英語で楽しむ。夢中で楽しむ。

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?いやあ、新学期が始まってまだまだ新しいリズムに乗ってません。しばらくルーティーンが出来上がるまでは調整しながらです。

年齢もあるのか、このところ仕事の翌日に休みだとほんとに眠いです。というか、仕事から帰ってくるとぐったりしてソファで寝落ちしてしまうなんてのも。そうそう、疲れるのはこの春からがんばって車使わずに電車通勤してるってのもあります。一万歩まではいかないけど、1万歩近くは行くので、通勤以外を合わせると一日1万歩ぐらいはあるけているということにしときます。

でも、外反母趾が進んでヒールでの長期歩行は無理。運動靴履いてます。服とちょっとあってないかなあと思いながらの日もありますが、よく見るとけっこう上はオフィスっぽい服でも下は運動靴ってのを見かけるので随分慣れてきました。このあいだ友人が厚底のむっちゃおしゃれな高そうなブランドの運動靴を履いていて、庶民な私はボーナスが出たらそういうの買ってみようかなと思いました。でも結局こういうもの↓を優先してしまうんですよね。ずっと欲しくて再入荷するの待ってました。なんでもっと早くに買わなかっただろうと思います。便利

www.dinos.co.jp

これに近いものを探して100円ショップで「浴室おもちゃ入れ」みたいなのを買ったりしてたんですが、ちょっと安定悪くって中身がひっくり返ったりしてました。まさに上のようにお風呂のバーに吊っておいて使うときだけ下に置くので、ぬめりが気になりません。ずぼら主婦にはマストアイテムです!

ついでに書くと、昨日はこんなの買いましたよ。

www.muji.com

我が家のワンコ用のウェットティッシュ入れ難民だった私ですが、ようやく安息の日を迎えました。たまたま入ったMUJIで「バズってる」とあって即買い。それまではいろいろ買っても結局裸のままでシール外れて上がカリカリになってたりしてたんですが、これは今のところストレスないです。トイレにも買おうと思います。

いかん!また生活ブログになりつつあります。

仕事と学業に邁進しているつもりなんですが(汗)本来インテリアとか収納とかDIYとかが大好きな質なので、こちらにすぐに流されていく私です。

何度も書いてますが、年齢を重ねるごとに自分の脳の衰えは確実に感じるんですよね。私の場合もともとスペック低いですしね。例えば生徒と一緒にテスト解いていて、満点とってる生徒の横で、ちょっとしたケアレスミスをしている自分がいます。あとで見たらなんでそんなミスしたのだみたいな。彼らの脳みそとは搭載してるエンジンが違うわけです。おんぼろエンジン。生徒には中学生、高校生で英検1級とか持ってる子もいるし、帰国子女もいるので、マウントしても仕方がないわけです。できるアピールはとうの昔に捨ててる状態でもあるんです(笑)

もちろん自分ができる限りの努力は続けているわけですが、なによりも自分のではなく、生徒の英語力を伸ばす技量が自分には大事で、そこを買われて雇われてるということを肝に銘じる日々でもあります。

年齢が行ってから勉強をしているのもあって、資格英語や受験英語に苦しんで苦しんできた(今もある意味苦しんでますが(笑))わけですが、そこに光を与えてくれたのは、

「英語で楽しむ」ということ。

英語で読書を始めてからは心が救われるようになりました。英語でaudiobookを聴くようになってからは英語読書に拍車がかかりました。今では文学もかじっているという状態です。英語で映画やドラマを見るようになってますます楽しくなりました。文学少しかじるだけで映画鑑賞にも違いを感じるこの頃です。

日本語に頼らずに堪能したいという気持ちが強烈な動機となる。

今はまっているのは古いReality TVです。youtubeで趣味のインテリアやDIYものを死ぬほど見てたら、アルゴリズムが連れてきてくれました。

www.youtube.comyoutubeに初めて感謝したかも(笑)歴史のある古い建物を個人が買い取って自分が住むために改装するのと同時に専門のヒストリアン二人がその建造物について調査してくれるという、イギリス史おたく兼、インテリア(特にイギリスの)おたくの私のためにあるような番組だと思いながら夢中で見ています。

10年ほど前の番組なので英語字幕もなくて、アクセントの強い人も多いですが、何の話してるかが分からないわけではないので、必死でついて行っています。

100%の理解度でなくても、やっていいと思って何年もこういうスタイルでやってきました。巷では「聞き流しはだめ」みたいなことがよく言われてるけど、自分が少しわからないところがあったら、必死で聴き直してわかろうとすることが大事で、

常に机に向かってディクテーションをしないといけないとは思ってないです。

それが効率が悪い方法でも。

ディクテーションをやって根性物語で必死で耐えるのも一つの方法ですが、勉強するスタイルをとらなくても大量に必死に聴くことができる。だからだめなんだ言われそうですが(汗)ディクテーション根性物語が続けばいいんですが、結局できてなかったりしません?私はできてないですー。何度もやろうとしたし、実際にやってたこともありますが、なかなか時間がとれない。まず机に座ったら仕事か課題かブログ打つみたいな生活してたら無理ですー。

できる人がそれをやればいいのであって、できないからと言って英語できない烙印を自分に押す必要もないのです。さらに言うと、できない自分を抱えながらでもどんどこ夢中になってできることをやればいいと思います。

なによりも「継続」が大事。

「日本語にできなければ英語がわかってない」と耳痛いなあと思うことも多いけど、厳密に日本語にしないといけないような仕事に着こうしない限り、別のやり方で好きなことを夢中で大量に、遠回りでもできる方法をとってもいいと思います。

好きなことを英語で堪能するということも一つの目的ですよね。皆が「英語で仕事」するわけじゃないわけですしね。

すでに6話見てしまったので、残りも堪能したいと思います。

英語ができるようになりたいですか?

英語でやりたいことありますか?

何のために英語やりますか?

読んでいただきありがとうございました。

よい週末をお過ごしください。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。