臨界点

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?このところ冬眠状態でこもりきりの私です。

読者の方は周知の事実ですが(笑)我が家は暖房だけは北海道並?のラインナップ。リビングにはヌックも装備されているのですが、そこまで至る前にすでにあたたかい我が家ですー。エアコン、ガスファンヒーター、沸騰式の加湿器、足元暖房、セラミックヒーター、オイルヒーター、最後に対流式石油ストーブを臨機応変に使い分けています。あ、たまに浴室暖房も使います(汗)どんだけ寒がりなんだ。

おそらくないのはセントラルヒーターと暖炉かペレットストーブだけかも。あこがれのこの二つだけは我が家のマンションではつけることが不可能なので残念です。→実は長年画策はしていた(笑)あと練炭も実際に買おうとホームセンターに見に行ったんですが、さすがに夫に反対されてやめました。

ソファを買い換えたのと、最近インテリアDIYの番組に夢中なので、おうちコージー化をさらに進めようとアイデアが募るばかりの私ですが、

そうは問屋が卸しません。

あんた英語の先生やろ、もっと勉強しいやとばかりに、想定外の仕事が舞い降りてきたり、やろうと思っている英語の勉強もうまくはかどってないのが現状です。予定ではもっと時間があったはずなんですが、今の学校ではどこまでも仕事がまわってきます。生徒のことを考えると受けてしまいますが、ちとつらい。仲のいい別の学校の先生になげくと、「そりゃ目の間にangel先生がいたら授業してほしいわ」とお褒め?の言葉をいただきましたが、別にそれでお金が増えるわけでもないので、できれば予定通り自分の勉強したいなあというのが本音です。それに、冬眠中なのになあ。

とズボラな私ですが、なんとか英語の勉強時間だけは記録達成?したようです。

f:id:angelenglish:20190120234322p:plain

時間だけですが(汗)

来週からどうなるかわからないので、とにかく時間がとれる今週は自分の限界まで頑張ってみようと試みました。さらっと書くのは簡単ですが、やるのは結構厳しいのだ。

詳細はコチラ。

f:id:angelenglish:20190120234437p:plain

f:id:angelenglish:20190120234409p:plain

 

疲れてくるとどうしてもドラマを見て聴く(台所で用事しながら)というので乗り切りました。でもチャンピオンが誰になるかどうしても見届けたくて見てしまったのもあります。わはは。もう感動したなあ。インテリアにまた目覚めてしまいました。

マチュアインテリアデザイナー志望者が自分のコンフォートゾーンを抜け出して見事に成長していく様を自分に重ね合わせながら、英語に置き換えて頑張る気持ちをもらいました。

ぐっとこらえて同時に殻から自分を放つことが大事。

勉強の内容はごらんのとおり、やっぱり耳が中心なのは何も変わりませんが、聴くだけでなく、シャドウイングをかなり増やしました。全体で英語を聴きながら声に出すという作業が一番多いです。これはかなり英語脳を作るのに役に立っていると思います。英語で話すときに話しやすくなってる気がするし、ちょっと難しめの単語も少し増えたような気もします。気のせいかな(汗)

でもそれが上達ではなくて、もとに戻っている途中なのかもしれません。この一年はほんとに苦しかったし。 

連日10時間を超えるのはかなり工夫がいります。「引きこもりイングリッシュ」なんて贅沢は無理ですが、「ながら引きこもりがちイングリッシュ」なら何とかなるだろうと、横で母がやってきて相撲を見ていようが、家族に話しかけられようが、最低片耳にはイヤホンという生活を自分に強いました。最近は理解があるのか、必ず2回繰り返して話しかけてくれる家族たち。くうう、こんなママでごめんよ。

一人の時にすごく思うのですが、どれだけ自分が気が削がれている状態で英語をやっているかよくわかります。

主婦が英語を極めようと思ったら、家族の理解は必須ですよね。

朝の6時から始めて夜の12時までは18時間あるはずなんですが、マックスでも12時間が限界でした。昼寝さえしなければもう少し行けるんですが、意識がもうろうとしてくるので、寝れるときに寝るようにしています。少しでも仮眠をとると英語の時間が10時間を切っています。

ずっと次のステップになんとあがりたいと何年ももがいています。

自分の勉強のやり方が要領が悪かったり、適切でなかったりしても、

それを貫き通してきました。

だって、その方法しか自分の生活に合わせられないし、崩すととたんにできなくなるから。

自分がやっている方法が万人に向いているとも思っていませんが、音読を何度もたたかれながら、時に称賛も受けながら、自分を貫いています。もう何年もやっていると、両極端に扱われてかえって面白いなと思います。この小さな片隅ブログで音と文字を合わせていく作業が大事だと書き続けてきましたが、一学習者の声はあんまり信用されないようで、有名な人が同じことを言った途端に流行ったりも。

ある意味ほんとに効くんですがね。まあおだても入っているとは思うのですが、このところ毎日頑張って自分を強いている(強いないとできない(笑))オンライン英会話で、初めて取るオンラインの先生にはやっぱり驚かれますヨ。自分の発音を身に着けたのは実は日本で音読した結果なのですが、「英語圏にいたでしょ」とよく言われます。半年やそこらの滞在で劇的に発音は変わらないんですがねえ。

でも自分の目指すステップを上がれずもがいているので、偉そうには全然できません。

たまに褒められると、ああ、シルバーライニングだとうれしくもなるけど、自分の脳みそを呪う日々のほうが多いです。

自分が周りの賢い人より数倍、何十倍努力しても追いつかないのだったら、できない自分なりの努力、それが百倍でもするしかないのです。

そこに効率を求めても仕方ない。

やるっきゃないでしょというスタンスでやっています。

自分臨界点を超える努力をするだけ。

もう無理だと思う回数も、「回数だけこなしても」と言われてもとにかく読み込む。

音声と合わせる作業をやめない。自分に沁み込んでもまだ続ける。

受け入れられなかった悔しさを思い出して、つらい一歩を必死で歩む日々です。若い人のようにはもちろんいかないけど、おばちゃんでもやれば少しは進歩があるはず。

臨界点を超えよう。限界を超えよう。

そう思ってやっています。

どこかの片隅で、変さマックスで頑張っています。

さあ、一緒に頑張りましょう。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。