グラマーな英語

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

「文法どうしたらいいですか?」と聞かれてました。ほかにも、英作文とか試験対策とかもあるんですが、試験は今受けてる時間がなくて、検証しにくいので、書けなくて(汗)すみません。

しかし、もっと英語にたけた方は山ほどいらっしゃるし、どれにしてもお答えできるような私じゃないんですが、一緒に考えることはできるという一心で書いています。

文法に関しては、進学校の高校生を教える身なので、本当に切実です。進学校で文法がわからなくなると本当に路頭に迷うんですよね。受験英語で文法がわからないと難関大学には行けない感じです。

「先生文法分かれへん、どうしたらいい?」と門をたたく音がひっきりなしな感じです。

それぐらい文法難民が多い。

基本が大事だと思うので、難しいものはすすめません。なるべくコンパクトにまとまった高校一年生で扱う検定教科書をやり直すようにアドバイスします。真面目に復習をしっかりしてくれた子たちをたくさん救えた経験があるので、常にそうします。そこから英文を読めるようにならないと意味がないので、4択中心の問題集をひたすらやる方式はその学校の朝とか放課後テストのためだけ、最低限でいいとも言ってます。あ、入試問題でその形式が出る場合は別ですが、難関になればなるほど単独の文法問題はあまりでませんしね。

ちなみにこれも一度書きましたが、かの有名な竹岡先生も「Grammar in Use」をお勧めされてましたよね。私も昔留学中にやったことがあって、そのあと1回やって以来やってないので、またやりたいなあと思っています。

さっきも夫と話をしていたんですが、京大に行った教え子たちでさえも、例えば、仮定法が定着しているようでまだあやふやな状態で大学受験をする子もいると言ってました。教える側にしてみれば、定着してるものと思ってても、実際には定着するには何度も出会って、咀嚼した後でないと定着していないのだということです。大学受験の状態では定着率は半分ぐらいかも。あ、あくまで私たち夫婦の印象です。裏は取っていません。

だって、形容詞と副詞の働きでさえもちょっと怪しい受験生は珍しくないんです。私は受験に合わせても、そうでない授業も両方持ちますが、臨機応変にやります。

なぜなら、両方やってるとものすごく強みがあるからです。

個人的にはすでに多読、というよりか多聴にどっぷりつかる日々なので、そちらの力も大事だと身をもってわかっています。あ多読の時間がこのところあんまりないので、多聴に頼らざるを得ないというのが実際のところです。英語の論文も読もうと思ってはいますが、今は和書の文献や論文を読むのに時間がとられています。

多読、多聴の土台の上に精読を持ってくると、英文が理路整然と見えるんじゃないかなというのが自分の至った今のところの結論です。

文法を切り取ってやるというのではなく英文の塊がわかるようになるためのものととらえるのがいいかなと思っています。ご質問者は英語学や言語学の分野に進もうとされてるわけではないと思うのでその方向で書きますね。

通してやった参考書、問題集は数えきれないぐらいあります。単語集と同じで、どれもいいと思います。コアな部分がわかると見える部分もありますしね。

今日改めてあげるのは受験生の教え子にはあまりお勧めしていないものです。

昔これ特集したら、当時はえらいブログ読まれました。

 生きてる感じしますよね。ざっとよむだけでもためになると思いました。

最近ではこれもよかったです。

英文法の鬼100則

英文法の鬼100則

 

 最近は文法をやってる時間があまりなくて、既知だろうけど、すみません。

なぜこの二つをあげたかというと、文法の感覚が大事じゃないかと思ったらです。先ほど述べた受験生たちの話でもおわかりのように、英語の先生でも100%を保つのはなかなか難しいんじゃないかなと思います。私はそうです(汗)生徒が突然持ってくる入試問題を扱った難しい構文が入り込んでる英文和訳の問題に「このwouldは何のwouldかなあ」「これって文末焦点?」「強調構文だよねえ?」とかしばらく考えることも多いです。え?すみません。こんな先生で(汗)この手の質問に答えられるようにと取り組んだ英文解釈系の本も結構ここで取り上げてきましたよね。

結局そこでも文法力が生きてくる。

なので、上にあげたものプラス英文解釈、英文から解析して読む系の本もいいと思います。

訳す必要性がある場合はやっぱり分析しないと無理ですしね。質問者の方は日本語に訳す必要性があるので、英文解釈も必要かなと思って書かせていただいてます。私のこのところのお気に入りは「英文熟考」ですが、これも好みですしね。

言いたいのは、結局英文を前にして英語の塊が前から読んでわかる力と、その塊をうまく日本語に直せる解釈力が必要。

前からわかる力は多読で、解釈力は精読で養われる力ですよね。

質問者の方の方が論文や文献をたくさん読んでいらっしゃると思うので、私がこんなことを書くのは差し出がましい気がしますが、何度か書いているように、文学の授業で発表をするときに英文を叩き込んだ方法は、audiobookです。もちろん英文も読んでの上です。聴いて前からわかる理解力を借りてやったわけです。その経験はとてもいい経験になりました。日本語にほとんどせずに英語直解でやったということです。

実はシェイクスピアの作品を扱った授業でも原文を読むだけにとどまらず、audiobookを繰り返し場面ごとに聴いてイメージを膨らませて意味をとらえていきました。難しすぎるので日本語の訳も使いながら、古語もその都度確認しながらです。あ、すぐ忘れますよね、あれ(汗)

文学作品を理解するのに、訳せないと理解できてないかと言われると、そうとは言い切れないですよね。文法にものすごくたけていてもわからない場合も実はある。私と違ってすごい難関を通り抜けてきた若い優秀な学生さんとともに学ばせてもらっての感想です。日本語に直しても意味がわからないこともあって、時代背景や、文化、宗教や哲学的なことがわかないと作者の意図がわからないことも考えらえますしね。

そこから考えると、総合力が物を言うのではないかなと思いました。

もともと文法が超弱くて、高校で教え始めて、同僚の先生に「angel先生、than any other 単数名詞を知らずにここ教えたんですか?」「angel先生、生徒に自動詞と他動詞の違いを教えてないんですか?」「そこ、わかってなかったんですか?」と突っ込まれたり、まれですが、バカにされたりもしました。その都度必死で文法書を紐解いたり、文法が得意な夫に教えてもらいながらやってきました。

文法をあまりに知らない私のことを一つもバカにせず懇切丁寧におもしろく教え続けてくれた夫は私のロールモデルでもあります。私も文法を間違える人を馬鹿にしません。英語で間違えててもバカにしません。使おうと思う気持ちがあって初めて成長するのですから。発音に関しても同じスタンスなのは長年の読者の方はわかっていただいていると思います。

そんな英語の先生が一人ぐらいいたっていいですしね。

高校で何年も系統だって英語を教える経験は自分にとってもよかったです。英文がクリアになる感覚があるような気がします。生徒にわかりやすく教えようと思ったら、自分は100%以上わかっておかないといけないので、

生徒たちに感謝しています。わからないと言ってきた生徒が「あ、すっきりした」と言ってもらえることが冥利です。

そうでなければずぼらな私はできなかったと思います。そのせいで、いまだに「できない自分」を持ちながらやっています。現在進行形で。英語学とかを大学院で学んだ先生とならんで、ずっと最難関の指導をしている先生とかといっしょに教えて、何か間違ってないかなあとドキドキしながら過ごしたりも。

ですから、私の立ち位置は「文法がよくわかっている先生」ではなくて、「生徒のわからない目線に立てる先生」です。

あ、なんかまた先生っぽい感じなっちゃいました。

ということで、ご参考にならなかったらすみません。おっしゃってた問題集は違う作家のものを見つけたので、それに興味があります。またやってみたいと思っています。

今日はなんかバタバタして英語の勉強に時間を費やせなかったし、横でレコード大賞やら、エンタの神様をつい見てしまうので、ブログ書き始めたらかけました。年内にかけてよかったです。

さて、年内はこれでブログは年納になると思います。

次回お会いできるのは来年ですね。

今年も読みに来ていただきありがとうございました。

来年も一緒に頑張りましょうね!!

よいお年をお迎えください。

 個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。