決まった時間 ルーティーンワークのすごさ

今日もお越しいただきありがとうございます。コメントありがとうございます!いろんな方のお話をきいたりして、ちょっと心境の変化もありました。いつも励みさせていただいています。

今日はちょっとズルズルゴホゴホ。風邪ひいちゃいました。子供が試験前なのでうつさないようにずっとマスクしてます。

こうなると勉強のリズムが狂います。

勉強のモチベーションを保つのはすごく難しいと思っている人も多いと思います。

私もその一人です。

え?と思われるかもしれませんが、これでも一応母で(汗)主婦で(激汗)それなりに仕事もしています。休みになるとおばあちゃんの買い物につきあったり、子供の買い物につきあったりすると一日がつぶれてしまったり。

時期によっては教材作りに追われたり、テスト作りや採点に追われたりしています。

今週は夫が海外に出張に行っているので、彼なりに手伝ってくれていた家事もこっちに舞い込んでくる。で、つかれてくると、あっというまに風邪もらって、調子がくるっています。風邪は喉が痛くなった時点で喉の奥に1時間おきぐらいにプロポリスの原液をたらして、葛根湯飲んで、加湿器をマックスの状態にして、寝てという作戦でなんとか長引くのは阻止できそうです。熱も引きました。

その合間を縫って勉強しているのはいつも来てくださっている読者の方々はご存じだと思います。

合間を縫ってとう言い方はちょっとちがうかもですね。同時にやっている感じ。

私だけが忙しいのではなくて、読んでくださっているみなさんがそれぞれにご自身の生活で忙しいはず。学生の方は勉強に仕事に、就職活動とか、バイトとかでいそがしいはず。サラリーマンの方は仕事の拘束時間が長いし、飲みに行くつきあいがあったりして、帰ったらねてしまったりとか。専業主婦の方も案外自分の時間がとれなかったりするんです。

だからこそこのブログを読みに来てくださっているんだろなと思っています。

こういうのは何度も書いてますが、自分のモチベーションUPのためにも忘れたころに書いています。

同じ時間に同じタスクをこなすのはすごく大事だと思っています。

言語の習得で、自動化という働きはとても大事だそう。

一日の行動も自動化しているものは多い。ルーティーンとなっている。そこを利用しない手はないですよね。

私がどうやって英語を生活の一部にしているかは折に触れて書かせていただいています。

同じ時間におなじことをやるというルーティーンワークにして取り組んでいます。

例えば、洗濯物を干しながらスピーチのシャドウイングをやっています。

洗濯物を干すのにかかる時間はだいたい同じなので、(冬はちと長い)それに合わせて回数を決めてきまった回数をします。もっと具体的に言うと、

1分と、2分のスピーチ2本をやっていて、両方とも10分のタイマーを設定してやっています。1分ものは10回、2分ものは5回となります。20分以内に洗濯物が終わったら、食器洗いをしながらです。
images (7)
なので、朝洗濯物を干すときはこのシャドウイングがセットになっています。自動化してます。

そして通勤の行きの車の中では短文のフレーズ集のシャドウイングです。これも最近書いたような。

とにかく通勤の行きは短文のシャドウイングを決めてやっている今日この頃です。これも自動化しています。これが終わるぐらいに職場につく。終わらないと、駐車場から歩くまでの間に済ませたりとかもします。運転中にこれが終わると「ちょっと今日は混んでたなあ」となるわけです。

以前は試験前には英検のエッセイの模範解答とかをシャドウイングしていたのですが、基本に立ち返って朝はずっとやっている短文集を夏やすみあげからずっとやっています。それでも英検はなんとかなりました。

自分の過去のブログを読んで、基本が大事だということを肝に銘じていろいろ改良してます。

そしてランチを取る時には家でも職場でもkindleを開きます。曜日によっては仲のいい先生がそばにいるとおしゃべりしてできないとこもありますが、たかが15分とか20分でも塵も積もれば作戦で、これも短いものだと1か月ぐらいで読み終わることができます。目で読む時間は食べながらで確保です。

そしてお風呂に入る時には今度は洗濯物を干しながらやっているまったく同じスピーチ2本を暗唱します。こんどはタイマーじゃなくて、湯船につかる前の体や頭を洗っている間は1分スピーチを繰り返しいいながら。湯船につかっている間は、2分スピーチを5回やってからしかお風呂からでないと決めてやる。この取り組みは応援してくださった方に「お風呂でも勉強します」とほんとは英検の2次の練習をしようと思ってやり始めたんですが。口からすぐついてでるいつもの暗唱のものをやりはじめて今にいたります(笑)

このお風呂勉も自動化されてしまっています。

これ、ルーティーンワークと呼んでいいですよね。

一つのタスクにかかる20分~25分のものたちですが、例に挙げたこの取り組みだけでも合計すると1時間半近くの取り組みとなります。

すべて何かをやりながらですが、自動化されるとそれほど苦痛ではないという利点があります。ここにあげたもの以外も私の場合はなにかを「やりながら」が基本です。

洗濯ものとか食器洗いは家族がいると結構多い。「なんで自分だけがこんなに家事におわれているのだ?」と以前は思いながらやっていたズボラ主婦ですが、この時間を勉強時間と思うと、たまに家族が手伝ってくれようとしたときに、「自分でできる」となってます。台所に立つのもいやじゃない自分がいます。

無理矢理やろうときばっても、なかなか続かない場合は、無理があるので、無理のない程度で自動的にやっている自分を作り上げていければ、ストレスもたまらないし、かえってストレス解消にもなると思うし、

なにより持続性が抜群にいいです。生活の一部となりますからね。

続けることが肝心です。

それぞれの生活に合わせてできるときにできることをやることが大事です。

仕事しようと思ってPCの前に座るとこうやってダダっとブログ打ってる自分がいます(汗)仕事に戻りますー。(涙)

少しでもお役に立てば幸いです。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。