2月のドラマと映画

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?2月はなんと1つしかブログ記事がなかったという結果となりました。英語はやっていたんですが、とにかくPCに張り付いて打つというのは仕事と、レポートとかで終わりという生活でしたしね。

子供にかかりきりだったのもあるし、先週はじめに、母がすだれを直そうとして椅子の上に立って作業をしていたら、バランスを崩してテーブルに手をついて体制を立て直そうとしたものの、そのままテーブルから落ちるという小事件までありました。90近いのによくもまあと、家族でびっくり。打ち身で済んだものの、骨なんか簡単に折れちゃうので、不幸中の幸いです。でもそこから食欲も落ちてるので、このまま寝たきりにならないようにと願っています。

そんな中だったので、切れ切れで見たのはこの二つ。1か月かけてSeason2の8話をHuluでみました。Huluさんは日本語字幕しかないことが多いのですが、最近は全部字幕なしが基本なので、あんまり気にならなくなってきました(笑)


Victoria, Season 2: Trailer

とっても情緒的だなあと思うドラマです。でも、端々に史実をうまく絡めてあります。ジャガイモ飢饉の話もエピソードに盛り込まれてました。穀物法をめぐってピール内閣が政治生命を賭して廃止するのですが、そのあたりが面白かった私です。弟子の人がグラッドストーンだと思いこんでて、あれ?みたいな展開でやっと違う人物だとわかりました。まだまだイギリスオタク度足りないかもー。

 で、2月の最終週にやっと落ち着いてきたので、週末に映画を見ました。

これはロードーショーに行ったので、一度取り上げたことがあります。


Downton Abbey – Official Trailer (Universal Pictures) HD

これはアマゾンプライム。Huluで全シーズンリスニング終わったら、仕上げにこれ見ようとニンジンにしてました。これは4,5回目だと思います。

日本語字幕がはずせないので、紙隠し方式。でも、難しいもの、特にマギースミスの台詞には前回書いたように、訳を確認して英語を聴いてという方式で見ました。

最初このドラマはあまり好きではなかったんですが、実際に訪れてからはあまり気にならなくなりました(笑)お館が大好きなので、また機会があれば行きたい。でもけっこう手間がかかるんですよね。予約しないといけないし、車じゃないと不便だし。次回行けたら、ついでにまだ行けてないブレナム宮殿に行きたいなあ。

ちなみに、ロイヤルファミリーがここを訪れるというのはフィクションで、貴族が自分のマナーハウスにロイヤルファミリーが訪問するのを首を長くして待っていたというのはよくあった話です。あるお屋敷では、そのために部屋も作って待っていたけど、結局願いが叶わなかったとか、世代交代したあとに、違う王族が泊まったとかという話を聞きました。

以前映画館に封切日に行ったときよりも、シーズンを見続けた直後に映画を見たので、面白みがありました。

あ、どこまでもイギリスですね(汗)すみません。新作じゃないので、あまり興味も持たれないかも。

ついでに、今日から聞き始めたaudiobookはこのドラマでも有名なジョアンナ・ファゴットが朗読している文学作品を聴いています。以前もこの人の朗読の違う作品を聴いたことあるんですが、ほんとに上手です。

ということで、2月になんとか見れた映画とドラマでした。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。