次から次へ

今日もお越しいただきありがとうございます。やること目白押しでほんとに目が回りそうになるので、休憩にこれ打ってますー。皆様の連休はいかがでしたか? 私は体の芯がなんか疲れた感じですが、なんとか自分なりの頑張り中です。

いつも拍手にコメントありがとうございます!いたわりのお言葉、母や愛犬のことまで気にしてくださって、うるうるします。そして、以前にご病気のことを書かれた方が明日手術を受けられるとのこと。勇気を出して挑まれるとのこと。ご家族も見守ってらっしゃると思いますが、遠い地から私も祈っています!

なんと、5月に入ってコメントがない日が一度もない日々が続きました。連休中とても励まされました。ありがたいです。

やっぱり、連休最後の一日も英語まみれです。実は疲れがでたのか、昨日から熱がでて、昨日の午後はずっと寝てましたが、また夜からやるべき課題に取り組んでいます。昨晩と今朝にかけて取り組んだのは、英文を読んで理解して自分の意見を書くという課題。昨日はロスが多くて全部終わらなかったので、今日の朝になってしまいました。10時からGame of Thronesを見るという目標があったので、それまでに家事をおざなりにやって(笑)課題の残りをぎりぎりで終わってドラマにありつきました!

午後からまたちょっと熱が出てたんですが、次の課題に取り組みました。

お次は英文の日本語訳を作らないといけない課題。翻訳する人って大変だろうなあと思いながらです。私はどんくさいので数ページでもすごく時間がかかります。知ってる単語も一応全部かたっぱしから調べないといけないとのでよけいです。一応専門的なことを扱っているので、使い方がたまに特殊だったりするのと、人物名をカタカナにするときにとか、誰かわからないと調べるのでこれにも時間がとられます。ほんとに数分ごとに「で、誰?あんた」みたいな(笑)

一人の時はやりながらGame of Thrones の最新版を消画面にしてBGMにして繰り返し流しながらやってました。セリフ覚えそうだ(笑)しかし、さすがに同じエピソードの繰り返しに飽きてきて1から聞き返しました。そう、何時間もかかりました(涙)へとへとだったのと子供がお友達と晩御飯だったので夫が弁当買ってきてくれた。しかも昨日も伏せってたので実は二日連続。ごめんよ。

英語と日本語の語順って違いますよね。前から読む癖がついてるので、まずは主語と動詞を日本語に転換しといて、そのあとで、動詞の前の部分にthat節の訳とかを挿入していっています。みなさんはどうされてるんだろう?英文は形容詞節と副詞節がだらだら続くかんじのものがめんどうー。英語だけなら前から読んで終わりですが、日本語だときれいに仕上げないとわけわかめですもんね。

夫が「ほんとにすごい量の英文を次から次へとこなしてる」と言ってくれます。訳だけでなく、読みながら英問英答だったり、英語でサマライズだったり、プレゼンだったり、エッセイだったり、日本語でまとめるレポートだったり、食事の時に英文の貯め読みしたり(これは前からですね)今までの自分では考えられないほどの種類と量です。それでもやろうと思っていることがまだ残っているので、やりつくした感はあまりありませんが、これ以上は無理だったとも思えるので、仕方がないです。

時間切れ。

でもそれで自分の英語の力がついてるのかといわれると何とも言えません。とにかく目の前にGOTのゾンビのごとく(笑)襲ってくる英語と格闘している感覚しかないです。GOTのようにドラゴンの炎でガオーっと一気に処理できたらなあ。

今英語の資格テスト受けたらボロボロかもしれません。でも必要がなければ、その世界に戻りたいともあんまり思ってもないけど。

ほんとにほんとに大変ですが、苦しさも倍増ですが、虚しさががあまりないのはいいです。

やっぱり試験はさっさと終わって、使うべきじゃないかなと思ってしまいます。

それプラス、自分の授業の教材をパワポで1学期持つかな?というぐらいの量を作りだめして、これで7月まで少しは余裕がでたらと貯金をしたつもりなんですが、大学院のほうはそこまではいたらず、肝心の調べものがほとんどできてないので、(時間が一番かかるので、スパンが短いものから手をつけていったから)まだ気を許せる状態でもないです。自分が読むべき参考文献をもっと探さないといけません。今度の授業までにしないと怒られるー。ひゃー。

一学期を乗り越えれば夏休みにもっと貯金できると思うので、なんとかこの後ガンバリたいです。単位に関してはこの一年を乗り越えれば大丈夫。なので、かなり苦しい日々ですが、逃げないぞ。

明日から、令和の再始動ですね。ああ、また弁当作りがはじまりました。(溜息)

また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。