2018夏の休暇 おうち探訪

今日もおこしいただきありがとうございます。台風が来ているようなことを聞きました。みなさまのところは大丈夫ですか?コメントありがとうございます。一緒に旅している気分になるなんて書いてくださる方が何人かいらっしゃって、ほんとにうれしいです。なので今回はもう少し写真を増やしてみますね。

イギリス人の友人によく「自分たちより歴史に詳しい部分もおおいかも」なんて言われるんですが、やっぱり知らないこともたくさん。今回の旅はこちらです。

Chatsworth Houseという邸宅です。こちらはナショナルトラストとかではなくて、いまだ個人の貴族の持ち物。普通の日なのにイギリス人の家族連れがたくさんでびっくりしました。

f:id:angelenglish:20180808072206j:plain

イギリスの映画とかをよく見る人なら見たことのある邸宅です。この2本が有名らしい。

f:id:angelenglish:20180808072601j:plainf:id:angelenglish:20180808072610j:plain

偶然にも両方ともキーラ・ナイトレイですねえ。右はちょっとという話も聞いたのでまだ観てなかったのですが、舞台をせっかく訪れたので見ようと思います。ダウントンにも劣らず有名な貴族のカントリーハウス。というかこちらのほうがもともとは有名だったようです。広大な敷地に突如現れるお屋敷に圧倒されます。私の歴史好きにつきあってくれる友人家族に感謝。車で連れて行ってもらいました。

f:id:angelenglish:20180808073549j:plain

由緒ある建物ですが、やっぱり維持するために一般に公開されて修復されてきたそうです。中ももれなくほとんど見せてもらえてすごく価値がありました。オーディオガイド(英語)で丁寧にじっくり回りました。本当はウイリアム王とアン女王を呼ぼうと必死で豪華に作ったこの館、結局ジョージ王がやってくる近年まで君主をむかえることができなかったらしいです。上のダイニングは若きビクトリア女王もここで晩餐した場所だそうです。

こちらの風景もみたことあるぞ。

f:id:angelenglish:20180808073916j:plain

ないですか?道の真ん中になにかありますね。近くまで行ってみたらこんなのでした。

f:id:angelenglish:20180808074143j:plain

ここを馬車で通ったんですねえ。うっとり。

ほんとはこの近くのおいしいティールームにも連れて行ってもらう予定だったんですが、けっこう長い時間滞在してしまったので、閉店してました。残念。お昼は外のパブに行ってパブランチしました。

帰りに敷地内にあるファームショップに移動して買い物しました。

f:id:angelenglish:20180808074443j:plain

後姿は友人の子供です。オレンジをその場で絞ってカートンにいれるジュースがフレッシュで超おいしかったです。

自分ではなかなかいきつけないところを思いついて連れて行ってくれる友人家族にほんとに感謝です。今日だけでもイギリスに来た価値がありました。車で走っている最中に標識にもう一つお城があるとあったので、調べて出てきた写真を見て、「あ、ダウントンで出てきたお城だ」と分かってどこのシーズンで出てきたか言ったら、あきれてました(笑)時間があったら寄ってあげるといわれたけど、まったくなかった。いつかまた来るための口実に置いときます。

最後は私からご挨拶です。

f:id:angelenglish:20180808074946j:plain

影だけど。日差しがきつかったです。サングラス必須。旅にでるちょっと前にパーマかけてブラシすら使わないずぼらスタイルです。愛犬とお揃いとも書きましたね。旅に出る前はいつもそうします。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

拍手コメントがみれないので、「コメントを書く」に下さるととっても嬉しいです!