すこらてぃっく

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?急に寒くなってお布団とか冬支度にバタバタしている私です。あ、でも忙しいものあって石油を使い切ってからしまおうとリビングに鎮座していたストーブがもう使えるかもー(汗)ほんとに記憶が飛ぶほどバタバタしてました。私は全然優秀でも要領もよくないのもあるかもですが、今同じことをしろと言われても無理だとはっきり言えるほどしんどかったです。今でもしんどいから(笑)だからストーブがしまえなくても当然だったわけです。

先週は母の手術と仕事との綱渡りで大変でした。しかもイレギュラーなスケジュールだったので、前もって残業をして、有休をとって、朝だけ授業して、急いで帰って母を病院に連れて行ってなんてのもありました。今の今までそのしわ寄せで仕事三昧でした。しわ寄せがくると、自分の学業の課題も自転車操業になってほんとに綱渡り。余裕のない私はやっぱり「もう引退したいー」と叫びながら仕事、勉強しておりました。弱音を吐かないでは無理でした。

でも母の残り少ない人生のQuality of lifeが少しでも良くなってくれたらいいなと思います。

で、やっと少しは光が見えてきたのでこれ書いてます。

ご質問をいただきました。

angelさんは英語の論文をよく読まれていらっしゃいますが、高校生でもがんばれば読める英語の論文のHPでお勧めがもしあればお時間があるときにご紹介いただけるとうれしいです。子供の志望大学が論文をよく出すみたいなんです。  

論文というのは、砂漠の一粒のような存在だと思っていて、実は私も読みたい情報に出会うのがすごく難しいと思いながらです。

私は社会人になってからのおばはん院生で、クラスメイトもあまりいなくて、先輩もいないに等しいです。先生も「ご自身で」というスタイルなので、自分が正しいことをしているかどうかわからない状態で過ごしてるので、あまりあてにはならないと思うんですが(汗)今年に入ってからは、ブログで知り合った博士課程のお友達ができて最近具体的にアドバイスはもらえますが、専門がよく似ているのでできることだと思います。

論文と言っても何を知りたいのかで方向も変わると思います。入試に出そうな論文というのも大海原ですよね。まずは専門を絞らないといけないかも。

大学に入ると、論文を手に入れるのはかなり簡単です。大学がたくさん提携している機関を通してそのサイトに行って興味のある論文をダウンロードできます。論文は何か論文や書籍を読んだとき、それについている参考文献をたどって行きつくことが多かったりします。自分の専門の論文を読み進めると、研究で使っている参考の論文が重複していたりするとそれを手に入れたりとかです。

高校生によく教えてあげるのは、まず興味のあるものをネットで調べて、例えばウィキペディアに行くと、参考にした文献や論文がたいてい載っているので、そこをたどれば元の情報に行けます。そこで大事なのはウィキペディアは参考文献にならないということです。あれは情報の集合体で参考文献扱いできないものです。でも情報を得るのにすごく役に立つツールですよね。

知りたいテーマがあるのなら、直接ググってもいいと思います。これはお友達に教えて貰ったんですが、

Google Scholarで検索すればアカデミックなものが無数に出てきます。

今の高校では「探究」などの名前で調べ学習やプレゼンをするカリキュラムを組んでいる学校が多いと思います。その際に使わないといけない資料を探すのに司書さんや指導の先生の力を借りることもあると思います。なので、指導されている先生に聞いたらもしかして有益な情報があるかもです。理科なら理科の先生とかね。あと、図書館が充実していて、専門の司書さんがいれば相談に乗ってもらえるかも。公立の大きな図書館もけっこう司書さんが頼りになると思います。大きな図書館は相談コーナーもあります。

でも、高校の専任の先生はほんとに忙しいので、自分の科目以外にもそうやって担当している状態です。なので、論文を読んだりする時間を確保するのは難しいかもです。私ももっともっと時間を作って読まないといけないと思いながら過ごしています。しかしながらが精一杯なことが多くって。

少しでもお役に立てばうれしいです。

なんか英語ネタないですね。あ、今日たまたま見たTEDご紹介します。普段はインテリア関係ばかり見ている私で、普段から真面目にTEDとかもっと見ろよって感じですが(汗)たまたま目に飛び込んできたものです。お友達もみてくださって盛り上がってました。びっくりしますよ。


www.youtube.com

舌足らずなかわいい英語、まずは字幕なして堪能してみて下さい。キューーーーート!横の赤ちゃんも超かわいいし、重要な役割を担ってくれてます。しかし、もうすっかり堂に入ってて末恐ろしいMollyちゃんですよね。

今週も中盤ですね。なんとか週末まで走り来たいです。

一緒に頑張りましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。