ノルマ

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

 ちょっと更新ができるようになったので、喜んでくださる方もいらっしゃって嬉しいです。

去年からコンピューターの前で過ごすことが増えたので、やたらと首から肩がこるようになってきました。家だとリラックスした格好なのでまだましなんですが、職場で仕事をするのも増えたのが原因の一つだと思います。職場でノーブラってのは無理ですからねえ(笑)

以前は週末に行けるときはお湯場に行ってマッサージ機に乗ってほぐして日曜日に思いっきり寝るという作戦でなんとか乗り切っていたんですが、コロナで行くのを遠慮して、しかも今は行きたくても閉まっているのでいけない(涙)

で、代替えとしてこちらを導入。

www.dinos.co.jp

 少しは楽になるといいですー。

体にかなりがたがきているので、夏以降はほんとにゆったりしたいなと思っています。どう考えてもストレスだという症状が進行してどうしようもないですー。

ほんとは仕事も減らしたかったんですが、福利厚生に加入できるぎりぎりにしていただきました。やりたいと言えばもっと仕事が来そうでしたが、無理無理。まあ、こんな状況の中で仕事をいただけるだけでも今はありがたいなとも思っていますが、今の学業を終えたら、もう少し緩めれるとおもうので、待ち遠しいです。

そうするにはやっぱり楽しい英語しないととなるんですよね。

こんなブログでも一応読者の方がいてくださって、時々

「東大に行きたいです、どんな教材をやればいいか教えてください」「生徒に使う、勧める問題集を教えてください」などのご質問を受けてるんですが、最近は受験に特化したこと、厳密にいうと、授業で扱う教科書以外に受験用の問題集を解く時間がありません。

もともと自分がやった問題集を実感を持って書くというのが自分のスタイルなので、取り上げることができなくて申し訳ないです。

あ、最近職場で週に1回読めるか読めないかですが、お昼ご飯の時とかに論文を読み終わっていたりしたら、これ読んでます。

[音声DL] オスカーワイルドで学ぶ英文法

[音声DL] オスカーワイルドで学ぶ英文法

 

 お友達数人に「ヘミングウェイで学ぶ英文法」はどうか聞かれていたんですが、私はヘミングウェイよりやっぱりイギリスのほうが興味があるので、こちらを選びました。良質なリーダーの講義を聴いてる感じです。読み物として楽しんでいます。ということで、がちがちの受験英語ネタがなくてすみません。

おっしゃってる英文解釈は100の方をやったことがあって、昨年自分の生徒が70?60?とにかく一番の基礎からやっていて徐々に力をつけていました。英文解釈の問題集は自分がとっつきやすいものを繰り返しやって理解を深めればどれもいいと思っています。去年もそうやって、相談に来た生徒には自分で選ばせました。それと新しい教材というのはやっぱり提示できません。すみません。

生徒さんが伸びるといいですね。そんな先生に出会えて生徒さんはラッキーだと思います。でもご自身の健康や生活も大事だと思うので、お大事にしてくださいね。

なんで問題集や参考書をじっくり読んだり解いたりできないかというと、

他のノルマが激しくあるからだけなんです。すみません。

先週ぐらいから、毎日は無理ですが、英語の論文を週に数本は読むように課しています。今週は3,4本がんばりました。論文の内容も、自分の教えていることに関することから、自分が研究しなくてはいけない院の関係のものにシフト中です。

同時に日本語の論文も隙間で読んでいるので、座って読む時間はそれと自分の学業の授業の課題の英文を読む、レジュメ、レポートなどを書くのに占領されてしまいます。という理由で受験用のものまで回ってない状態です。

そうでもしないと小難しい英文避けちゃう自分なので、かえっていいかもー。

机に向かうのとは違って、空中?勉強はそのままできています。

耳と口でリスニング、シャドウイングってやつですね。

これもノルマを自動化してやっています。

この間ふとスタプラの記録を見たら、「よくばり英作文」をそこで数え始めてから200回になってました。ええ加減なので、いつからカウンターを使い始めたかな?多分、去年からだったと思います。

ノルマと習慣をうまく回して、それが自動化する。

英語だとできる私ですが、運動ができてないので、なんとかルーティーン化したいなあと思うこの頃です。

コロナ騒ぎで、予定がコロコロ変わって、ほんとに左右される今日この頃です。休めるときはしっかり休んで夏休みまでなんとか倒れないように頑張りたいです。

読んでいただきありがとうございました。

来週も一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。