元気をだして

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?書く予定はなかったのですが、思い立って書いてます。

なぜか今日のBGMはこちら。珍しく日本語の歌です。


www.youtube.com

昔から大好きでした。英語も上手で尊敬できますよね。

え?懐かしすぎる?恋愛の相手を英語に例えて聴いてくださると嬉しいです。

いつもコメントを下さる方に向けて思い浮かんでしまったので貼らせていただきました。

英語の勉強を続けるのはけっこう大変だと思います。今日も課題に追われて必死で辞書を引き引き意味をとってレポートを書く私を見て、

「ママは覚えている限りずっと英語を勉強しているなあ」と、隣のリビングでネトフリのイカゲームを見ていた夫が言いました。

今の私は目の前に出さないといけない課題とか、作らないといけない教材だとか、授業だとかがあるので、お尻たたきながらやってる状態でもあるので、自分の英語力があるのかどうかすらの感覚もなくやっているのが実情なんですが、

たとえば、英語じゃないことが占めているお仕事をしながら英語の資格をとって英語を活かそうとしている状態だと、

動機を保つのはほんとに大変だと思います。

私も試験を受け続けているときに、なかなか点数がとれなかったり、受からなかったり、受かってもまた落ちたりして、ほんとに自暴自棄になりました。

試験に受かり続けている時がたまに続くと、今度は「なんでライティングが伸び悩むんだろう」とか。あ、試験受けてない今でもそれは思ってます(汗)

そこから、なんで世間では試験で人のランクが決まるのだとかいろいろぐるぐる悩みました。

でも試験でその人の価値は決まらないのです。

決まると思ってる人がいることも事実ですが、私はそう思ってないです。

どや顔やマウントをするために受けてるみたいなところあるよなと思いながら過ごしてました。自分が属している世界では、それはそれで使いようがあるので、履歴書に有効な部分を利用すればいいですが、結局それは通過点で、いくら学歴や資格や英語力があっても、ほかの部分が欠けていてあっという間に消えていく人を何人も見てきました。

そこよりも、英語で知って学ぶことにシフトすると、そういうことも少しは気にならなくなってきます。

やる気がなくなるのも当たり前なので、もし、試験を受けて落ち込んでいる人がいたらとも思って書かせていただいてます。

苦しいこともあるけど、是非楽しんでください。

そして細く長く続けることが何かにつながってきます。やめてしまったらそこで途絶えてしまうことも、楽しく続けることで道がつながっているのです。

疲れたときは一休みして、楽しいことからまた始めればいいのです。

どうか元気をだしてくださいね。なんか見当違いなこと書いてたらスミマセン。その方だけでなく、読まれたどなたかの気持ちに寄り添えたらいいなと思って書かせていただきました。

読んでいただきありがとうございました。

From angel

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。