英文を書く作業

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?週末の日曜日いかがおすごしでしょうか。

6月に入りました。夏休みまであと半分といったところでしょうか。1学期がはじまって、やっと自分がどれぐらいの仕事と勉強をこなしていかないかというとが見えてきた気がします。前回書いたように、少しでもイレギュラーなことが入ってくると、とたんに破たんしてますー。

仕事と学校のない日は勉強の日なのですが、午前中は家事と母のお迎えと買い物に行くのでつぶれてしまい、午後はランチのあと眠気との闘い。なるべく短めのお昼寝を心がけて勉強にとりかかりますが、あっという間に子供のお迎え、母を送る、晩御飯とお弁当という流れです。週末もあったもんじゃないというのがこのところの日常になってしまいました。

なので、机に向かえる時間はやっぱり午後が勝負。それと夜。昼寝しなければもっと確保できるのになあと思うのですが、朝6時ぐらいに起きて、夜1時に寝るとかの生活なので、間にどうしても眠くなります。くすん。5時間睡眠の生活ができたらなあ。

最近は英語を書く作業が圧倒的に増えてはいます。読んでいる本のチャプターのサマリー。サマリーの量はもともとの英文で変わります。パラグラフごとに読んでまとめています。エッセイやプレゼンの英語もいわゆる英語のテストのちょっと長めの感じのものでまとめています。

論文は英文で書かないといけないので、これぐらいでめげていてはだめだと思うのですが、相変わらず自分の英語には自信がないです。

サマリーを書いていて思ったのですが、サマリーはもともとの英文がちゃんとしたものなので、見本がある状態。それを自分の英語で言いなおす。

とっても骨の折れる作業で、「あと何ページ!」とひいひいいながらこの数日を過ごしました。もっとスピード上げないといけないんですが、なかなか。

気が付いたのは、

自分でエッセイを書いたりすると、書く英語の範囲が決まってしまうけど、サマリーはもともとの英文があるので、コピーするのではないけど、ある程度単語は借りられるし、その単語の類語を知る作業も大事。同じ単語を連発するのは英語ではあまりよくないとされています。なので、

幅が広がる感じです。

あと、書き上げた英文はGrammarlyでチェックしています。

https://app.grammarly.com/

院に入ってから有料バージョンにしてますが、はたして自分が使いこなしているのかは不明(汗)

アメリカの大学を出た人に教えてもらったhttps://www.gingersoftware.com/grammarcheck#.XPNZvYj7TIU

Gingerというのもいいと聞いてダウンロードしてあるんですが、今はとりあえずすぐに使えるGrammarlyでチェックしてます。

ある程度はチェックしてくれるけど、よく指摘されてる通り、完璧には無理ですよね。AIなので、表面的な印象です。提出しないといけなかったり、表に出るようなものを必要な時だけ英語母語者の友人にお願いして直してもらうんですが、Grammarlyでチェックした後もかなり直されます。内容が伝わるかどうかは、やっぱり人間に読んでもらうのが一番かもと思います。

スペルとか複数、冠詞は楽になりました。重複しすぎている単語もチェックしてくれて、候補をあげてくれるのも楽です。書いていて思うのは、使った単語のあとの前置詞とか接続詞で文をつなぐことが可能なのか、主語は人にできるかとかももっと気を付けないといけないなと思います。

すごく地道な作業ですが、少しでも自分の英語が進歩してくれたらいいなと思いながらです。

これを短い英文でやるのも一つの勉強法になると思いますが、ディクテーションと同じでかなり地味で実感がなかなかともなわないので、やっぱり強制力がいるかもですね。自分が教える立場でもあるのですが、やればやるほど焦ります。まだまだ勉強が足りないなあとというのが本音です。

ほんと、

やっぱり近道はないのです。

おばちゃんなので、よけいに亀のような歩みですが、のそのそ歩いています。

で、やっぱりストレスたまるので、自分ノルマ(音読、News)が終わったら、

楽しい楽しいaudibleタイムです。すべてながらですが(汗)家事をしながら、移動しながらのお供です。

f:id:angelenglish:20190602145533p:plain

有言実行で5月は100時間越えを達成しましたー。111時間。平均すると1日3,4時間聴いてる計算になります。Podcast newsとは別に多い時で6時間ぐらいは聴いちゃいます。耳しか空いてないときをかなり有効利用してると思います。繰り返し聞いている教材のものとは別に、1週間に2,3作品聴いている感じです。この中毒状態がいいかどうかはよくわかりませんが、自分のたちだと思ってます。わはは。

たまったアイロンもしなくっちゃ。頑張ります。

一緒にがんばりましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。