The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?今日はすごい大雨にあって母をスーパーに連れて行ったときにびしょ濡れになってしまいました。傘もあまり役に立たないぐらいの大雨。あれは怖いですね。みなさんのところは大丈夫ですか?

この間、携帯電話を替えたんですが、我が家はIT音痴夫婦が一組いるので、まだITに強い高校生の子供に合わせて同じ携帯をずっと使っています。でも、そうすると、使いこなしている高校生はどうしても最新機種を欲しがるので、なんか豚に真珠のようなスマホを持て余している私です。しかし、コンピューターを3台買うのと同じことだと改めて気が付きました。分割にできる最後のチャンスで、2年後に機種変更もできるとかいわれて、いや、実は今月中ならお得だったようなので、行ってきました。

みなそれぞれに不具合がでて、電話通じなかったり、画面の操作が一部できなかったり、私の不具合の一番いやだったのはaudibleでワイヤレスイヤホン使い過ぎなのか、有線と同じぐらいの距離じゃないと使えない状態になってて、買い替えたばかりにイヤホンをまた買い換えないといけないのか?と思っていたら、実はSimカードがおかしくて、つながりにくかったと判明。聴ける時間がかわるぐらい快適になりました。

なんだかんだと結局予定が埋まってしまってバタバタしてますが、今じゃないとできないこともしようと今日はずっと待っていた映画を一人で見に行ってきました。

原作を読んでほれ込んで、去年は映画化されたと知ってaudiobookを3周して、映画観る前にまたほぼ1周。さすがに昨日からの1日半では間に合わず、映画終わったあとラストを聴き終えました。全部で5周したことになります。去年はイギリスで間に合えば映画館に見に行こうと思ったけど、無理で、DVDが出ていればイギリスで買って帰ろうと思ったんですが、まだでした。で、見本で上映が決まったので、結局入手できずに1年半待って、封切当日に見に行きました。


The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society | Official Trailer [HD] | Netflix

日本でこの映画観てる人の中で翻訳者の方以外ではきっと自分が一番原作を何度も読んでいる人間だと思いますー。

原作英語で5周してるので、私にとっては映画は原作の十分の一ぐらいの位置づけですが、それでも映画として十分楽しみました。やっぱりうっとり。映像でロケーションを観れるのはほんとにすばらしいですねえ。マジであのへん行きたい。

話がかなり変えられていて、びっくりしましたが2時間ですしね。入れて欲しかったエピソード山ほどあったんだけどなあ。

原作を初めて読んだのは2012年12月、ものすごく気に入って、当時やっていた読んだ本年間ランキングに入れた作品です。これがNetflixだと聞いていたので、ここで待っていれば観れるかと思って去年入会したぐらい(笑)

日本に来るのに1年半待つとは思いませんでした。まあ、ガラパゴスの日本では観れないかもと思っていたのでまだましですね。

封切初日で、都会でもやっている映画館が限られていたんですが、たまたまけっこう行くモールの映画館でやっていたので、今日絶対観に行こうと準備してました。映画館は初日にもかかわらずガラガラ。年齢層もすごく高かったです。こういう映画は派手さがない分、なかなかやってくれないので残念です。アクションばっかりでもなあ。

しかし、キャストはイースラという女性以外は(実際はもっと年齢が上だと思うのですが、若い設定でした)これ以上はない豪華キャストにびっくり。ダウントンのエース級とGOTのイケメン連れてきちゃった。なので、映画の話運びにはまったく満足していない私ですが、許しちゃう。原作読んでなかったら、映画はもっと楽しんでいたと思いますが、とかいいながら何度もハンカチ使ったけど(笑)

The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society (Random House Reader's Circle Deluxe Reading Group Edition): A Novel (English Edition)

The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society (Random House Reader's Circle Deluxe Reading Group Edition): A Novel (English Edition)

 

 イギリス史をこよなく愛している私ですが、それプラス、イギリス文学がベースになっていて、イギリスっぽい仲間で集う感じと、美しい風景とこれまた大好きな古びた石造りの家の街並み、インテリア、そして成就しそうでなかなかやきもきするロマンス、そしてコミカルに話が運ぶのに、なぜか胸がキューンとなって何度も泣いてしまう、人間ってすてたもんじゃないと思わせてくれる、自分的にはベスト5に入る作品です。

読書クラブの感じって、文学の授業の感じに似てなくもないなとふと思いました。日本ではあんなにディスカッションできないだろうけど。

あまりにも気に入ってるので、今日聴きながら、「1年に1回はこれ聴こう」と心に決めました。

audiobookもかなり秀逸で、ナレーションが多いので、長い映画を観ているような気分で聴いています。使われている単語は時々難易度の高い抽象名詞も多くて、手紙形式なので、簡単とは言えないけど、手紙だけでここまでできるんだと感心します。

このところ、ベストセラーは結構読んでるので、映画化されたもののなかで原作読んだことのある作品の割合が増えました。でも、何年もあとでやってくる。なので、映画観てまた原作のaudibleを聴くというのをやってみました。

先に原作が頭にこびりついているより、あとで細かい部分を確認するほうが楽しいような気もします。この間、原作を読んでいた(聴いていた)録画していたこれを見たんですが、


RED SPARROW Official Trailer (2018) Jennifer Lawrence Movie HD

この人のためにあるような映画に仕上がってます。原作はもっともっと強いヒロイン。録画を観た後、聴きなおしました。全然ちがいます。実際はトリロジーなので、続きをポチッとしました。映像だとちょっとえげつない部分もありました。それでもR指定の低いほうだったらしい(汗)

実は、この後も映画とドラマを観ようと画策していますー。DVDをポチットしてしまいました。忙しくなるとまた見れなくなるので、今のうち。早く届かないかなあ。一つはイギリスからなので、首を長くして待っています。

でも、課題も実はあるし、自分の授業の準備もやりだめしてパワポ作らないと、自分の首をしめることになるので、自分のニンジンとして、きりのいいところまでやったら観るという方式でがんばろうと思っています。

昔からですが、私はこれがないと英語はできません。

ああ、映画っていいですねえ。

よい週末をお過ごしください。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。