先生の通知簿 2018年度版

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

ああ、久しぶりのブログ更新です。中には首を長くして待ってくださっていたかたもいらっしゃって、ほんとにありがたいです。更新のない中連絡をくださった方もいらっしゃって、感謝の気持ちでいっぱいです。

今年度はほんとにいろんな意味で挑戦の年でした。仕事の量も、自分の落ちていく体力も。

去年までは今週で仕事納めだったんですが、今の学校はどこまでも仕事がある・・・。(おそらくすこしでも何か言うとどこまでも授業が回ってきそうなんですよねえ)通常授業は終わったんですが、講習会という形で、できるだけ授業をするという方針の学校なので、先生も生徒も大変なのだ。ほんとにいろいろ考えさせられる年となりました。

授業はまだあるけど、通常授業はおわったので、教材やテストをたくさん用意しなくていいのが解放感です。今までで一番種類が多くて、全部受験英語で、ほんと次の日の授業の準備を自転車操業でこなす日々でした。

今年度は3年生にいきなりはいって教えたのですが、どこへ行っても、やっぱり生徒はかわいくて。

今回もたくさんメッセージを書いてくれたので、ここに記念に記録しとこうと思います。

ご興味のない方には申し訳ないけど、私の宝物アーカイブとなって、元気をもらうために、これからも自分で何度も読みに帰ってくる記事たちとなるのでお許ください。

 

「1・2年生の時から教えてもらっていたら、私の英語力はちがっていたかなーと思います。😢 英語の発音、発声をはじめからしていたかった~!!!他とは違う授業楽しかったです!」

 

「熱心に教えてくださりありがとうございました!先生はすごく細かい所まで、なぜそうなるのか?なぜこれはダメなのか?などとても丁寧に教えてくださって、すごくわかりやすかったし、英語がもともと好きだったのですが、より好きになって、大学でも英語を学びたいと思いました。授業はすごく楽しくて毎回楽しみにしてました!本当にありがとうございました!!」

 

「この学校ではネイティブスピーカーの先生に習わなかったので、angel先生がたくさん英語で話してくれて新鮮でした!」

 

「音読を授業の中で取り組んだことがすごくためになりました」

 

「angel先生の授業はとても楽しかったです。音読を意識して勉強するようになりました。先生の海外の話など、いろいろなことにおいて学ぶことが多かったです。」

 

「授業を受けて、音読の大切さがわかりました。まだまだ長文は苦手分野ですが、長文が読みやすくなりました。センター、一般に向けてこの方法を活用していこうと思います。この受験期にangel先生の授業を受けれてよかったです!ありがとうございました!」

 

「3年の英語授業、最初は不安でしたが、angel先生の授業はとても分かりやすく、いつも安心して受けられました。特にペアワークや先生のプリントが自分的には好きでした。授業中に長文読解の方法や、効率のいい勉強法などを教えてくださったおかげで、着実に身につけていけた気がします。これかれも続けていきます。」

 

「先生のやり方ははじめてで、最初はびっくりしたけど、反復で何度もしてくれたので、テスト勉強もすごく楽になったし、英文を読むのも慣れるようになりました。3年生の受験直前にangel先生の授業を受けることができて良かったです。ありがとうございました。反復の授業とても良いと思うので、これからも続けてほしいです」

 

「文で知らないことが出たときに、画像で見れたのはとても想像しやすかったです。」

 

「音読が大切だというのはよく耳にしていたけど、実際に音読する時間を自分では確保できなかったので、angel先生の授業で音読を行うことで発音・訳し方、リスニング力が伸びたように思えます!!angel先生の授業はペアでいろいろできて、授業内でする課題が多いので、寝る暇もなく集中できました!!1年間楽しい授業をしてくださりありがとうございました。」

 

「わかりやすく丁寧な解説のおかげで文構造や訳を授業で理解することができました。また、ペアワークなどで英語が苦手な自分でも楽しんで授業を受けることができました」

 

「毎回工夫した授業で、英作の力がとても身についたと思います。自分たちだけでなく、先生も学び、進化していっている所がすごいと思いました。ありがとうございました!」

私の今年度の通知簿です。最近の高校はどこでも生徒にアンケートをとって教師の授業評価があります。個人的にデータがくる学校もあるし、もらえないこともあります。こっそりランキングなんかを見せてもらったこともあります。今回の私の授業評価はもらっていないので、生徒の生の声がやっぱり拠り所となります。上のコメント以外にも生徒から「こんな風にやってもいいと思う」というような提案もあります。それを毎試験ごとに見直しながら授業を調整していくので、生徒から「進化している」と言ってもらえたのだと思っています。

それと生徒達の声からもわかるように、

「音読」がものすごくインパクトがあったようです。彼らはしらないけど、私は音読生活者ですしね(笑)

でも裏を返すと、生徒達は声に出して、音と文字を一致させる経験があまりなかったということでもあります。これは問題だなあと思いました。まだまだテスト中心な英語なわけです。つかっていた教材には一つも音声CDがありませんでした。だから生徒が聴いていたのはすべて私が発した英語です。いや責任感じるわあ。このご時世に音声のない教材を使うってのもびっくりですがねえ。いや何にも言わんとこっと。

 

今年度は春に時間割をもらったときにすでに「3年生で、この科目数、コマ数でテストも作成してというのは私にはできないかもしれません」と言ったほど最初から嵐の船出となりました。案の定、嵐の中を航行するような日々でした。本当はコマ数を抑えて、自分の目標に向かってもう一歩踏み出そうと思っていただけに、つらかったです。

でも、どれだけ自分の首を絞めようと、自分の英語ができなくても、想定外の仕事を振られようとも、家に帰ると愚痴のオンパレードでも(笑)晩御飯を作れない日々が続こうと、疲れ果ててお風呂にも入れない日々があろうと、

 

目の前の真剣なまなざしの生徒のためには手を抜くことがやっぱりできませんでした。

 

今回はある意味自分の限界も超えていたので、100%満足のいく授業ができていたわけでもないのですが、

 

それでもこれだけ反応をくれたことに、

今回も彼らのためにがんばってよかったと今になって思えます。

私は名もない一介の非常勤講師です。世間でいい学校と言われるところに履歴書を出したりすると、大学院を出てる人や海外の大学、大学院出の方々がいたりすると、履歴書を突き返されるという経験を何度かしてきました。なので、採用試験でペーパーテストや模擬授業をするテストを一度もうけたことがないです。あ、名の知れた学校は非常勤でもそういう採用方法をとることがあるけど、そうでない学校もまだあります。校長先生や現場の先生と話して即採用という、パターンで私は仕事をもらってきました。

 

これからもこの「名もない」を通していくと思います。今の仕事人のような感じがほんとうに好きです。

 

この一介の名もない非常勤講師のあるブログにやってきて、いろんな気持ちを抱かれる方がいらっしゃると思います。

この間いただいたメッセージで嬉しく思った言葉があります。

「同世代のangelさんを遠くにいる仲間だとおもってしまいます。ブログ楽しみにしています」

生徒の真摯な言葉と共に、こんなブログの読者の方々の言葉がいつも私を突き動かしてくれます。同じ目線で一緒に歩いている仲間と思ってもらえることを本当にうれしく思います。

今年度もたくさんの想いと共にまた来年も頑張ろうと思えます。

授業もやっと減ってきたので、ブログも徐々に書けたらと思っています。

また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。