一旦停止

今日もお越しいただきありがとうございます。不定期ブログになって読者も二けたが増えてきた今日この頃です。それでも読んでくださってありがとうございます。お元気ですか?前回のドラマ観てくださった方が「面白かったです!一気に観ちゃいました」なんて書いてくださって嬉しい限り。ブログはどうしても一方的で情報をとったら終わりになりがちなので、そういう分かち合いの気持ちが間にフワフワ現れると書いた甲斐もあるし、充実感半端ないです。うれしい♪

以前に家族を送って一旦停止しなかった門で違反切符を切られました。もともと違反は違反なので偉そうにはできませんが、もともと超全然運転の私なので、ものすごくゆっくり曲がるのが癖です。一度自転車が突っ込んできて急停車しても自転車を巻き込んだことがあるので、それもあってものすごく慎重です。当時は全面的に車が悪かったけど、このところは自転車運転も厳しくなってますよね。

気を許すと止まれないような角で、あんまりみんなピッタリ止まらないところなんですが、切符切られた私は、そこを通るたびに「一旦停止、一旦停止」とつぶやきなら通るのが癖になってました。

で、数か月後、またのろのろながらも違反して、またしても同じ警察官の人とやり取りする羽目に。でですね、私の対応をしている間に、一旦停止せずに通り過ぎる車がどんどこいる。ただ単に運が悪い?事故が起こったわけではないけど、近所に通報してくる人がいて出動しないといけないと聞きました。できれば、取り締まりで罰金稼ぐより、信号つけてほしいです。くすん。

ここでの教訓は、「慣れの怖さ」です。

音読をしていると、脳に自動化が起こっているのがわかります。暗記が苦手なので、死ぬほど音読して自動的に英語がでてくる塊を増やそうという手でいろいろ乗り切っています。

応用が利くときもあるし、知ってたのに出てこない時もあります。

この機会に一旦停止してじっくり自分の勉強をみて改善したいと思ってそれなりにですが見直し運動中です。

1つは英語の発音です。いろいろきっかけはあるのですが、発音についてコメントをいただいたのもあります。

なんちゃってBritishで通してきてて、英語で話すと「イギリス英語ですねえ」と言われることも多いです。海外でも「ブリティッシュアクセントだねえ」とよく言われます。しかし、最終的には発音より中身が大事だと思っています。他人の発音は絶対にとやかく言わない。「日本語訛りが」はいい意味で使うようにしましょう運動したいぐらいです。日本人であろうとフィリピン人であろうと、他の国の英語圏じゃない人の英語もなにもかも全部英語です。

それなのに、なんで発音の練習に着手したかというと、最近教材をよく作るんですが、もちろんチェックしないとけないので、動画をチェックするときに自分の英語を聴くことが増えました。

いやあ、自分の英語聴きたくないですよね。それっぽく聞こえるけど、細かい部分が違う。うう。先生なので、間違いを教えるわけにもいかないので、日本語訛りとかじゃなくて、明らかに違う発音してるぞ(汗)特に母音。完璧には無理でも、ある程度正しい発音を言えるようにしないとと思いました。

イギリス英語の発音の本はたくさん持っていますが、本ベースで毎日のルーティーンに入れることでできてません。

で、スタプラのお友達がけっこう試したり、今使ってるアプリとあとイギリス英語のスピーキングのアプリをいろいろ試してみました。で、こちらに決定。

elsaspeak.com

ご存じの方の方が多いかも。

すぐに「24時間以内に買えば半額にしたんで。買いまへんか?」という誘いにのってプリペイドカード買って1年分の権利を買いました。2900円ぐらい。あ、びびりなので、もともと携帯経由はかなり慎重になってます。アプリはクレジットカードとは基本紐づけしていません。買うのはすべてPC経由にしています。

これは1か月ほどで260時間レッスンを受けた今の通知簿です。f:id:angelenglish:20220219134332j:plain

ここに残すと恥もさらすことになるのですが、あとで自分で振り返れるので貼っときます。

一つ一つの音を正確にすることを優先してやっているので抑揚と流量性は落ちたような気がします。一つ一つを押さえたらそちらも力を入れたいです。ちょっと語尾が上がるときがあって、それをあんまり真似してないからなあ。いや違いますね。西海岸の若い人に多いですよね。

基本部分は西海岸のアメリカ人のお姉さんだけど応用になってくるとイギリス英語もあったのでこれにしました。自分の英語は抑揚や子音を強調することでイギリス英語っぽく聞こえているのだと気が付いていましたが、

母音がちゃんと押さえられていないことがはっきりとわかりました。それとか、Vとbも時々逆になっている(汗)練習を重ねて少しはましに。

AI、ディープラーニングについては、昔ジョー・ローガンの声をそれで作って本物そっくりだったという例とかで、少しかじったことがあったのですが、これはその最先端の技術を使っているんだなと実感してます。自分の声が集められてるんじゃないか?といぶかしげに思いながらも、感心もしています。

何に感心したかというと、自分が録音した音は正解だけど、発音記号が変わって、さらに正解と判断されることです。aの音が一つじゃない場合の単語多いですよね、それをAIがちゃんと聞き分けてくれてるようです。これってすごくないですか?

勢いよく話すときにはあまり気にしているとつなげられないこともあるとは思いますが、実はそこを矯正したうえで口を速くうごかせるとアメリカ英語にもイギリス英語にもなるような気がしています。あ、自分の感覚なので、おゆるしを。ほら、イギリス人俳優がハリウッドでアメリカン人として演じてますよね。前回ご紹介したドラマでもケイト・ウィンスレットアメリカ英語で演じていました。できるわけです。逆は難しいなと思うことも多いのですが、たまにすごい俳優さんいます。Lord of the Ringsのサム役の人はイギリス人がてっきりイギリス人だと思っていたという逸話も聞いたことがあります。

まずは、ひとつひとつの音がきちんとするというのが自分の目的。そのあとでまた流暢性を戻せばいいと思っています。

これをする以前からブログのタイトル通り音読生活者の私。週末はリズムがくるったりもするのですが、終日はほぼ毎日短文、長文を3種類にわけてシャドウイングおよびサイマルまたは暗唱していて、1時間半ぐらい英語をブツブツ言っています。もう何年も同じものをブツブツ。それがいいかどうかは麻痺してますが、心地いいし、やらないと気持ち悪い、歯磨きレベルになっています(笑)

それプラスyoutubeで真似したいなと思ったら初見でもシャドウイングをします。それは週に1回とか2回。ほぼイギリス英語です。その時に気づきがあるんですが、

口の動き方が半端なく多くて、日本語はなすよりかなり激しいのです。ホンマに。30分とかシャドウイングしてると口疲れます。

シャドウイングしている時に口疲れると英語らしく発音するのに近づいていると思っていいと思います。それほど日本語は口の筋肉を動かさずに省エネで発する言語じゃないかと思っていますが、専門家じゃないので間違っていたらすみません。裏とってないですー。

ということで、おそまきながらはまっているアプリについて書かせていただきました。どなたかはリーグで会ってるかもですね。

母音を中心に、ひとつひとつの音の舌の位置や口の開け方を覚えたいので、しばらくやろうと思います。

しかし、すごい工夫があって、次のリーグに行こうと思ったら練習しざるを得ないんです。日本人もいますが、世界各国の名前が並んで面白いです。私はハンドルネームでは何人かわからない名前にしてしまいました。練習はたいてい超疲れて眠くなってくる夜中にやってるので、舌がまわらないことも多いです(笑)

で、やっていると子供に「アメリカ英語みたいに聞こえる。せっかくイギリス英語っぽく話せるのに、ママの英語がアメリカ英語になるのはいやだ」と言われました。もうかなり今の英語が沁みついているので、ならないと思うけど(笑)

以前にも「英語を聞かせて欲しい」とリクエストを受けて何回かUPしたんですが、ただの一学習者の身分だし、あんまりそういうの向いてないたちなので、数日限定でやりました。もっと上手な人いくらでもいますしね。それとIT音痴なのでそこまで至るのに時間が必要な私です。また時間ができたらUPするかもぐらいで今はお許しください。すみません。今後続くかどうかは定かではありませんが、とりあえず、今は細かい部分まで練習やりこんでみます。

ほんとに英語はきりがないですよね。あれもこれもとなるけど、全部はできない。

できてることは英語を「続ける」ことです。一旦停止して、よく考えて、また続ける。

今日も眠気に襲われながら頑張ります。さっき覗いたらまた圏外に落ちてたので頑張らねばデス!

また一緒にがんばりましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。