久々のオンラインレッスン

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?こちらは雨です。北海道の方々から連絡があってご無事で何よりでした。今は忙しく、気ぜわしくされていると思いますが、疲れがあとでどっと来ると思うので、無理は禁物ですヨ!

旅行記も書きかけのものがまだあるのですが、授業も始まって、また英語やらないとモードになってきました。

タイトルは「オンラインレッスン」久々にオンラインで先生とおしゃべりしました。

1学期は雪だるま式に忙しくなってきて、先払いでレッスンを頼んでいたにもかかわらず、母が入院してからまったくオンラインレッスンをとれなくなってました。休みの日はヨガを習いに出かけていたのもあって、時間がどうしても取れない状態。

イギリスから帰国してスカイプを除くと、以前レッスンを取っていたイギリス人の先生からメッセージが入っていました。「イギリスどうだった?」

たくさんの生徒さんがいるのに、わざわざメッセージを下さってうれしいなあと思って、なんとか先週夜にレッスンを予約したのですが、

私のコンピューターの不具合で向こうの声が聞こえないまま、「じゃあ次回にしよう」とお流れに(涙)結局コンピューターにいろんなデバイス(ワイヤレスやら、スカイプ用のマイク付きヘッドセットとか、ノイズキャンセリングのヘッドホンとか)を付けるので、それでおかしくなっていました。

それでやっと今週とれました。1時間のレッスン。

普段は50分ぐらいで切り上げたりする先生なんですが、今回はぎりぎりまでおしゃべりしました。

その先生は時折オリジナルの教材を用意して、それに対して自分の意見を言うというスピーキング強化のレッスンが中心だったのですが、(ただ喋り捲ることも多かったけど(笑))今日はそんなことしなくても、いくらでも質問したり、されたり、言いたいことを言うことがやまほどあったので、イギリスのことを中心にたくさんたくさん話しました。

イギリスから帰って英語モードで1時間話すのは久しぶりでした。職場でも英語母語者の先生と話しますが、どうも違う。他の先生みんな私たちの会話きいてますしね。

夢中で話すと、スイッチが入るのがわかります。おもしろい感覚です。

でも、相変わらず、言いたいことがババっと出てくると、何も気にせず話してしまうので、ブロークンイングリッシュになってます。

レッスンの最後に先生が「すっごい上手になってるよ」と褒めてくれました。

「でも、夢中になると文法とか、語順とか全然きにしてないから、ブロークンイングリッシュ度があがってしまったかも」というと、

「大丈夫。数か月前に話してた時よりうまくなってる」言ってくれました。

その先生と話すと、なぜかリラックスして話せるので、自然体なのかもしれません。

自分の成長は置いといて(まだまだです)褒められるのはいいなあ、もっと私も生徒を褒めてあげようと思いました。

嘘じゃなくて、ちょっとの進歩でも褒めてあげる。

そう思わせてくれた先生に感謝です。

週末充実させたいです。今日はすでに夫が借りてきた和書1冊(職場で読めと渡されるみたいです(笑)今回は健康の本だったので私も読みました)と今日中に読み切ろうと思っていたkindleを読み終えました。あとは授業の準備やいろいろ用事も済ませて、体を温めに、スーパー銭湯に行きたいと思っています。

みなさまも充実した週末をお過ごしください。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。