Star Wars : The Last Jedi 観てきました

今日もお越しいただきありがとうございます。やっぱり年末はなかなか勉強しにくいです。苦戦中。

なにせ手ぐすね引いて待っていたおばあちゃんがスタンバってるので、買い物のアッシー君でこのところ毎日駆り出されてました。で、一緒に行くとお財布事情も考えずに何か買っている自分が(汗)

昨日はこのところ恒例のあれに家族で行ってきました。最初のあらすじは日本語字幕を見ないでブツブツ読んでいた私です。速読の練習?(笑)速読とまでは行きませんかね。
 
アダム・ドライバーの方にしようか悩みました(笑)これは、前回を上回る大ヒットでしょう。映画館で観ないと損します。大画面ですばらしい音質で是非見てください。どこにも文句のつけようがありません。徹底してました。Rotten Tomatoも驚異の93%。まだ2,3日しかたってないのに。すごいなあ。

ストーリー運びもいいし、スピードもあるし、でもスピードがあっても中身もあるという一番いいパターンです。すべてのコマに無駄がない感じ。しかもお決まりのかわいい動物キャラが愛らしくって、笑いを誘います。とにかく昔からのファンにも大サービスだし、観てる人皆を楽しませるすべを知り尽くしているなあと思いました。全世界で見られるので、もちろん配役もインターナショナル。アジア系の俳優さんも活躍してました。

ロケ地もGame of Thronesでもよく使われるアイスランドクロアチアがエンドクレジットで出てました。たしかボリビアアイルランドも。壮大な感じが出てました。

今回の目玉は、やっぱりルーク・スカイウォーカー。いい感じ。ずっと舞台で活躍されていただけであって、あまり大柄でないのが余計いフォースを感じる仙人っぽさがでてました。でも悲しかったなあ。

そして今回も、前回に増してこの人がキーでしたねえ。ご存じカイロ・レン役のアダム・ドライバー。前回よりちょっとふっくらして今回は半裸シーンまで大サービス。
star-wars-portfolio-06-2017-ss14
Vanity Fairで出てきた写真。私のお気入りの役者さん3人が出てたのでこれ貼らせてもらいました。中央はカイロ・レン役のアダムドライバー。悪役だけどこの人が一番人気なんじゃないのと思っています。迷いのある表情がうまかったですね。左ドーナル・グリーンソン。
はアバウトタイムやハリポタでチャーリー役で出てきた(マッド・アイの人が実父!)あげるときりがないぐらい売れっ子です。そして右のあまり顔が出てこなくてわからないのですが私はEpisode1で声聴いただけでわかりました。Game of Thronesのブリアン役で有名になったグェンドリン・クリスティー。強くて、誠実で、心が優しい役柄で大好き。悪役でもかっこよかったぞ。ああ、だんだんまたオタクになってきたのでこの辺で。

映画館にたまに行って思うのですが、例えばすごい俳優さんがいきなり出てきたら「ワーオ」と小声で驚いてしまったり、超かわいくて、かわいいなあ(既に見てる人はわかるはず、超キュートで笑い取りますよね)と思ったらその笑いを少し出してしまう私ですが、日本の映画館ではものすごく反応がない感じ。逆に私が異端者扱いされて、ブログでも「あなたのような人は絶対に同じ映画館にいてほしくない」とさえコメントされたことがあります。それからはなるべく人と離れた席で見るように心がけてはいますが、それできないことの方が多いですよね。

他の人に聞こえないように家族と耳元で、「あれ、ローラ・ダーンだ、あ、ベニシオ・デル・トロ(名前出てこなくて、あとで調べました)だ。すっごーい」とささやいてたりするぐらいで、まわりに迷惑はかけないようにしているんですが、それでもダメな感じです。

大声でのおしゃべりや叫び声はダメにしても、でも、アメリカとかではもっとおおらかなんじゃないかなあ。

この間聞いていたaudibleでこんな一コマがありました。

ハリーポッター6をテキサスの映画館で子供と一緒に見ていた時のこと、ダンブルドアが殺されて、デスマークが空に不気味に浮かぶ中、ハリーやホグワーツの皆がダンブルドアの亡骸を見つめて悲しんでいたとき、マクゴナガル先生が魔法の杖を高々と上げて、光を出します。それに呼応して、生徒も先生もみなが魔法の杖をあげて光を放ってデスマークをかき消すシーン。(非常に象徴的なシーンですよね)そのシーンでびっくりすることが映画館で起きました。

映画館で見ている全員、大人も子供も全員が、

まるで人差し指が魔法の杖であるかのように、一本指を大きく上にあげていたのです。映画館のすべての人がホグワーツの先生、生徒達と一体になった瞬間でした」

聴いていた自分まで鳥肌が立ちました。

私もその映画館にいたかったなあと聞きながら思いました。

また怒られるかなあ。ドキドキ。でも迷惑かけてないので大丈夫です。

でも家だと、拍手したり(映画館でも小さく拍手してます)「この人演技むっちゃウマい」「うわああ」「すっごーい」と家族でワイワイガヤガヤ見てる我が家です。

映画館の帰りレイア姫のフォースを使うシーンの手のしぐさをマネして3人で歩いたり(我が家ではしばらくあのしぐさがブームになりそうです)「あそこのシーンは」と話しながら帰途につくのがまた一つの楽しみでもあります。

家族で行けるのもあと数年かもしれないけど、これが小さな思い出の小さな一コマになっていく。この小さな幸せこそが大事だとかみしめる私です。

誰もが楽しめるスターウォーズ。是非。またケーブルで配信されたら家で家族で楽しみたいです。

あ、ブログ書いてないで英語しなくっちゃ。今週は目標数字には無理かもです。でもガンバリマス。

読んで頂きありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。