選択

今日もお越しいただきありがとうございます。

英検に落ちたと書くと潮が引くような現象が起こるのは今にはじまったことではないのですが(笑)、その中でも励ましの言葉をいただける自分は本当に果報者だと思います。ありがとうございます!

いままで、誰にも言わずに英検を受けて受かっていても言わないでいたこともあるんですが、

不合格になると、なぜか黙っているのが悪くなって書いてしまう私です(笑)それは、きっと期待を裏切っている自分が好きでないいからだと思います。

 

まだ蕁麻疹は夜になると出てくるのですが、これも体が悲鳴をあげているサインだと受け止めて食生活を徐々に見直しはじめました。2月にはいってどうも不調で、週末ごとに寝込んでいます。今週末も熱が出てやろうと思っていたe-learningと教材作りができていません。疲れがでてるのですかね。くすん。

 今年は学校を変わらないといけない年です。なので、早いうちから就職活動を始めて、夏には次年度の学校が決まっていた私です。ありがたや。今どこの学校も非常勤講師を募集している時期なんですが、そわそわしなくてすむのが嬉しいです。それもストレスになりますしね。

でもいろんな学校が先生の調整に入る時期なので、私の周りでもざわざわしています。この間はママ友から久しぶりに電話があって、なんと高校の校長先生に任命されたので、英語の先生として是非来てほしいと直接たのまれました。友人が校長先生ってのも年を感じますねえ(汗)なんなら来年までまって専任でもなんて言ってもらえたんですが、やっぱり丁重にお断りしました。

そして同日夜に、これまた友人の先生から直接電話があって、今度は非常勤か常勤の先生をさがしていて、「英語で授業ができる発音のいい日本人の先生」という条件で私が浮かんだと電話してきてくれました。そのお話はものすごくレベルも高くて、勉強にもなるし、すごい好条件だったので、心がぐらつきました。海外にも行かせてもらえるようなお話。

なんとか1週間におさまらないかなあと頭によぎって、次年度の学校に電話してどれくらいのコマ数か確認しようと思ったら、

「常勤は無理ですか?どれくらいまで持ってもらえますか?できるだけたくさんのクラスを持ってほしいです」なんて言われてしまいました。うう。うれしいですが、やっぱり「福利厚生に入れる最低限のコマ数が希望です」と申し上げましたが、最低限のコマ数は確約してもらえませんでした。うれしいようなかなしいようなです。

なので、泣く泣く素晴らしいオファーはお断りしました。

いや無理は禁物です。今でも毎週末寝込んでるのに。これ以上家族に迷惑もかけたくないし、母も日に日にあるくのがゆっくりになってきているこの頃なので、(速く歩くと心臓に負担がかかるため)あきらめました。毎日教えると何かあった時にたいへんなことになりますしね。

新しいオファーは直接私を知っている人たちからのものでした。私の英語の資格とか学歴ではなく、私の人となりと英語力を知ったうえでオファーを下さることにありがたいなと思いました。

いくら高学歴でも英語の資格が高くても、詰込みに走ったり、生徒をバカにしたり、限られた生徒(たいていは上の層)しか伸ばせられなければ意味がないですものね。できないところをいかにできるようにしてあげるかが大事じゃないかなあと長年やっていて思います。先生は英語力があるのがあたりまえといえど、授業は自分が英語ができることをひけらかす場でもない。

生徒が主人公なのです。

真面目に愚鈍にコツコツやってきてたまにこうやっていいこともあるなあと思えます。

あと1週間というところになってまた熱です。ほんとにどうやって仕事と勉強と家事を掛け持ちしていたのか自分でもわからなくなっているこのところの私です。あ、全部ええ加減ではありました(笑)

名もない非常勤講師の私ですが、直接知る人たちや生徒達に役に立っているということを知れるこんな機会があるからこそやっていけます。

そして、ブログで一言や拍手をくださる方がいらっしゃるから書くことができる。

人間は一人じゃないのですね。

私の言葉が誰も知らないところで、誰かの一助となればと書く日々です。

読んでいただきありがとうございました。

 

また一緒に頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。