寝ても覚めても

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

なかなか更新もできないので、今日こそはもう拍手もゼロになるかなあと思ってるとどなたかが拍手だけ残して去ってくださったり、ご報告くださったり。ほんとありがたいです。ちょっとしたお返事しかできてないけど、お返事もブログ上でしかできないと思うので、ほんとすみません!

いままでもしんどいなあと思いながらでしたが、今は「自分の人生で一番勉強してるんちゃうん?」という感覚です。あ、それで急に英語力がとか、テストがとれるとかは知りませんが、とにかく英語一色です。でも英語を使って何かをするがテーマなので、英語について語りは全然できません(笑)英語で読んで日本語でディスカッションという授業もほんの少しとりましたが、あとは全部使用言語が英語です。たとえば、自分の修論について担当教官とやりとりするのは日本語です。これまたコテンパンにやられます。まったく目途が立ってません(大汗)

あと、もちろん自分が疎いことについての授業で英語だったりするとかなり苦しい。周りは学部上がりで文系でわざわざ院に上がってくる学生さんなので、みんなすごくまじめで優秀です。で、学部で学んだことがまだ記憶に浅いので知識もある。私の場合はできの悪さと、遠い昔の概論の内容なんて記憶のかなたなので、かなりつらいです。でも、違う授業で同じクラスになる人もいて、少しずつ話せるようになってきました。

日本語でも英語でも授業を受けて落ち込んで帰ってきたりもしょっちゅうです。そんな時はなんでこんなことしてるのか絶賛後悔中になってますー。知識がなさすぎでふと学部から入りなおしたほうがよかったのだろうかとか考えてしまうことも。

あと、授業中は学生さんたちに英語話せる人扱いは多少はされても,英語母語者の博士先生からしたら当たり前な感じです。

やっぱり中身なのだ。

それより日本語でも、英語でもちゃんとロジカルなレポートや論文が書けるようになるにはなることのほうが大事。それもちゃんとしようと思ってライティングの授業もとってがんばってます。授業時間内に書かされたりするので、少しでも鍛えられたらいいなと思ってます。

読んでる英文は、今までとガラッと変わってエンタメ色がない(笑)それについて語れないと意味ないので、がんばって読んでいます。そのうちレポートとプレゼンがまわってきたらもっとしないといけません。でも日本の大学なのでちょっと量は少なめなのがかえって助かっています。海外だったらそうはいきませんものね。週に1冊とかざら。そうじゃなかったら、家族の送迎、自分の授業、教材準備、大学院、家族の送迎、母を送る、お弁当を作る。ついでに家事で、大学院の勉強という綱渡りができなかったと思います。空いている日もあるんですが、授業と大学院の準備に追われています。

ちょっと詰めて授業を取りすぎてるのもわかってるんですが、家に帰ってくると母がぐったり寝てる日も増えてきたのでちょっと焦ってとってしまいました。

でも乗り掛かった舟なので、泥船でも出発です。

授業以外で群れることなく、図書館と教室や教官室に行くぐらいなんですが、この間はぼおっと歩いてたら、知ってる顔を発見。

教え子でした。そうだった、ここの学部生でした。わはは。びっくりしてました。

結局苦しい道を選んでますが(笑)自分が選んだ道。

学生をさせてもらえる幸せも感じながらです。ちゃんと勉強したかったですしね。まあ、ちゃんと勉強できているのかは謎ですが、

やっぱりがんばってます。週末も寝ても覚めても勉強します。

なんとか続けられますようにと祈りながらの日々です。

一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。