ディクテーション改良バージョン angel編

今日もお越しいただきありがとうございます。いかがお過ごしですか?寒くなってきました。あたたかくしてこれ読んでますか?

拍手と拍手コメントが減って、反応が見えにくくなって、ほんとに寂しい私に、やさしいコメントありがとうございます。うれしいです。ブログ村に参加したものの、やっぱり拍手が恋しい私です。書く気をたくさんもらっていたんだと今さらながら思います。

今日は自分がやっているディクテーションについて書きたいと思います。冬休みに入って少しは余裕ができたので、改良をまた重ねています。
images

使っている教材はいただいた教材なんですが、まさにこれの教材だと思います。
新しいニュースが尽きてきたので、そろそろ私も購読しようかなと考え中。

この30秒ぐらいの短さが絶妙にいいです。ものすごく取り組みやすい。いままでも何度もこのダイジェスト版を買って音読してきた私ですが、これをつかってディクテーションを始めたのは秋からです。

前回、アウトプットのことを書いたので、アウトプットを取り入れつつあります。

では、angel編 ディクテーションのやり方を書かせていただきますね。

①まず、音声を1回流してなんの話かつかむ。

②2回目に音声をだいたい5語から7語ぐらいでとめてディクテーションします。


リテンション力を上げるには、長めにして切って書き留めるのがいいのですが、人間の脳はたいてい7語ぐらいしか短期記憶を保持できないというのはいろいろなところで見かけます。塊によって3語とか、5語とかでもきって書きます。なるべく7語まで我慢したらいいんですが、そのあたりは臨機応変にしています。嫌になるとダメですしね。

③3回目から5回めぐらいまではリピートで繰り返し流し続けて、ペンの色を変えて抜けているところを書き足していきます。

たいてい、抜けるのは、前置詞、冠詞です。あと知らない単語や予想していない単語がなかなか浮き出てきません。ここで文を見ながら「ここは文法的におかしい」「Sがいるはず」ということを確認しながら聴いて行きます。

④原稿と自分の書きとった英文のすり合わせをして赤で直していきます。

記事によって出来具合はまちまちです。スペル間違えているのもあるし、今日はgovernmentとgunmanを聞き違えていたり(汗)in vigilがindivisualと書きとっていたり(激汗)vigilはわかりませんでした。

⑤再び音声をかけて自分の書きとったものを読みながら同時に音読します。

すると不思議に間違えたところが正しく聴こえる。そこが自分の弱点でもあるので、その連結を聴けるように訓練あるのみです。

⑥今度は原稿から目を離し、英文を見ずにシャドウイングします。

内容がよくはいってきているので、細かいところまで気を付けてシャドウイング。これを5~10回やります。急いでいるときは少ない回数でやっています。

⑦原稿に戻って同じ回数(5回~10回)を音声と同時に読みます。

このときは音声とぴったり合うようにスピードやイントネーション、リズム、すべてに気を払って読んでいきます。

 ここの練習は別の取り組みで、もう1000回以上やっているスピーチの取り組みと全く同じことをしてるんですが、細かいところまで真似することで発音ができるようになったり、英語らしく聞こえる練習になります。ホンマ、ホンマ。だまされたと思ってやってみてください。数十回でも違いが判ると思うのですが。以前にも書きましたが、

シャドーイングを超えてください。

⑧音声を止めて素読します。いつも5回。

ここでアメリカ英語だったはずなのに、自分が読むことでちょっとイギリス英語になっていくこと多々(笑)

今日はここにさらに改良を重ねました。徐々に原稿から目を離して、再生していきました。暗唱までは無理ですが、かなり短いのでなんとなく文がつながります。詰まったら原稿を見る、目を離すをくりかえしました。

これは、昨日書いたアウトプットを意識したものです。負荷がかかるのがわかりました。

⑨最後に今はスタディプラスをやっているので、そこのタイムラインに何も見ずにニュースの内容を英語で書きます。

サマライズしていたり、そのまま英語が再生できるところもありました。

これもアウトプットとインプットの融合ですね。

これでだいたい短い時で20分、長くて30分ぐらいのタスクとなってきています。今はお休みなので、余裕のある時は全部で30回以上読んでることになります。

これを重ねることで、インプット、アウトプットも兼ねた、リスニング、スピーキング、ライティングを兼ねているタスクになっていると思うんですが、どうでしょうか?

これを切らずに数回聞いて、書きとった後、日本語で再生すると、学校や教室でやっているような感じでもできますね。

あ、やり方はいろいろあると思うので、自分ベストを編み出してやりやすい方法でやること、続けることが力になっていくのではないかと思います。私は秋からぼちぼちやっていて、今で30題近くになりました。細々と日々のルーティーンに組み込んで徐々に力になってくれたらと願いながらやっています。

やればやるほど、進歩のない自分と出会いますが、それでもやめないことが大事だと思っています。

改良版ディクテーション angelバージョンでした。お役に立てば幸いです。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。