地図が読める女、Google mapが使えない女

今日もお越しいただきありがとうございます。読者数がまたすごく伸びているんですが、それに反比例してコメントがなくなってしまいました(涙)拍手コメントがみれないのもあるけど、旅行記を書くとすごく減るのは毎度のことなので仕方ないですかね。

今日はおかしなタイトルですが、ほんとに文字通り、私は地図は見るのが好きで、方向音痴と言われたことがありません。友人たちや家族と旅行してもかならず方向をきめて先導するのは私です。

しかしですね、今回はやられました。

半日一人で電車乗って出かけたんですが、かえってきて、友人たちに「今日はどこ行って、どうしてたの?」と聞かれて「外出している時間ほぼ道に迷っていた」と答えている自分がいました。

Google map、確かに便利です。携帯が外でも使えるので、例えば、電車に乗るのに、外国だと目的の駅までどれぐらいかよくわからなくてドキドキしますよね。でもグーグルだと乗る時刻と降りる時刻が即座にわかるので、安心できます。それは認めましょう。

しかし、歩きながらのgoogle mapはどうも私には無理です。日本にいる時も数回使って結局わからなかった覚えがあるのですが、最近は地図をもってあるくなんてことみんなしてないし、私も携帯片手にやってみました。

見事に迷いました。

ナビと同じで、迷ったら計算しなおしてまた道を教えてくれるのがかえってダメ。車だとあんまり気にならないけど、歩くのは疲れるのだ。どんどこ違う道に行って、遠回りしている自分がいました。

結局街中の地図のほうが役に立ったかも。

電車で降り立ったのはレスターという町です。サッカーでも有名になりましたね。移民が多いのか、すごくインターナショナルな感じでした。実はその前にも車で立ち寄ったのですが、その時はカリビアンフェスティバルをしていて、パレードをちらっとみました。

何を見に行ったのかというと、イギリス歴女なので、これ見に行きました。わざわざ行くかって感じですね。

f:id:angelenglish:20180807071431j:plain

f:id:angelenglish:20180807071442j:plain

2012年に発掘されたプランタジネット最後の王リチャード3世のお墓です。教会に安置されていました。私が最近見たのはこの人が演じるリチャード3世です。

f:id:angelenglish:20180807081350j:plain

またまたカンバーバッチ。しかし、ここにたどり着くまでえらい時間かかりました。友人に「レスター城だよ」という言われた言葉をうのみにして迷ったあげく着いたレスター城は教育機関だった。それからまたてくてく歩いてやっと着きました。

そのあとすぐ横にある「リチャード3世ビジットセンター」に有料ではいることにしました。受付のお兄ちゃんが「どこからきたか聞いていい?」というので、「日本です」と答えると、すごく喜んで「日本語を勉強してます!日本大好き」としばらくいろいろお話してくれました。携帯の待ち受け画面も水墨画かなにかだった。すごいなあ。弓道やってる写真もみせてくれました。日本人のビジターが来るか聞いてみたら、けっこう来るらしいです。

で、無事レスターをあとにして帰ったのはいいんですが、どうしてもスーパーで夕飯に作るカレーの肉を買いたくてスーパーに入ったら、欲しい肉がない。あ、薄切り肉なんてイギリスには存在しませんから、いわゆるカレー、シチュー用みたいな肉を探していました。1件目でなかったので、もっと町中に入って歩いてスーパー探しました。2件もないから一応ステーキ肉買いました。まあいいか。お肉安いし。で、そのあとまた見つけたテスコで、見てみたらダイスという形態でほしいのが見つかったのでステーキ肉はまた何かで使ってもらえばいいやと新しく買いました。

そのあと友人の家に帰ろうとしたんですが、ググったら、同じ地名で後ろがStreetとDriveがありました。最初間違えて違うほうに向かっていたのに途中で気が付いて、折り返したんですが、どうもつかない。結局どこでも2時間以上うろうろする羽目に。

明日か明後日に靴を買うことを決めた私です。Clarksでいいのを見つけたのでそれを買うことにします。クロックスでは無理だった。外反母趾になってきたので、いたくない靴を持ってきました。仕事の時はfitfitとかで買った靴ですがヒールが少しあるし、東京で疲れたので、やっぱりクロックスにしました。ニューバランスのスニーカーを買おうと見に行ったんですが、どうも服とアンバランス。旅行してるよんって感じがしたので買いませんでした。

車でつれまわしてもらっていたので、久々に歩いてへとへとです。日本でも車が足になっているのでなおさら疲れてます。もっとあるかなくちゃね。

 今日も読んでいただきありがとうございました。歴史オタクの旅は続きます。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

拍手コメントがみれないので、「コメントを書く」に下さるととっても嬉しいです!