リーディング

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

仕事のある日は職場に滞在する時間が長くなってしまっている私です。授業時間外の仕事が授業と同等ぐらいになってるかもと思いながら日々奮闘しています。

このところ子供が夜遅くまで塾や自習室で過ごすことがほとんどなので、子供のいない日は晩御飯を作らないというずぼら主婦になってきました。帰宅してすぐに栄養に気を付けた軽食を取って終わりです。夫は帰宅が遅いので、おそくに夕食もかえってよくないので、同じようにしてもらって夜は晩酌だけになってから体重も着実に減ってます。

週末はちゃんと晩御飯食べてます(笑)朝もモーニング食べに行ったり、テイクアウトしたり、メリハリつけてやっています。→ただ単にスボラ(汗)

電車通勤も定着してきて少しは体力がついたと思いたいです。寒くなってきたけど、歩くとあったまりますね。しかし今年は寒くなるのが早くないですか?昨日は80デニールのタイツでは対応不可能でした。昼間と教室では汗をかいたりするので、調整が難しいなあ。

今日はリーディングについて書きたいと思います。英語の試験を受けないと、なかなか英語を「読もう」とならないと思ったことありませんか?あ、私はこのごろは読むを聴くで賄ってるのでそこを少しでもと努力の最中です。でもaudibleで小説聴いてるので、それはそれでいいとも思っています。

読まずに聴いて理解できるようになるといろいろ便利だと思うこのごろです。例えば、自分の勉強で与えられた課題にaudiobookとかがあれば、読むのと並行して何度も聴いて、しみ込まして気になる個所になると、引用部分をKindleでハイライトしたり、またメモしたり、意見をメモしたりして、レポートにまとめてずいぶん時間の節約になりました。聴いてだいたいの個所がわかっているので、目で何度も読まなくてすんで、引用したい部分を探すのも早い。兼業おばはんの私が仕事をしながらそれをこなせたのは、この裏技?のおかげだと思っています。難解な英文で、量が多いと一回読んで理解して、覚えておいてとうことが相当難しいです。そうやって仕上げたレポートはやっぱりいい成績をもらえました。ながらも役に立つってもんです。

audiobookを大量に聴くようになって一時は「小説を聴くのは邪道」みたいなことを暗に言われて引け目を感じるときもありましたが、こうやって実際に役に立ったり、映画やドラマを聴く際にもつながっているのではないかと思うようになってからはあまり気にしなくなりました。多読の世界もすでに多聴を並列に並べてますしね。

あ、これはリスニングですねえ。時間を戻そう。いや、話を戻しましょう。あ、実はリスニングとリーディングはもちろん密接に絡み合っていて、両方やれば伸びるわけですからね。

ちょっと前からルーティーンにいれたこちらの取り組み。

www.fujisan.co.jpスケジュールで休みとかがあるとずれちゃうものの、漫画はあんまり読んでないものの、スポーツ欄はけっこう雑に読むものの(汗)なんとか全部にざっと目を通すことを自分に課しています。これを1週間単位でやる。前はお昼休みにランチしながらのお供はkindleか参考書や問題集を読んでいたんですが、これに切り替えました。問題集は朝ごはんのお供になってて、それが終わったら、今度は違う取り組みに切り替える予定です。

座って英語を読めるのは食べてるときしかないので、それで賄うこの頃です。生徒に演習をさせたりするときで、体が空く時もすかさずこれを手にして1記事とかやってます。すると、生徒たちが「先生英字新聞読んでる!どんなん?」と興味を持ってくる子も現れて、実際に図書館でAsahi WeeklyとThe Japan Times Alphaを手に取ってくれる子も出てきました。おお、相乗効果?続けばその蓄積がすんごい力になるんだよ。頑張れー!

隙間の時間を駆使してなんとか1週間のルーティンになってきました。季節休みはできないけど、その時は違う取り組みをすればいいですしね。

で、数か月やってみて思ったのは、

「ちょっと読む速度が上がってる?」です。あ、気のせいかもですが。

なので、また隙間で、新聞を手にできないときに読むようにこんなメールマガジン?みたいなのを購読することにしました。

www.bbc.co.uk上をクリックするといけます。毎日短いダイジェスト版をメールしてくれるので、オフラインで読める。オンラインになっていたら、リンクされた文字をクリックすると本記事に飛べます。あ、どこまでもお金かけてませんねえ。わはは。これは登録すれば無料です。1回の量が少なくていい感じ。5、6分ぐらいで読む感じです。

今度はこれをルーティーンにしようとしていますが、まだまだですー。時差があるのでなかなあ工夫がいります。でも外食したりとかする時にささっと読めたりできるので、便利だなと思いました。

この手のものはいろいろ出てますよね。なんとか読まざるを得ない自分ルーティーンを作るのが大事かなと思います。

 これでテストで点数があがるというわけではないと思いますが、テストが終わったら読むのをやめる、テストがないと英語を読まないというのでは、何のためのテスト?テストのためのリーディング?となってしまいますよね。

本来は実際に新聞や雑誌や本を少しでも負荷を軽くして読めるようになって、英語で物事を知ることが、

目的なわけですものね。

しばらくは手元にあるもので続ける予定です。一定量読んでいると、慣れも乗じてスピードも上がります。単語のコロケーションも頭に入ってくるので、いちいち日本語にしなくてもわかるようになってくる塊が増えるので、スピードだけでなく、理解度も増えると思います。

定量の英語を読むにはルーティーンかするか、好きな小説を読むのがいいのではないでしょうか。皆さんはどうですか?

次回はリスニングについて書けたら書きたいです。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。