2020年夏期講習2週目中盤

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?「angelさんの夏期講習が始まると、ああ、夏が来たなあと思います」と書いてくださりありがとうございます💛さりげない一言に癒される日々です。

夏期講習2週目に入りました。

f:id:angelenglish:20200805233708p:plain

 今日は朝は子供を送っただけだったので、(夜は夫と子供と母全員送迎)家で音読できてうれしかったです。

ほんとはやらないといけない講習があったのですが、手続きに手間取って、やっと今晩から始めました。それまでは、夢中でaudiobookを聴いていました。いや、いつものことですねえ。

夏はaudiobookの切り替えで、私はアメリカアマゾンの年間会員で24クレジットを一括購入する月です。昔はイギリスアマゾンも使っていましたが、今は品ぞろえが一番いいかなと思う本店アメリカのみ。日本でもずいぶん目にするようになってきましたが、どうなんでしょう?

昔は1年24作品ではとうてい賄えなかったんですが、このところは文学作品も結構聞いて、自分で思うところの「深聴き」で分析したりするのにも利用しているので、1作品をなめつくす(笑)ようにして時間かけたりしてたのもあって、ペースダウンになってます。

いつもそんなことしてたら、しんどいので、そのほかに枯渇してくると昔聞いたお気に入りのものを再度聴くということをしています。アメリカアマゾンだけで334冊ほどなので選び放題?いやそんなことはないですが。イギリスアマゾンにあるのと合わせるとあと少しで400冊行くかなあ。こうなったら、単独でaudibleで500冊越え狙えますね。まあだからと言って進歩があるかどうかは別ですがね。

本棚には記録として同じ本でも記録しています。すぐ忘れるし(汗)

去年はaudible escapeという月会費で作品を借りるというのにも入っていました。完全に元を取るぐらいのロマンスを死ぬほど聴いて、お腹いっぱいになったし、途中からまじめ路線の文学作品が増えたので、中止しました。そこの冊数は本棚にほとんど載せていません。いや、ロマンスだし(大汗)ストレス解消にはなりましたが、後に残らないのだ。わはは。

今年はあと数日残すところでクレジットが切れてしまったので、これ聴いてました。このことろ、同一テーマで聴くのがブーム。

2年前の過去記事はこちらです。

angelbookshelf.hatenadiary.jp

 話の展開はほとんど覚えていたんですが、細かいところはおぼろげだったので、またのめりこんで聞いてしまいました。これは映画化が決まっていて、オスカー女優二人の出演が決まっています。黒人女性ルースは私はずばりヴィオラデイビスを頭に描いていたので、ピッタリ!弁護士役のジュリア・ロバーツは意外でした。原作は4歳の女の子のママなので、ちょっとイメージが違いました。

これはどちらかというと、白人に対しての喚起を目的に書かれているお話。あえて書いたのだそうです。話の結末は批評でもあったように、確かにメロドラマなのですが、それでも最後までグイっと引っ張られるのは確かです。著者のあとがきがいいです。

あ、なんか久々の読書日記になりそうなので、この辺で終わりにします。

書き出すと、書こうと思っていたネタじゃなくて、違うものを書いてしまっています。

勉強の方は計画通りにもちろん進んでいないので、頑張っている最中です。

来週はお墓参りとかも入ってくるのでなんとか今週でめどをたてないとと思っています。

よければ一緒にがんばりましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。