自粛で得たもの

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

自粛が徐々に解除されるとともに読者も減ってきてますが、いつも思うのは、ほんとにブログ文化が薄れていく中で、まだ読みに来てくださることに驚いています。私のブログは文が長いのが特徴だし、ブログはすぐにつぶやくものと違って、これでも何時間もかけて打って、読み直して書いています。それでも間違いが出てくるけど(汗)

最近、使っているコンピュータの不具合で、日本語を打つのが本当に大変になってきました。日本語で打つと変換しようとすると全部跡形もなく消えるという不具合です。Windows10がお腹いっぱいになると出てくる現象かも~。もうほんとに大変。

もともと機械音痴な私なので、上手に使いこなせていないのもあるのですが、これの前は、数年で不具合が起きて消耗品に近いものだからと安い海外製のものを買ったら、なんと1年で動かなくなりました。なので、このコンピューターは日本のメーカーのモノ。これはかなり持ったと思います。7年か8年ぐらい?でも、さすがに、動きが鈍くなってきて、再起動を何度もしたり、スカイプも低速になったり、ましてやZoomなんて入れるとさらに動きそうにない状態なので、Zoomを学校以外で使わないといけないときは携帯用の軽いほうに入れて使ったりしてました。まあ酷使していたのは確か。

「それだけ酷使してるし、5年以上持っているのだから、もう買い替えてもおかしくないよ」と周りに口をそろえて言われました。確かに。今年は子供に一番お金がいるので、なんとか持ってくれないかなあと思っていたんですが、もう無理。教材を作ったりするのに必須なので、お店に人が少なそうな時間帯を狙って買いに行きました。雨だったのでよけいによかった。

子供と夫に「ただでさえママはのんびりなんだから、お金払って初期設定してもらいなはれ」と声をそろえて言われたので、買ってたまったポイントを即座に使って頼みました。これも1TB、8ギガですが、次のは確か1TBともう少し足せて、CPUは数年後のモノだからもっと動きがいいですと日本のメーカー(といっても中身は海外ですよね)のものを買いました。また長く使えるといいです。ノートじゃなくてもよかったんですが、同じようなメモリとかで値段があんまり変わらないし、画面が大きいのも別に必要ないので(まるでテレビですね!)場所のとらないノートにしました。

しばらくは2台を並行して使いながら、徐々に新しいほうに移行しようと思います。そういうの面倒で時間いるから嫌なんですよねー。ただでさえ時間がないのになあ(笑)

自粛期間の間、私の生活はあまり変わらないものでした。もともと生協や献立メニューで足りないものを買い出しに行く生活だったので、スーパーに行く回数を減らしても不便さはあまり感じませんでした。前回も触れたんですが、かえって夫が協力的に家にいるときにお昼を担当してくれるようになって、それが習慣になりそうなので、よかったです。

休みになると子供が簡単な決まり切った家事を手伝ってそれで決まった額のお小遣いを渡すのが我が家流なのですが、学校が休講になって、これがさらに習慣化。朝いちばんに掃除機をかけてくれて、お風呂を洗ってくれるので、ほんとに楽になりました。小さな家事の積み重ねが結構大変な主婦なんですが、一つでも減るだけでずいぶん違います。子供は労働してお金を得てコツコツためることを学んでくれてると思うし、win-winと思っています。

仕事も、教材準備はもともと家でしていたので、これもほぼ同じ。スライドづくりや配布するプリントも原稿を家で作ります。なので、もともとテレワーク状態?(コンピューターが動かないと仕事にならない!)今の状況だと、授業も家から遠隔でしようと思えばできるわけですが、回数が少ない私は学校に行ってやってもいいので、教室を独り占めして授業しています。教室がスタジオ状態。

英語に関しても家に居ることで少し時間を減らしていたものの、ほぼ同じペース。これはもともと家事をしながらとかで耳を中心にpodcast newsやaudiobook、ドラマの英語を耳だけで聴くということがもともと中心だからだと思います。

家に居る時間が普段よりは増えたはずですが、座って勉強したり、本を読んだりする時間はもともとなかなか無理になってる今日この頃。毎日の習慣になりつつある、大学のコーセラコースも朝ご飯を食べながら読んだり、ビデオを見たりというながらで進めています。以前はお昼ご飯の時もコーセラしてたんですが、今はドラマや映画を観るのに使っています。

久々にグラフあげときますね。

f:id:angelenglish:20200517121530p:plain

2月からペースを下げてやっています。去年の11月から今年の1月までの生活を続けると心身ともにバーンアウトします。実は数度バーンアウトをしましたー。ほんとのほんとに無理してました。あんなに追い詰められたのも自分の人生の中で少ないと思います。

グラフでわかりやすいのは、黄色とベージュの時間帯が均等になってきている部分ですね。これはpodcast newsとaudiobookの私の2大巨頭ですが(笑)コロナ禍でノルマにしているニュース一つ一つの量が少しずつ長いのが原因です。アプリにたまっていくニュースを消化するというのを自分に課しているので、なかなか大変でした。今は少しずつ通常に戻りつつありますが、まだ一つのニュースが長いまま。もともと10分だったので、下手すると1時間とかの時もあります。専門家を読んでディスカッションするコーナーが増えたのですが、難しい時もあります。

読んでる時間がないので、聴くことに徹して数年。昔は制限のない時に英字新聞を読んでたりもしました。英字新聞だと英語に信頼がおけるのもいいです。そこをニュースを聴くに変えて、気になったものをググってその部分だけ読むということもよくやっています。

決まったものの音読は1年通して同じ。毎日の生活のルーティーンになってもう数年なので、あまり気負いもないです。

ルーティーン化する。これがキーワードだと書いたことがあるのですが、そこに、何か新しい事を入れるのも実はなかなか大変。それが去年の状態でした。レポートを書いたり、プレゼントとか、英文訳したりとか。仕事の準備とのせめぎあいです。単位は最低限とれば卒業できるとこまでとっているのですが、それをまた再開させないといけない日までにやろうと思うことが山積みなので、ころころ変わる仕事の予定が落ち着いたらもうすこしちゃんとやって行きたいと思います。

毎日人より机に向かえないという劣等感を持ちながらやっていますが、それでもやらないよりはやったほうが違うということもわかっているので、こういう生活を続けています。

世の中では、お母さんが悲鳴を上げているのをよくききます。私は兼業主婦で、主婦の部分、母の部分で共感するもの、英語の先生として共感するものがあります。

たとえば学校がなくなって子供が家にいることで、増えるストレス、そのストレスは学校があったらなかったもの。

そこで、学校の存在がいかに大事か、学校は価値のあったものなんだと思ってほしいなと先生の立場で、母の立場で感じます。少しは学校がサービスというところではなく、学びの場であるという考えが増えてくれればと思います。

これを機会に、社会や、学校や、家庭が、みなで協力して子供たちを育てているという認識を持って大人も行動出来たらいいなと思います。

この自粛で得たものは見えないものが実は多いんなんじゃないかなと思います。

おまけ、

f:id:angelenglish:20200517220747j:image

うちのワンコ、自粛期間に一番幸せを感じた家族だと思います。一人なる時間が皆無になったので、もうよけいに家族の膝の上が生活圏になってます。さらに甘えた愛され犬になってしまいました。家族でうちのワンコのおかげでどれだけ心穏やかに過ごせたかとよく話します。

いつもありがとね。長生きしてね。

ほんとは料理ネタを書こうと書き始めたら、違う方向に行ってしまったので、料理ネタは次回に!自粛とお料理と英語をテーマに書きますね。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。