行った気分

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?前回のブログを更新したときに、また大好きな方々からのコメントが次々と来てて、うれしくてすぐに記事を書き出したのですが、なかなか仕上がりませんでした。課題と教材づくりに追われてるのもあって(汗)どんくさい私ですしね。勉強時間を削って書いてます。今日はひとつレポートの第一稿ができたので、ちょっと気を許してブログを仕上げています。(のわりには文章が下手ですみません!)お名前を書かれない方も結構いらっしゃって、文面で明らかにわかる方もいるんですが、ニックネームをちょっと隅にでも書いていただけるとどなたかわかって親しみがわきます!あ、でも無理にというわけではないので、無しでもコメント嬉しいです♪

反応があるとほんとにうれしいです。ありがとうございます。スタディプラスも長年やっていますが、フォロワーにしか見れない設定しているのもあるのと、資格も書いていないプロフィールなので、あまり興味ももたれません。もしくはこわがられているか、避けられている(笑)まあ、私も資格ガンガンすぎるのは苦手だし、そういう意味では私のスタプラは参考にもならないので、それはそれでいいんですがね。

このブログをご存知で、たまたま見つけてくださった方ぐらいしかフォロー申請をもらえない。このところはブログとスタプラはかなり別物として動いています。ブログがちょっと読まれるようになると、自分がよく知られていると思いがちですが、案外そうでもない。

細々と続けているスタディプラスですが、お友達がたくさんの人は私のタイムラインは全部見てないことも多いよう。みなさんそれぞれ忙しいので仕方ないのですが、ほんの少しだけコミュニケーションを増やしてお互いに励ましあいながらできたらなあと思って、勇気を出して、お友達になってくれそうな方々を見つけて、自分からお友達になってもらいました。素敵なお友達が増えて、気持ちにも活気が出てうれしいです。

今日の健康ネタですが、え?一応定番(笑)夏の体調の悪い時に、日本語の先生をしている友人がたしか中東の留学生からたくさんもらったというデーツをおすそ分けしてもらいました。イランとかでしたっけ?有名なの。

貧血で悩んでいたときに教えもらって以来試したりしていたので、たくさんもらっちゃいました。これをレーズンの代わりにおやつのオートミールにいれて食していたんですが、それがそろそろ底をつきます。ものすごく甘いのですが、鉄分の量が飛びぬけていいらしいので、これからも手に入れて食べようと思います。

前回は夫が出張に行った話を書いたのですが、同じ時期に、仲良くしてもらっている先生がイギリスに出張でした。アメリカの夫とも、その先生ともラインでつながっていて、海外で取った写真とかを送ってもらって、自分も行ってるつもりになってました。そのうえ、違う知り合いの先生からも急にライン電話がかかってきて、朝早かったので、ちょっと心配になってトークを送ったら、誤作動か何かでかかってきたようで、蓋を開けるとその先生も海外旅行中。

いいなあ。いつか旅立つ日を夢見ときます。

でも、イギリスに行った友人にはもちろんこれ、頼んでました!雑誌1冊でいいって言ったのに、ものすごいお土産!

f:id:angelenglish:20191105004056j:plain

そう、愛しの「25Beautiful Homes」です。右手前の雑誌はもう何年も愛読していて、今回は1年ぶりにうっとり。ついでに違うインテリア雑誌までつけて、Libertyグッズまでつけてくれました。ありがたや。Liberty柄にうっとりです。

それと同じ時期に、これまたNetflixから「新しい番組だよーん。あんたこれ好きでしょー」というお知らせを見て、これまた忙しいはずなのですが、時間を作って今日見終わりました。ドラマを入れるといろいろ食い込んでしまうので、ちと寝不足。


Interior Design Masters | BBC Trailers

字幕なしで観て、イギリス英語がどどっと頭になだれ込んでくるのを楽しみました。セリフじゃないので自然ですよね。アクセントもドラマや映画よりももっと強いので、すごく鍛えられます。前身の番組のほうが好みではありますが、これはこれで楽しみました。司会者が変わったのがちょっと残念。でもかなりトレンドを意識してる感じです。

ああ、いいなあ。楽しい英語があるからなんとか苦しい英語もできるってもんです。

しばらくは学業になるべく専念しないといけないので、ここは「行ったつもり」でガマン、ガマン。

せめて雑誌の定期購入を再開しようかなあと考え中です。いや学生の身分で、仕事もあまりしてないので、かなり考え中(笑)

今週は月曜日が祝日だったので、一日短い週日ですね。なんとか一緒に乗り切りましょう!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。