英語を習う生徒としての自分。英語を教える先生としての自分。

今日もお越しいただきありがとうございます。今週は風邪にかなり席巻されていた私ですがなんとか復活しつつあります。昨日も晩御飯たべたあと朝までなにもかもほっといて寝てました(笑)

拍手コメントがあと1か月ほどで終わろうとしているのですが、ほんとにコメントが嬉しい私です。赤ちゃんの誕生を教えてくださったり、どんな風に頑張られているかを報告してくださったり、ねぎらいの言葉もたくさん。拍手コメントがなくなっても、これからもコメント欄でお知らせしてもらえたら嬉しいです。

常連の皆さんはよくご存じだと思うのですが、私は超寒がりおばちゃんです。雪も降らない地方に住んでいるのですが、自称暖房機マニアです。マンションじゃなかったら、とっくにペレットストーブを買っていると思います。→憧れてます・・・。

で、暖房器だけでなく、防寒にも今年は手を出しています。この間ムートンのブーツをえいやっと買ったんですが、これ
UGG アグ ムートンブーツ クラシック トール 2 レディース WOMENS CLASSIC TALL II 5815 1016224
UGG アグ ムートンブーツ クラシック トール 2 レディース WOMENS CLASSIC TALL II 5815 1016224

アツくって幸せになりました。

で、この温さを是非と母にも勧めてお店に買いに行きました。ブーツは80代の母にはさすがにあれなんで、モカシンを試着して買いました。こちら、
UGG アンスレー モカシン アグ Ansley ムートン モカシン スリッポンSTYLE# 3312
UGG アンスレー モカシン アグ Ansley ムートン モカシン スリッポンSTYLE# 3312
お店でも似たような値段だったんですが、実際はもっと高いですね。母がこれをもってレジに並んでいる横で、自分も同じものをもって並んでました。わはは。お財布事情を顧みず買ってしまった(汗)でも、ブーツよりこちらのほうがたくさん履いています。もう離せません。

暖活の話はどうでもいいのよという読者の方もいるかもしれませんね。スミマセン。これでも結構受けてるんです。

さて、英語に戻ります。

さきほども、オンラインレッスンでコテンパにしごかれて汗かいてました。これぞほんとの暖活?濃い1時間でした。ぜいぜい。英語の母語者の先生とのレッスンだったんですが、一緒に問題を解いていてもものすごく間違えたり、見当違いの答えを言っていたりする自分がいて、まだまだだなあと思います。あやふやだときっちり突っ込まれるので、ロジカルに話さないといけないのはなかなかいい経験です。この感覚は今まであまり味わったことがありませんでした。「だから、ええっと、くうううう」となる自分がいます。

自分に厳しすぎるともよく言われるのですが、この自分の「生徒」の部分をもっと精進させないと、「先生」としてはまだまだと思います。

英語母語者と話している時、特に日本人に慣れていない、日本に住んだことのない人と話すと、こちらの英語が文法的にまちがっていなくても、意図が通じていないことがあります。曖昧さが通じてないというか、日本語では許される甘えが英語ではないというか。

言語って深いなあと思います。そこをなんとかしないとなかなか壁は乗り越えられないかもとさえ思います。表面的にはできているようでも、実際はできていない。

こうやって、「もっとやらないと」と思うことが強い動機となって英語を続ける自分がいるのだなと思います。

英検1級に9回受かっても、英語の本を何百冊読んだり聞いたりしても、まだまだな自分を発見します。やっぱ試験だけではカバーできないところがあるのだといつも思います。

そう思うと、目先のテクニックを気にする時間が合ったら、とにかく勉強すべしと思えていいです。

これがベストはないに等しいと思っています。ベストはひとによってやっぱり違う。

いろんなことを書いてきました。反感も買いました。同感もたくさんいただきました。ほとんどが自分がやったことを、実感したことをもとに書いてきました。それを実践されている方もいらっしゃれば、参考してくださった方もいる。いろんな方がいると思います。

一番大事なことは、自分も勉強を続けられて、読んでくださるあなたにも何か得るものがあるということだと思って何年も書いています。

未だ、書くことがなくならない。それは自分がまだまだ勉強を続けていくということだと思っています。

自らが学ぶ日が終わることはないです。学び続けることが教えることに直結しているから。

また一緒にがんばりましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。