新しいドラマ観てます

今日もお越しいただきありがとうございます。ブログを更新するとたくさん拍手やコメントいただけて、ほんとにうれしいです!

この間やっと「Downton Abbey」を全シーズン制覇したので、新しいドラマを見始めました。

たくさんの読者の皆さんがご存じのように、私はイギリス史が大好きです。独身の頃トイレにイギリス土産の王室の系譜のポスターを張って眺めていたほど(笑)あれ、とっとけばよかった。

で、去年歴史ドラマで話題になったと聞いたドラマをちょっとのぞいてみたら、これまた大好きなばら戦争の話じゃないですか。しかもカンバーバッチやらジュディ・ディンチとかの豪華キャスト。

これは見るっきゃないと新古品でパッケージが破損しているために格安だったDVDを見つけたので取り寄せました。(どこまで主婦根性)


The Hollow Crown: Trailer - BBC Two

これがまたすごい作品でした。びっくり。今ちょうど半分ぐらい観ました。

見始めてすぐに気が付きました。昔The Lord of the Ringsを読んだときに苦労した英語が並んでいる・・・

例えば、thou, thee, younder, doth なんてのです。そう古語ですね。慣れてくるとけっこう大丈夫なんですが、この劇っぽい、仰々しいシリアスさはもしかして?昔の話だし、ばら戦争の話はとくにややこしいので、最初から英語字幕で見始めといてよかった。

やっぱりシェークスピアでした。

シェークスピアの戯曲に基づいたお話なのでセリフがそのままつかわれてるんですね。そりゃ難しいわ。知らずに買ってました。

テレビドラマとありますが、1本が2時間ものなので、映画を観ているようなもんです。豪華キャストに、豪華なセット。うるうる。このセットもいつも楽しい私です。

しかし、シェイクスピアのセリフって舌噛みそうです。

キャストも見たことあるお顔がけっこういらっしゃいます。先に挙げた勲章持ちの俳優さん以外にも、ついこないだまでグランサム伯爵だった人が、今度はヘンリー6世のおじさん役だし、Game of Thronesでラニスターの家臣になったおじさんも出てるし、そのうちダンブルドア役のマイケル・ガンボンも出てくるらしいです。

で、勢い余ってシリーズ1の百年戦争の方も買ってしまいました。こちらはジェレミー・アイアンズジェレミー・アイアンズの息子はWhite Queenエドワード4世やってました。それも面白いなあ。

見ている途中で止めたりして、全部は無理だけど、単語や古語を調べたり、人物について調べているとけっこうな時間が過ぎてました。でもそれも楽しい。イギリス史に詳しいサイトに行って英語でばら戦争についての長い文を読んだり、こうやって歴史に肉付けして楽しい時間を過ごしました。

そのなかで、リチャード3世の遺骨発見と、名誉回復についてのことを読んでいたら、リチャード3世を今回演じたベネディクト・カンバーバッチがなんとDNA鑑定でリチャード3世の子孫、血縁者であったということを知って、ますます興奮しちゃいました。うーん。楽しい。試験よりやっぱり楽しい。でもこんなことばっかりやってないで、やることもやらなくちゃ(汗)

やっぱり英語でいろんなことを学べるっていいですねえ。楽しいです。まだまだ苦しいし、難しいなと思うこともたくさんあるけど、英語を通して学べる事が素晴らしいと再度確認した自分でした。

楽しくて、教養のつく英語だけど、こんなことしててもテストで点は取れません。このところ処理能力が落ちたなあとよく落ち込むのですが、ディクテーションをしたりして、細かいところまで聞き取れるように努力するしかないと思っています。それもするし、でも好きな英語もたっぷりする。

そしてテストを通過した時に、こういうのが役に立つのもわかっているので、トータルで考えると全く損してるなんて思っていません。英語で話す機会がある度によく思います。

私はテストが苦手ですが、テストがだめとか、テストがいいとか、どれかをくきっりと分けていくより、すべてが役に立っていると思いたいです。ただ、テスト対策だけで時間がとられてしまう生活はもうできないと思います。

自分にとっては両方やっているからこそ価値があると思っています。それで点数がなかなか伸びなくても。

いろんなアプローチがあっていいと思います。

できるときに、できることを。

あなたのやり方を見つけて、一緒に歩いて行きましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

 個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。