The Witcher

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?少しでも寒くなると、もう体が悲鳴を上げてるおばはんです。北海道の方に「angelさん大丈夫?」といっていただいて恐縮しておりますー。すみません。

この間お友達にプレゼントもらったんですが、ご自身のものを買いに行かれておそろいで買ってくれたんです。

 これとオーガニックコットンの靴下!おうちで絹の5本指を履いた上に重ね履きしているんですが、どちらも超いい。これ以外にも自分で買ったこちらと交互に使っています。

これ書いている今は半額期間みたいです。 私もセールを狙って半額で買いました。

あ、また冬恒例の暖活ブログになってしまった(汗)

今日はドラマについて書きたいと思います。バタバタしながら、隙間を見つけてはドラマ観てます。見ているのはたいていお昼ご飯を食べながら族。1回では無理なことも多いので、おやつとか、とにかく手が空いてないときで、座っているときにできることをやっています。貧乏性ですねえ、私。

今回観終わったのはこちら。


THE WITCHER Final Trailer (2019) Netflix

イケメン、マッチョな無敵のヒーロー(結構 ケガもするけど)ポーランド語の原作で、ロールプレイイングゲームで有名みたいです。物語は壮大で、完全にファンタジーなのですが、大人しか見れないようなシーンもありました。ちょっと好みの範疇から外れる部分もないわけじゃないけど、イギリス人俳優多くて、お城っぽい舞台が多いので、見てみることに。中世とファンタジーは相性がいいですよね。

英語はまず固有名詞が英語由来じゃないので覚えにくかったです。あと、物語の中では当たり前の前提や約束事がとりにくくって、話が時系列にならんでいないので、前後して出てきて途中まで結構混乱しながら見てました。最後の2話になって、冒頭のシーンに戻るので、つじつまが合ってわかるようになってる作りです。原作も長いんだろうなという印象。

英語字幕で観てたんですが、掟の説明をされているときとかに日本語にかえて同じシーンを見てみたんですが、日本語で見ても理解度が同じ感じ。もともとのコンセプトが謎だらけでわからないだけでした。

私はあんまりイケメンとかに反応しないのですが(笑)主人公ゲラルド役のスーパーマン俳優(コードネームU.N.C.L.E.も有名かも)が低音で「Hmm」というのが口癖なのですが、それにはまってました(笑)設定はもうちょっと若いほうがええんでないの?と思わないでもないけど、確かにアクションシーンはうまい。

 私はこれは原作に手を付けるかどうかは未定ですが、原作の英語翻訳版はこんな感じなので、そのまま具現化させた形なのですね。ヘンリー・カヴィルははまり役なのかも。

Blood of Elves (The Witcher) (English Edition)

Blood of Elves (The Witcher) (English Edition)

 

しかし、特にここ最近のNetflixはすごい勢いですねえ。映画もノミネート作品が目白押し。アイリッシュマンが無冠だったと今日聴いたPodcast newsで言ってました。

 また新学期が始まってしまいました。なんとか1月を乗り越えれば私的峠が超えれそうです。ガンバリマス。

読んでいただきありがとうございました。

今週も一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。