オーダーメイド

今日もお越しいただきありがとうございます。今日はオンライン英会話についてです。

このブログ、知る人ぞ知るブログだとおもうのですが、いつも来ていただいている人にはとても好評でうれしいかぎりです。いつも拍手にコメントありがとうございます。ほっこりします。

地味に続けていますが、このブログにくるとモチベーションが上がったり、逆にほっとするといっていただけることもけっこうあるんです。やる気をもったり、ほっこりしてかえっていただけるとほんとううれしい。

逆に辛口なのも案外密かな人気です。あ、密かな人気は我が家のワンコかも(笑)写真UPするとコメントが増えて嬉しいです。

実は、読者の方々のご意見や感想やつぶやきから記事を書くことも多いです。ブログで集客とかしてないし、商才も営業力もないし、どこの回し者でもないこのブログ。派手さのないオーダーメイドなブログってとこですかね。

今私が取っているスカイプレッスンは、いわゆるオーダーメイドのレッスンです。先生を探すのは時間もかかるしちょっと一苦労ですが、

いったん自分に合ったいい先生が見つかると、その効果もすごいと感じています。英検でこのところちょっとたくさんレッスンしたのもあって、そこからのスピンオフです。

大手に頼るというのも楽な方法ですが、レベルが上がっていくと、オーダーメイドなレッスンもいいと感じています。今はいろんなサイトがあって、世界中から先生を探すことが可能です。私はお友達から教えていただいたサイトで見つけました。

leaning English skype とかで検索するといろいろ出てきます。海外が拠点の日本人向けだけじゃないオンライン英会話も今はたくさんあります。そういうところだと、先生は日本人の生徒ばかりじゃなくて、世界中の生徒相手に教えています。中には日本語でも見れるようになってるのもあります。個人の先生が登録するところもあります。レッスンは多岐にわたっていて、また別の知り合いに教えてもらったイギリスの発音特化の学校とかも充実してました。すごい授業料なので、私はとってませんが。その人はとってたそうです。

オンラインレッスンで私が見るのはやっぱりレッスンの価格と、支払い方法が安全にできるかとかと自分のタイトなスケジュールに合った先生という点です。

値段は英語母語者だと高めですが、探せばものすごくお得な先生もたくさんいます。

資格持ってる先生も多くて、一つの目安とも言えますが、持っていなくてもいい先生はたくさんいるのも事実です。資格も実は中身が違ったりします。外国人に英語を教える資格は普通の英語母語者ならけっこうすぐにとれるものも多い。実際にレッスンを受けて判断することが大事だと思います。

私が習っている先生たちは英語が第一言語母語)と第二言語の先生たちです。ほぼ、ネイティブ〇〇〇〇と言えるかもー。(笑)

1回で1時間がメインなのですが、結局大手で週に4日か5日の30分でやっていた時よりも実質時間も、中身もUPしたと感じています。取ろうと思えば1回でもっと長時間してくれる先生もいます。

一人の先生との最近のレッスンで「angelはspeakingはアドバンテージだから、writingの宿題を出そう」とまたまた違う先生とライティングの添削もしてもらえることになりました。ライティングとスピーキングの両方をやることに。私の場合はライティングを避けがちなので強制力が働いていいです。前に書いた別の先生とはアプローチも違うので、新鮮です。

家庭教師の様に毎回同じ先生とやっていて、毎回すごく英語を使って、引き出してもえて、濃い授業をしてもらえます。

同じ英語の先生として他の先生のレッスンはとっても勉強になります。そのうちこうやって上手に教えてみたいなあと思うこともあります。

今は不定期に修行のためもあって、ボランティアで時々やらせていただいてます。でもいい授業をうけたりすると、いつか時間ができたら、私もオンラインで細々と個人レッスンをやってみようかなとまたちょっと思ったりも。でもブログはそれの広告にはしようとは思ってません。

以前にレッスンをやってみようかなと思った時に、ブログ上で期間限定で有料で募集してやろうとしたら、すごく厳しいコメントをいただいて、価値がないとみなされてたようなので、やめさせていただきました。実際にやってると、価値があると思ってくれる人も結構いるんだけどなあ。そんなこんなで、直接教える仕事があるのでそちらを優先することにしました。

で、話を戻すと、ほんと、一人一人の得て不得手を踏まえてレッスンがすすみます。まさにオーダーメイドですね。

これは大手ではなかなか得られなかったものかもしれません。

複数の先生のレッスンを曜日と時間をだいたい固定で取っていますが、レッスン内容は人によって分けています。先生によって全然違いますからね。すごくいろんな質問をしてこちらから英語を引き出してくれる先生とは、もう自由に話していますし。テストにたけている先生にはこの間までインタビューの練習を徹底的にしてもらってました。また別の先生とはライティングのレッスンを始めました。

春はいわゆる今はやりのみながこぞってとっている大手の会社でやっていました。予約なしはよかったんだけど、先生選べないし、やりたくても混んでて先生がいなかったり。予約は追加料金かかるし。大手のレッスンでは、どうしても一辺倒になってしまっている自分に気が付いたので、ちょっと高くついても、自分が確実に空いている時間に自分のほしいレッスンをしてくれる方向に切り替えました。

大手の良さは、コースがきまっていて、教材が用意されています。それもある意味いいと思います。

決まったカリキュラムに沿って進む授業をしていると、相手の対応やセリフが訓練の結果なのか、同じだったりする。実を言うと、先生によってはこちらの英語を理解していない場合もありました。マニュアルがしっかりあるので、先生の力量をカバーできているというのもあります。

そんな先生にあたってしまうと、同じぐらいの金額で英語母語者と話せたりもするので、トータルでは少し高くついても、自分の目的にあった方法を選ぶことに。

やっていて、英検の2次に失敗したのもやめた大きな理由です。まあそれは自分の責任も大きいですが(笑)

やみくもに話してればいいってもんじゃないと思ったのは事実です。少なくとも私の場合はそうでした。

そこを超えないと英検1級とかテスティングに関しては無理かも。

でも大手には大手のいい部分もあると思うので、わたしの感想が一概にすべての人に当てはまるものではないとも明記しておきます。

レベルによっては大手のマニュアル通りの方がいい場合もあります。日本語や日本人になれている先生のほうがよかったりもしますしね。

個人的に教えてもらうと、毎回いい授業をしないと生徒をすぐに失ってしまうので、先生のやる気が違います。すごく充実したレッスンを提供してくれる先生が多いのも事実です。

それと、ちゃんとレッスンをしようとしたら、最低でも45分は必要ではないかと思い始めました。25分、30分ではおしゃべりして終わりという感じが多いのですが、1時間とかだと、ものすごく濃いです。その良さに最近目覚めてきました。目的をはっきり持つと自分がただおしゃべりのために25分程度でいいやとか、いや、試験対策に45分は必要だとかとわかってきます。

たしかにいい先生を探すのは難しいです。でも大手でも人気の先生のレッスンはなかなかとれないのが実情。 無駄に自己紹介と同じことをいうのを繰り返していても、進歩もないような気もします。ある程度のレベルになってきたら、そこは終わらないといけないのでは?たとえば1級を受けるぐらいの人は。同じ先生だと、同じ話はできないし、違う表現で英語を言わないといけないという意識が働きます。あ、自分がそうだったので書いてます。

ココだけの話ですが、英会話は宣伝を兼ねて有名人や有名ブロガーに目をつけることも多いと思います。「レッスンをタダにするので、ブログでその様子を書いてください」というもの。でも「ああ、この人はそのオファーを受けた人だろうなあ」というのは見かけたことはあります。それはそれでレッスンが充実したものなら、win-winで悪いとも思いませんが、読む側には判断がつかない場合もありますよね。

どれがいいかは、自分が体感して初めてわかるものだと思っています。人がいいものが自分にいいかはわかりませんしね。

そこを狙ってたくさんのビジネスがうごめいているのが実情なんだろうなあと感じています。

大手であろうと、個人であろうと、大事なことは、

いい先生に出会えることですね。

私も今教えている生徒にそう思ってもらえるようになりたいと毎日努力の日々です。

ブログも同じかも。ただ単に情報収集だけでない、いいブログに出会えたと思ってもらえるブログになりたいです。

読んでいただきありがとうございました。

今日も明日も、頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。