んでいる方がいるのなら、

信じる道を行ってください。それが試験でも、他人から楽習と言われようとも。

やりきる力、続ける力が大事であって、結果は履歴書で必要で、そのあとは過去の世界です。

なによりも現在進行形が大事だと思います。あ、習慣は現在形ですねー。

読んでくださる方は激減していますが、どなたかにバトンを渡せているのなら、それほど嬉しいことはありません。

おまけ:久々の再開

13歳と10歳の老犬となりました。今回は姉がささみでおやつを作ってくれてうちのチビワンコは大喜び。今回でいかにトイプが楽かわかりました。すんごい毛で、毎日掃除してていまだに黒と白の毛を見かけます。

読んでいただきありがとうございました。

新学期です、気持ち新たにまた一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。