自粛と英語とお料理 Angle's Time to Eat

今日もお越しいただきありがとうございます。思いついたらブログ打ち始めるんですが、どうも脱線してしまう傾向にあるこのごろの私です。で、気を取り直して書き直しています。

ここ数年、いつもならお昼ご飯を食べてバタンキューと寝てしまうのがルーティーンだったのですが、このところ、それを我慢しています。我が家では「昼寝の女王」と呼ばれていて、家族に「昼間にぐっと寝てしまうのはよくないで、夜にしっかり睡眠とったらどない?」と言われたのをきっかけに頑張っています。

1週間ぐらい続いていますが、なかなかつらいです。今のところ、夜多めに寝れているかというかというと、結局生活のリズムがあるので、寝る時間も起きる時間はほぼ同じで、いつもより睡眠時間が減っているのが現状です。1回は外にウォーキングに行って紛らわして、あとはドラマとか映画見てなんとか目を開けています。それで夜の睡眠の質が少しは上がってくれたらと思います。

その副作用で英語時間がすこしばかり増えているという(笑)でも結局エンタメ系だけど(汗)

前回書いた自粛中のお料理と英語のコラボというのについて書きたいと思います。

おうちで食事をすることが増えたのはどこのお家も同じだと思いますが、御多分にもれず我が家もそうでした。自粛前までは外食、出前あるある(笑)→ズボラ主婦。

自粛中は近所のレストラン応援だと言い訳して何回かテイクアウトを取りましたが、さすがに外食は無理。おのずから家で作らないといけない回数が増えました。お昼は「パパ食堂」も不定期開店し始めたので、精神的には追い詰められることも避けられました。いや、無理ですよねえ。しんどいですよー。

何度か作ったのが、パンです。でも作り出した途端、スーパーに強力粉やイーストが出回らなくなってました。みな考えることは同じですねえ。ストックがあったので、それで作ってるうちにまた店頭に出始めたので良かったです。

ほんとは、英語ばっかりじゃなくて、インテリアとか収納とか、モノ作りとか、お料理とかを、下手なりに楽しみたい人間です。昔は石鹸づくりに凝って売ったこともあるぐらいいろいろ作るのは好き。あ、そんな上手でもないですが。

でも英語で仕事するしか取り柄がないので、それすらも必死でくらいついてきたので、結局英語に時間がとられて今にいたります。なので、心ではもう楽しみながら英語したい願望が強くっていけません。

このあいだ、Netflixで見つけたこれ、見始めたら止まりませんでした。まさに「おうちごはん」と英語を兼ねることができます。


Nadiya’s Time to Eat Season 1 | Official Trailer | Netflix

バングラデシュ系イギリス人Nadiya Hussainといういう人がプレゼンターを務める30分ほどの番組です。いやあ、はまりましたよ。Nadiyaちゃん!イギリスっぽいけど、エスニックというのがツボです。明るくパパっと簡単に、楽にお料理しましょう!というコンセプトがよかったです。

イギリスは移民が多いというのもあって、いろんなお料理が結構楽しめます。例えばインド料理は日本より細かい。インド料理といえば、私はナンが大好きなんですが、あれもいろんな種類がある。北インド南インドといろんなお料理がありました。

イギリス人に聞いたら、この人お料理コンテストか何かで有名になったそうです。なるほどです。

私がこの間泊めてもらっていたお友達のお家でも、お料理はイギリスっぽいのもあり、イタリアンもあり(これは日本でもですね)、そしてエスニックありでした。

それを思い出してしまって、「食べたーい!」となってしまったので、もう止まらない。しかし、すべてのレシピを作るのは到底無理です。材料が手に入らないものが多い。

それでも果敢に「これは何だ?日本で手に入るのか?」とネットで調べまくって実際には倍の時間かけてみてました(笑)

去年夫が出張で視察してきたgoogleのお土産の手帳。(結構高い!)レシピ帳として活用することにしました。
f:id:angelenglish:20200522192819j:image  f:id:angelenglish:20200522192833j:image

写真がへたくそですいません。表紙と中身です。気に入ったレシピをまた戻してダダっとメモしています。イラストで分かるように書いたりも(笑)あ、見ながら殴り書きなので、ぐちゃぐちゃなので、遠目でね。

刺激を受けていくつか作ったり、ネットで手に入る食材注文したり、スーパーに行ったときにスパイス買ったりしちゃいました。けっこう目から鱗なこともありました。フライパンでパイ焼いちゃったり、いろんな食材の合わせ方とかも新鮮。私はイギリスでオーブン料理に味をしめてしまったので、今のマンションに入るときにガスオーブンをオプションで付けてもらってよく作っていましたが、このところまた大活躍です。

Nadiyaさんの英語はすごくわかりやすいし、お料理が出来上がっていく過程での英語というのもあって、複雑ではないと思います。

口癖が”Easy-peasy!”

大昔にこれブログでご紹介したことあったなあ。

材料もいろいろあって面白かったです。日本では耳にしないけど、audibleとかで聞いたことがあるものもありました。

英語を使って何かをするのテーマにピッタリ当てはまってて、こういうのがいいなあと思う今日この頃です。実感が伴ったり、感動したり、感心したりということを続けて夢中になることで壁を越えていることもあると思います。

「こうあるべき」「このレベルで」という障壁も忘れてやることは悪いことでもないと思っています。

 とにかく明るい演出で、Nadiyaさんも超明るい!こういう時期にピッタリだと思いました。ちょっと眠気でヘロヘロになってきたのでこのへんで。

ということで、「今月の映画とドラマ」に入れずにお料理版として独立させてみました。

このところ毎日拍手をいただけて、ほんとにうれしいです。以前ほどコメントも拍手もないけど、細々と綴り続けるのと同じで、細々と拍手やたまのコメントもいただける。今月に入って拍手のない日がなくて驚いています。同じ人がくださってるのかもしれませんが、それでも全然違う。あまり過度な承認欲求はだめですが、やっぱりうれしいものです。ほんとに感謝です。

読んでいただきありがとうございました。また一緒に頑張りましょうね!

よい週末をお過ごしくださいね。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。