負の感情と「やる気」の関係

今日もお越しいただきありがとうございます。

このブログに来てくださる方の多くが英語や何かを勉強していらっしゃいます。勉強がなかなかできずにモチベーションを維持するために来てくださる方も。私もそうやって来てくださる方がいるからこそ私のモチベーションが維持できている。相乗効果です。

でも、できない時や、やってもやっても結果がなかなか出ない時ってありますよね。

私なんてしょっちゅうです。

「これだけやってるのに、なんでこんなことしか言えないんだ?書けないんだ?こんな勉強法でホントに力つくんだろうか?」の連続。
コマギレでしか勉強できない自分の状況にも落ち込むこともあります。仕事でも落ち込むこと多数。

この間、英検1級の「文単」で興味深い英文がありました。

落ち込んだり、ネガティブになったりすることは人間にとっては必要なこと。

「自分はポジティブ、気にしない性格、楽観的だよーん」と息巻いている人の方が実は落とし穴がある、というお話でした。実際に落ち込むようなことがある場合、ポジティブな人の方がうつ状態になる可能性が高いそう。

落ち込んだり、自分を低く見積もってしまうネガティブさは、実は「こうありたい」と強く思うからこそ出てくるもの。
でも、そのネガティブさを経験しているからこそ、他人の気持ちを察したり、共感したりする能力が培われる。

人間はポジティブとネガティブの両方をバランスよく、柔軟に持ち合わせることが大事。というお話でした。

私はおそらく人よりネガティブに考えてしまう部分が多いと自分で思っています。自分が一番不幸なんて勿論思っていませんが、挫折が多かったのも事実です。でも、よく考えると、だからこそここまで頑張れて、今もがんばっているのかなとも思います。

以前にも書いたことがあるんですが、私はくやしかったり、悲しかったり、つらかったりすると、勉強します。職場で落ち込んだり、誰かに何かを言われたり、で、いやな気分になったりと原因は様々。
最初は「もっとできるようになって、見返してやる」と正直思います。人間だから競争心は誰にでもありますしね。

でも、ブツブツ英文を音読しているうちに、なぜかそういうことも薄らいでいきます。

生活の中に当たり前のように英語を組み込んで毎日同じような動きをしていると、落ち着きます。それが結構形になるとうれしいという日々の小さな喜びになっていきます。人と比べるのでなく、昨日の自分と比べて、「ああ、私今日はよくがんばった」と褒めてあげる。実は最初から敵なんていなくて、自分の中で作り上げているだけだったりする。

心の中に湧きあがるネガティブな感情の矛先を相手にするのではなく、「やる気」に変えていくその過程こそが大事かなともよく思います。

その延長上に結果があるのが理想だなと思います。勿論、理想通りには行きませんが。

今の努力はどこかで生きてきます。氷山の一角の奥底のひとつになるだけでも。

大丈夫。

一緒にゆっくり歩んでいきましょうね。
まとはずれなことを書いていたらすみません。少しずつ元気出してくださいね。



今日はいろんなことに手をつけて終わったものがほとんどありませんでした(涙)だからジャーナルを作りかけてあったのを消しました。とほほ。

子供を塾に送ってからまとまった時間をなんとか確保して英検のリーディング問題を通しでやろうとしましたが、それも語彙と穴埋めと読解の1問でとん挫しました。くうう。しかも必ず膝にピノちゃんを乗せてやらないといけない(笑)

で、問題を解いていくと、思ったように正解にならない自分に落ち込みます。こんなんで受かるのか?前回受かったのはなんでだ?とまたまた落ち込んでいます。毎日これだけ奮闘してるのになあ。やり方が悪いのかなあ。と思ってしまいます。

でも、そこで止まってちゃだめですね。
要領が悪くても、語彙も増えるし、たくさん英文も読んで聴いてるし、それが氷山の一角になっている。

こんな私なのに、わざわざブログに来てくれる人もいる。そう思うとなんとか一歩を踏み出せます。そして、綴り続けることができます。そのどれかが、ひとつでもいいから、一人でもいいから、誰かの心に届くことを願いながら。

今日も読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。