エアーな日々

今日もお越しいただきありがとうございます。コメントもとっても嬉しいです♪ほんの一言でも、その方の頑張りにやる気をもらえます。ほんと。

それに毎日一定の方が読みに来てくださって拍手ももらえる。日が終わるころにはじんわりと人数が増えてなんだかほっこりします。うれしいなあ。

このごろは「勇気を出してコメントしました」「初めてコメントします」なんてうれしい!私も勇気をいただいています!拍手コメントは外部のものを使わせてもらっているのですが、ブログのコメント欄もオープンしないことを貫いているので、お返事を直接かけなくてすみません。

ほんとに暑くて、いまだ夏バテ状態だと思います。休みの日は母と愛犬と一緒にお昼寝するのが当たり前になっています。あ、仕事から帰ってきても最近は夕方ぐったり寝てしまいます。結局臨時の仕事が増えているので、その作業でけっこう学校で仕事して帰ってくるのでなんか忙しいし、帰ってきたらきたで、最近は母があまりたくさんは歩けないので、車で一緒に買い物に出たりもしています。私が帰りに買って帰ってもいいのですが、やっぱり自分で選びたいし、ちょっと気晴らしになってるみたいです。

このところの英語はこんな感じです。こんな私でも参考になると言ってもらえるのと、コメントのお礼がてらブログ書いてます。

もう「エアー勉強」が当たり前になっていて、耳から英語を蓄積することしかできてない状態を何年も続けています。それではだめだともわかっているんですが、勉強だけできる立場じゃないですしね。

昔と違って、授業の準備もICTとかが入ってきて、パワポを常に作って追われていたりとかです。せめてもの救いは各教材にテキストファイルがあるので、英文を一から打たなくていいという点です。コピペしたりする作業をしながら聞きなれた英語を聴くようにしています。

ただ流して聴くだけではあまりよくないと思って、このところできる限りの工夫をしているつもりです。

Podcastは同じ番組を3回聴くことを自分に課しています。一回は等速ですが、あとは倍速機能を使います。倍速はだいたい決まった速度で徐々に上げていますが、ちょっと気がそがれていたかなというときはあまり速度を上げずに聴いて内容を把握するように努めています。実際には記録するよりも余分に聴いていますが、そのつど時間が若干違うので、一つ聞いたら1時間という単位にしています。いちいち計算することで時間食うのもなんだかもったいないし。

以前にも書いたように図書館でCNN EEが利用できるようになったので、有効利用しています。それも1か月毎日最低1回、回数が30回以上になるように2回とかもあります。ニュースは毎日聴くもので最新のものを聴いているので、古めですが、特集しているものとかが結構役に立つなと思います。睡眠についてとか、どうやって時間を有効につかうのかというハウツーがいいです。睡眠も少しは早めに寝るようになったし、長く寝ることに引け目を感じなくなりました。やるべき大きめのタスクを先延ばしにせず、優先させるとかいうのに触発されて、夏に集中して30時間の講習やり切りましたしね。朝日出版社さんありがとうー。

あと、これはエアーじゃないですが、図書館で英字新聞が充実しているので、ぜひ利用しようとこの間集中して一紙読みました。こちら、

The Japan Times Alpha 8月30日号 & 9月6日号

The Japan Times Alpha 8月30日号 & 9月6日号

 

 初心者向けと書かれていたところ以外は全部に目を通しました。結構語彙も難しいのもあって勉強になりました。読んだのはその時の最新号です。普段Podcastでニュースを聞いているのですが、知らないこともあって面白かったです。これをコンスタントに週一でできたらいいなあと思っています。

ほんとは夏に取り組んだことを書こうと思ったんですが、時間かかりそうだったので、また違うこと書いてしまいました。

早めの2学期が始まってまだ落ち着いてません。そんなところに、昨日子供が急に調子が悪くなって、あわてて翌朝仕事前に、念のためにと大きい病院に駆け込みました。怖かったです。検査してもらって幸いにも異常がなかったんですが、わかるまで心配でした。コロナ期の受験生なので、大変ですしね。体が強くないのは似てほしくなかったなあと思いました。私は授業が入っていたので、夫が職場にまず行って、一仕事してから交代で病院に来て綱渡りで乗り切りました。その日は家事も滞って、母も巻き込んで家族全員ヘトヘトでした。

いや、このところ、こんなことばかりなので、お祓いでも行こうかなあ。

まあいいようにとって、これからは変なことは起こらないだろうと思うことにします。

読んでいただきありがとうございました。

明日も一緒に頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。