シフトチェンジ

今日もお越しいただきありがとうございます。気温の変動に体がついて行ってない私です。春のコートきておしゃれなんてもう考えてない、いつまでもダウンジャケットを着るおばちゃんです。無理無理。家でもダウンベストきて過ごしてるんですが、家でもダウンジャケットきて過ごそうかなと思うぐらいです。わはは。

年々自分の体と勉強の質が落ちてきてるんですが、今もやっぱりそう感じています。先週まで朝夕に1時間近い犬の競歩散歩をこなしていた自分が信じられないし。先月まで試験にまみれていた自分が信じられません。いったいどうやってこなしていたのだろうか・・・。普通の家事さえちゃんとできてないし(汗)家の中の断捨離もしかけて、また紙の山ができあがっています。(夫と私は教材や書類、子供はコピー教材やテキスト)

試験が終わったら終わったで、英語も私生活もやりたいことだらけだったんですが、それができているかというと、全然できてません。ほんとに寝てばかりです。うーん。どうしたものか。

お昼ご飯を食べると、もう抗えない眠気が襲ってきて昼寝してしまうんですが、最近よんでた健康本にによると、食後すぐに寝るのはあまりよろしくないとありました。それより運動をして血糖値の変化を少なくすることが大事なようです。でももともとよく寝る私なのですが、最近は夜4,5時間睡眠なのでどうしても昼にはどうしても眠気が襲ってきます。

健康に関する本を読んでいると、悪いことがすべて自分に当てはまるような気もしちゃいますよね。私は健康診断で引っかかってるのでよけいです。更年期もあるとは思いますが、今回は自分の症状がやっぱり糖尿なのだなあと思いながら読みました。ぴったり当てはまる(笑)まあ、母も姉もそうだし、姉はけっこう重度の糖尿なので、年齢的に自分がなっても当然だとは思うのですが、今考えると若いころから低血糖でふらふらしてたので、もっとちゃんとしとくべきだったと思っています。カロリーよりも最近は糖分に気をつけるようにしています。でも難しいですよね。

私のこのところの常食はこうや豆腐なんですが、それを柔らかくして自家製ヨーグルトとサジーと最近は少なめにした自家製甘酒をかけて食べるのが朝の定番。それを仲のいい友人に言うとのけぞられました。結構いけるんですがね。味をつけずにお湯で柔らかくした(さらにやわらかくするには電子レンジ1分半ぐらいですぐにふわふわになります)ものだけを素で食べるのも平気です。硬いままかじるときも(笑)夕方おなかがすいてきた時も食べてます。その分パンやお米などの炭水化物を食べる量を減らす工夫です。ほかにチーズとかナッツとかも食べます。しかし、炭水化物を減らして違うものを体にいれようと思ったら、けっこうお金もかかると思います。

春からはどんな生活が待っているのか、まだあんまり想像できてないんですが、仕事は教える時間をぎりぎりまで抑えて探しました。それでもこなせるのかまったく謎。

今週は仕事探しで奔走してました。なので、さらに英語の時間の中身が薄い。

履歴書とそれにつけるお手紙を手書きで書くだけでも数時間取られます。一日がかりでそれをしてた日もありました。

学校を変わるのはほんとにすごくエネルギーが必要です。自分の欲する日数と時間とやりがいのありそうな学校、授業、そして収入をそろえるのは、なかなか大変。どこかに妥協が必要です。

学校側はもちろん自分たちの要求にこたえられる人が欲しいので、それを超えて私を選んでもらわないといけません。アラフィフのおばちゃんが新規開拓するのはほんとに大変だなあと思います。

決まらない間はずっと気を揉んでいるので、あまり体によくないです。この仕事はほんとにタイミングが命。学校側の人事や生徒数であまりのコマ数が短期間で変動するので、そこであっというまに決まっていきます。今年度は少ししかもてないので、そこを狙っての就職活動です。アンテナを最大限にはっておかないといけない。引き止めてもらっていた前の学校で続けていればよかったかなあと、ふと頭をかすめたけど、心身ともに疲れ果てていたので、仕事探しの苦労を選びました。同僚の同じ非常勤の先生が「ほんとにすごい量をこなされてました。お疲れさまでした」と豪華なランチ送別会をしてくださいました。感謝です。

で、急に仕事が決まりました。新しい職場。ちょうど懐石ランチ中をはさんでだったので、ほんと申し訳なかったです。

一つものすごくハイレベルな依頼を断りました。これ以上難しいクラスはないかもみたいなハイレベル。非常勤に持たせてもらえるのは珍しいのでちょっと残念。あちらも残念がってくださいました。でも今年度は授業の準備を極力抑えて自分の勉強しないといけないので、あきらめました。

数時間であっという間に決まってしまった仕事は、私自身が学校に通うというという条件があったので、もともと希望していたコマ数より多かったのですが、事情をきいた後全体の先生の配置を変えて、私の希望するコマ数に減らすという配慮までしてくださいました。そしてさらに負担を少しでも減らすように、単体で準備が少なくて済み、テスト作成が少ない授業を用意してくださいました。

そこまでして望まれてありがたいと思いました。「こんな経歴の人がきてくれるなんて」どこをみてそう思われるのか私にはよくわかりません(汗)ケイケンかエイケンか?(笑)にじみ出る努力か?また、「ほんとにうちに来てくださるんですか?」なんて言っていただいたり、実験的な授業も受け入れるような学校なので、授業研究や教材研究がさかん。収入以外の条件がすばらしいので(笑)、こちらにさせてもらいました。しばらく夫の扶養家族に入れてもらって、すねかじりの身分になることになりました。贅沢よりもやりがいをとりました。今年は家族全員忙しすぎるので、旅行もいかないだろうから抑えて頑張ることにしました。

徐々に試験勉強や楽しい英語から離れて、勉強しないとだめです。

なにもかも新しい環境ですが、なんとかガンバリたいです。

また一緒に頑張りましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。