何度も音読するのは効果があるのか?

 今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?やっぱ今年度は仕事がきついのと、体にもきてるので、一日仕事頑張るだけでどっと疲れが出ちゃいます。

今月は毎週なんだかんだと一日余分に休みがあったにもかかわらず、授業の翌日の休みはかなりつかれてます。もう一日増えるとどうなるか心配。また記憶が飛ぶかも。まあ週末もずっと教材かテスト作りにおわれてて、その上自分の宿題もやりながらなので、気が休む暇がちょっとないです。読むべき本も山積みで、書くべき英文もまだ書いてなくて、予定通りにやっぱり進んでないんですが、寝てばかり(汗)

今日なんてpodcast聴きながら、気が付いたら眠ってしまっていて、1時間以上睡眠学習になってました。意識の向こうに英語が聞こえてくるってへんな感じだと思いながら寝たので、なんだか夢見てるみたいで寝た感じがしないんですが、音だけ聴こえてきて、ときおり「へえ」と思いながら、でも目があかない。

このままではダメだと、春から夏の旅行以外は月に5,6回ヨガ教室に通うようになったんですが、リラックスしすぎて帰ってくるとこれまた寝てしまう。(ヨガでも寝てますが(笑))でも体がそういうサインを出しているので、おもむくままに寝ようと思います。→家族はすっかり慣れている。

あ、最近凝ってる健康ネタ忘れてましたね。

「ハーバード式野菜スープ」です。きっかけは、私がイギリスから帰ってくる二日前に母が姉宅から帰ってきたんですが、そのときはあまり具合がよくなかったので、私が帰ってくるまでの間を乗り切るため、姉が母のために野菜スープを作って冷凍したものを我が家の冷凍庫の中にストックしてくれていました。そこからネットでスープについて調べてたら出てきたので、アマゾンでムックの本を買って(いちばん評判のよかったのが、在庫がなかったので中古で買いました)それを参考にして作り始めました。 

 

ハーバード大学式 最強! 命の野菜スープ (TJMOOK)

ハーバード大学式 最強! 命の野菜スープ (TJMOOK)

 

他にもたくさんそろってましたよ。昔もこういうのはやって母が作っていたけど、中身がちょっと違います。昔のは根菜を入れたりして、具は食べてなかったと思います。

発酵キャベツを思いついたのも、イギリスいる間に読んだ健康本の影響もあるんですが、(それはただのキャベツの千切りでした)姉のワンコに姉が犬用の発酵キャベツをあげているのもあって、それはネットでしらべて始めました。姉に感謝。やっぱり姉妹ですね。健康オタク。

ただ、野菜スープを毎日つくることは私には無理なので、週末に大鍋で一気に作っています。昨日は二つ鍋を使って作って冷凍と冷蔵に小分けにしてストックしています。

これが、ものすごく便利で、あっためて、だしやらコンソメやらお味噌などをたして変化自在のスープになってくれます。私はそのままでも平気なんですが、家族のために味付けして変化を楽しんでいます。一品ふえるし、すぐにできるし、そして体にすこぶるいいので、大満足です。朝のスムージーと野菜スープ、手作り甘酒とヨーグルトで家族全員で健康になりたいです。野菜スープは今抱えてる問題を一気に解決できそうなぐらいよさげです。続けないとですね。あ、こう見えても時間さえ許せば手作り大好きなんです。家でいろいろするのが今の夢です。

さて、英語です。

この間、生徒と一緒にやっていた入試問題でおもしろい題材がありました。入試問題の長文問題はけっこう教養がつきますね。

楽家が曲を暗譜することからひも解く記憶の話でした。

その中で出てきた「手続き記憶」または「筋肉記憶」という記憶方法は、私が英語を勉強しているときに用いているのとまったく同じ方法でした。その他にも「意味記憶」やらいろいろ説明があって興味深かったです。

曲を最初から最後まで何度も何度も練習して楽譜なしでできるようになる。

短いスピーチの暗唱はまさにこれですよね。

口について次々とセリフがでてくる。

ただ、それにも欠点があって、途中で詰まると、最初から始めないとできなくなる。これもまったく同じことが私の中でおこっています。2本のスピーチを毎晩諳んじているんですが、家族に呼ばれたりして、途中で終わると、また最初からやり直していました。

それを防ぐには始める箇所をかえて途中からやってみるのがいいとのことです。スピーチは毎日5回~10回ブツブツ唱えるのが習慣になっています。唱えた回数はもう数えていない。1000回とかそういう単位になってると思っています。途中からのバージョンもたまにはやってましたが、もっとやってみようと思います。

その他にも週末とかはしてないけど、通勤前と通勤で音なしと音ありで2冊の短文を音読、シャドウイングしています。これも500回読んで記事にしてから1年?2年?まあ随分経ってますが、いまだによく読まれる記事のようです。その後も相変わらず続けているので、1000回とかの単位。一つは春からなので、100回近い?数えてません。

この短文も次の文が聞こえてくる前に自分で口にできることも多い。ためしに、先週末よくばり英作文の本をとって、日本語見て音読したら、何も見なくてもつるつる出てきて、日本語みなくても次の英語がつるっと出てくる場面もありました。まさに筋肉記憶と呼びたい。自転車に乗れなかった自分が今は平気で乗れているのと同じ感覚です。

この手続き記憶に基づく方法が何かの役に立っているかと言われると、自分では役に立ってると思っています。役に立たないという声もきいても、自分の中に実感があるし、親しみのあるもので、習慣になっていて、その上で普段英語を使うときに出てくるので、それで満足しています。

実感というのは、

昨日もイギリス人の先生と話しているときに、自分の言っている中に毎日音読しているフレーズがぱっと出てきて言っている自分がいました。

自分の小さな幸せを言ってみてと言われて「家に帰ってきたら愛犬がしっぽを振って玄関先で待っていてくれる」というようなフレーズがつるっと出てきました。

その他にも、1分と2分のスピーチを音読しているうちに、まあ、これほど読み込んでいるので当たり前ですが、最初の音がでたら、最後まで暗唱できます。

最近はあまりしてませんが、シャドウイングからサイマル読み(同時読み)、原稿を見ずにサイマルでできるようになるには、数百回を要したわけですが、(ながらなのであんまり苦じゃない私です。ちょっとこれ書く前に久々に音源も使っていろいろ確認しました。)その過程でどう考えても、今の自分の発音を手にいれているとしか考えられません。それは何度も書いてきたと思うのですが、同じようにリズムも間も、音の響き方も真似しようとすると、普段自分が発している言い方ではできないので、口の中の開け方や、舌の位置を微妙に調整しながら近づけていく作業がなされているのがわかります。

私の場合は発音に抜群に効果を発揮してくれているのは間違いないです。この「そっくりさんごっこ」以外あんまりしてないですしね。

発音を個々に練習する方法もあると思うのですが、私はいきなり連続音を言うという実地練習を積んだわけです。いろんな要素が絡まって「なんちゃってブリティッシュ」で話している自分がいます。でも何度も何度も書くように、発音良くても中身がなければ話ならないのですがね。大人がむっちゃ発音のいい子供と話すような感じとでもいいましょうか。

それは楽しいからやってるというのもあります。これ以外に通勤の車の中で2分から6分ぐらいの音源を繰り返しシャドウイングというのも日課になっています。それは5回から10回以上という繰り返しになっています。一つはポッドキャストからとってきているので、きいてしまうと次の日には消えるのでそのままですが、のこっていたら同じものでも平気で繰り返してシャドウイングしちゃうと思います。そのネタがなくなると「知識を教養の英会話」(タイプしたら強要とでてきて笑ってしまいました)のCDが車に入れっぱなしなので、それをシャドウイングしています。それはもう何年も前から何周もしているので、それも100回以上やってるかもです。「ワビサビー」と同時のいうのが楽しみになってます(笑)

それと、自分では英語を発しているときと日本語を発しているときの声も少し違うような気がします。英語の方がかなりメリハリがある。

発音練習は音楽家が暗譜をして歌うのにこれまた似ているなと思います。何百回もやって初めて舌の位置がわかるみたいな感覚が自分にはあります。

別にそうじゃなくてもできればそれでいいと思います。私は繰り返して自分の好きな英語を聴くのがまったく苦じゃないのでやっています。

上のタイトルにはいろんなことが言えると思うのですが、何度も音読やシャドウイングするのは、

単調さを超えたときに、効果があるとでも言いましょうか。

ただ読んで通り過ぎるのではなくて、音が自分の中で再生されるほど読むと効果が感じられると思います。上滑りを超えるといういい方でもわかっていただける方もいるかも。教えるときもそうですが、それにはいろんな角度からやってみるのがいいと思います。音読ったって、テキストあり、なし、音源ありなし、リピーティングとか、きいてディクテーションとか、まとめてみるとか、やればいろいろありますしね。

そこで脳みそが反応して出したいときに自動的に出てきてくれる語群としてスタンバイしてくれるというメモリーも作ってくれてますし。

自分で学習にはとにかく継続できることが大事なので、好きな方法を切り口にするのもいいと思っています。

最後にはそれが自分の言いたいことの中に組み込まれて出てくるという「使う」という作業が大事だと思っています。

私はうさぎと亀の亀なので、マイペースでもあります。

立派なスピーチを急には言えなくても、英語を使う場面で使えて、好きな映画やドラマや小説が英語で読めて聴ける状態で、それを今も100%に近づければと思ってやっているので、満足しています。それがストレス解消にもつながってくれてるので一石二鳥です。今は大好きな作家の新作を堪能中です。

前もこの写真UPしたかもですが、まさにこんな感じのおうちも出てくるー!

f:id:angelenglish:20180806192744j:plain
イギリス行ったあとってのもあるし、歴史もかじってるのもあって、もう面白くってまた2回め行きます!

今は競争とかに自分の身を置いていないのでよけいに楽です。目標になかなか近づけてない自分もいるけど、頑張ってないわけではないので、体に折り合いをつけながらやっています。

ということで、私の結論はお分かりのように、

私には何度も音読するのは効果があります。

あなたにはどうですか?試しに100回超えてみてください。え?時間の無駄?うーん、じゃあせめて50回!いや30回でも感じるかも。昔はビジ英のビニエットでやってたときもあります。マラソンのハイ状態のような感じまで持っていくと何かが感じられると思うのですが。そこまでやる人いない?すみません。

どこの回し者でもないですヨー。(久々に出しましたこのセリフ)

ご自身のやりたいやり方でまずはやってみることがいいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。