Podcastを毎日の友にしよう

今日もお越しいただきありがとうございます。ゴホゴホゴホ。なんとか戦っているものの、風邪がしつこくて、またぶり返しました。仕事にでるとだめですね。昨日は夕方から熱が出てずっとねてました。

こんな時は、助けてくれる家族に感謝できる瞬間でもあります。夕食の食材の1品は生協さんからのレディーメイドの材料があったので、レシピを見ながら作るだけのもの。帰宅途中の夫に「もう一品買ってきて」とつたえて、子供ががんばって一品作ろうとしていたところ、中華のお持ち帰りを何品か買ってきてくれました。材料は明日使うことにしました。

でもなんとかがんばってますよ。朝からゴホゴホいいながらオンラインレッスンで先生にビシバシ鍛えられました。ライティングの宿題を出してレッスンで一緒に読んでどこが悪いかを質問されながら直していくということをやってくれるので、すごく勉強になります。なによりいいのは宿題をしなくちゃといままでprocrastinateだったライティングがコンスタントにできることです。なんとか力をつけたい私です。

さて、タイトルはご存じPodcastのお話です。最近では英語学習でpodcastは欠かせないものとなっていますよね。以前も書いたと思いますが、私がpodcastを本格的に始めたのは、この本がきっかけだったと思います。

これで、とってもとってもパンクチュアルな主人公がきまった時間に同じpodcastを聞くというシーンがありました。英語読書がいろいろ役に立っている私です(笑)

最近までは雪だるま式に増えて、けっこうたくさんの番組を聴いていたのですが、夏に見直しをして、アメリカ系のpodcastの購読をやめました。短いものを選んでました。

でも、大好きなこの番組だけは死守してました。これが一番長い約30分もの。
ダウンロード (12)
このおじさん、ダンさんのソフトな語り口が大好きなわたしです。ここ1週間ほど、ずっとお知らせがあったんですが、今週からこのpocastは廃止になりました。ええーん。とっても悲しいです。

で、時間がないので、そのままにしていたら、かわりにこちらを勝手に配信してくれてます。
ダウンロード (17)
こちらは以前は上のニュースと共にきいていたんですが、1日2回配信なので全部は苦しいので、上のWorld UPdateだけに絞った経緯があるのですが、こちらでもたまにダンさんの声も聴けるし、もう一人好きなレベッカさんも出てくるのでこちらを聴くことにします。

こちらのニュースでたまたまダンさんが出てきて、彼の話で知ったのですが、サラエボが紛争中だったころ駐在していたときに、病院で一人の現地の女の子を救出してその子を養女にしたという話を聞きました。ジーン。今はとっても知的な女性に成長されたそうです。

しかし2回配信なので、1時間(汗)ルーティーンにはめ込んでいくのが結構大変かも。

Podcastニュースのいいところは、購読すると、毎日強制的にニュースがダウンロードされるので、ためると大変。なので消化しようという気持ちが働いて量を聴くことが可能です。

マイナスポイントはあまりないのですが、強いていうと、ニュースが一日ぐらいずれているという点でしょうか。私はあまり気にしてません。日本語で先に聴いたニュースをまた英語で聞くのは、知識がはいっていてかえっていい場合もあります。

でも日本のニュースは世界のニュースを結構網羅してないので、新鮮なものが多いのが事実です。それってどうかとも思う私ですが。

今日(昨日)は日本でももちろん取り上げられているこのニュースでもちきりでした。
ダウンロード (18)
イギリス王室、今世界で最も注目されていた、ホンマもんの独身貴族、ハリー王子の婚約ですね。お相手はお母さんがアフリカ系アメリカ人の女優さんミーガン・マークル。彼女がmixed raceということで話題にもなってるけど、それがかえって好感度をUPしてる感じでもあります。彼女がこれからの英国王室のキーパーソンだと言っている番組もありました。お二人はむっちゃ良さげな感じですよねえ。おめでとうございます。

イギリスのニュースではずっと前からお母さん(ダイアナ妃)の二の舞だけは決してならないように、彼女を守ろうとハリー王子が努力しているのをずっと報道されてました。おめでとうございます。

とまあ、毎日大量に英語を聴くというのと、毎日同じものをせっせいと繰り返し聴く、シャドウイング、そして暗唱まで持っていくというのを日々飽きもせずやっています。

ただあれもこれもとなると本末転倒になるので、絞り込んでも全然大丈夫。私も減らすとリスニングの力が落ちるんじゃないかと不安になったのですが、全然変わり映えしません。良くも悪くも(笑)なので大丈夫です。ってへんな理屈ですね。すみません。できることを続けることが大事ですよね。

どれか一つだけでは片手落ちじゃないかなあと長年やっていて思います。でもどれもやらないよりは、どれか一つでもやったほうがいい。

そこから突破口が開けるとも思います。

多読と精読、多聴と精聴

この組み合わせを自分に合わせてやることがいいのではないかと思っています。

ふと思いついたら、また書いてしまった。(私タイピングがすごく速いんです。でもダダっと打つので変換がたまに見落としていてスミマセン。あとでよく直しています(汗))

ああ、いそがなくっちゃ。仕事に行ってきます!

読んでいただきありがとうございました。

今日も、また一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。