兼業ママの英語勉強術

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

仕事のほうは徐々に通常になりつつあって、いまでもへとへとなのに、本来の時間割通りになったら一体どうなるんだろうか?と思っています。

去年は学校に通い始めたので、自分の勉強、仕事、家庭と何足かのわらじ状態。おととしは一つなかったので、仕事の割合が多い状態でした。でも学校によって仕事の量が全く違うので、おととしはかなりしんどかったです。

今年は休学中だけど、学校に行くことを想定してあまりたくさん仕事を入れるつもりもなかったんですが、結局おととしと同じ日数働く羽目になってしまっています。まあ臨時の仕事がなくなったら少しはましになると思います。

結局いつもバタバタしているのは変わりがないってことですねえ。

で、家事も滞るったらない。

どんくさいのも相まって、週に働く日数が増えると、とたんに対応できてないです。仕事のない日はドライものとか、シーツとかを普段の洗濯以外のものをするので、たいてい2回洗濯機回すんですが、それで休日がますます忙しい。アイロンもたまってるぞ(汗)

そうそう、2週間以上前にお風呂の電球が切れました。でも週日は忙しくって、なんとかもう一つついている電球でやり過ごしました。夫と子供が「いや、これはこれで風情があるで、ひなびた旅館気分が味わえる」とポジティブシンキングなお二人。まあそれもいいかと1週間ほどそれで過ごしたあと、週末にやっと電球を買ってきました。

外したのは夫だったので、「つけといてね」といったんですが、

2週間以上我が家はひなびた旅館状態です(汗)いっそのこと蝋燭つけて雰囲気盛り上げようかなんて言ってますー。

やっぱ主婦がバタバタするとあちこちで不具合が出てきますよね。とほほ。→さいきん「とほほ」ブーム。

しかし、英語の勉強に関しては、実はある程度外にでる生活がリズムがついて、かえってメリハリがついて勉強時間が増えるのではないかと思います。少なくとも私の場合はそうです。

時間から見てみます。自粛に入った4月からの週別勉強記録です。

f:id:angelenglish:20200614185304p:plain

私は4月から新しい学校で実際に学校に行って遠隔授業をしていたんですが、回数は少なめ。なので、家にいる割合がまだ多い状態。50時間はたいてい超えるものの、平均で行くと55時間ぐらい。

徐々に仕事も増えていって回数が増えてきた最近の記録がこちらです。

f:id:angelenglish:20200614185726p:plain

 まだまだムラがありますが、学校に出ていく日が増えているけど、逆に勉強時間は55時間から60時間をうろうろな状態です。まあ数時間の差かもしれませんが、やってる方にはわかっていただけると思うのですが、やってみるとすごい差を感じる数字なんです。

前回宣言したとおり、ニュース英語よりaudiobookを意図的に増やしています。初めて聴くものでも一応倍速で聴いています。

あと、このブログのタイトルでもある音読を増やしました。

音読はもともと、単語(英語→日本語)を唱え、短文(よくばり英作文)を唱え、1,2分の文をシャドウイングしたり、素読。そのほかにお風呂では暗唱したスピーチを2本毎晩唱えています。

今だやりつづけていたのはよくばり英作文とお風呂のスピーチ暗唱。

これに再び、こちらを増やしてみました。

CD付 大人のための知識と教養の英会話
 

 1,2分ぐらいのものでよかったので、聴きなれたこれをとりあえず使っています。コンセプトはとにかく

「繰り返し」

すでに何周もやっているので、100回以上は読んでると思います。これは30分のタイマーでだいたい15回シャドウイングするというものを復活させました。

先ほども書いたように、お風呂の中も暗唱。洗濯物干すときもシャドウイング、通勤で電車乗って座れたら、kindleか単語アプリと一日にルーティーンを確立させている最中です。

それを流れるようにこなしていく。家事と全く同じ目線で。

ご飯作るときはaudibleでどこかの国を旅しながらとかね。昨日まではインドが舞台でした。

学校で教材をセットしたりしてるときはニュース聴いたり。(繰り返して中身を理解するようにしています)

 英語を勉強する動機付けはテスト以外でどうしたらいいか。

ルーティーン化する。そして毎回書くように、

英語で何かをしようとすることじゃないかなと思っています。私は英語で勉強しないといけないように自分を仕向けているし、趣味の英語読書もそれを支えていると思います。

移動の時間も授業の合間も、家事をしているときもすべてが勉強時間に変わります。

そこに幸せを感じる変人な私ですが、そこに結果がともなわなくてもできるようになると思います。あ、だめ?すみませんー。でも充実してますー。

さあ、一緒にがんばりましょう。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。