試験という動機

今日もお越しいただきありがとうございます。

今学校では入試が移行期で、以前より英検が注目を浴びるようになってきました。

このところ私もしょっちゅう呼び止められていろいろアドバイスを求められます。仲のいい先生たちともそのことでいろいろ話をしていて思うところあって書いています。

授業でも英検のことも考慮に入れていろいろしたりもしています。たまにテスト対策は依頼を受けて担当するのですが、試験対策の授業より普通の学校の授業をやっているほうが楽しかったりします。試験は試験だし。

で、やっぱり見てると気になることが。

試験に受かろうとすることで、英語力をあげることは悪いことではないと思うのですが、

試験だけにフォーカスするので、ほんとに力がついてるのかなあと思うことがあります。

たとえば、英検のエッセイもすべての級で型が一応あります。

でもそれも英検独特になっているところもあります。IELTSを受けるときに、どうしても思いつかなくて、英検の型で書いて点数がわるかったこともあります。まあ中身が論理的でなかったというのもありますが(笑)他の技能よりもライティングは上げていくのに時間がかかります。くすん。

海外で通用するようにと作られたはずなのに、英検スタイルができあがってきているのではと最近気が付きました。私も偉そうに言えないのですが、生徒が指南本などのひな型を覚え込んで、かならず”I have two reasons."と書かないといけないと思って無理やり文字数のために入れ込んできたりとかです。実際にはこの世の中には数えきれないほど理由があるので、見方によってはとっても独りよがりです。"There are two reasons."はもっとそうですが、この世には理由はその二つしかないみたい(笑)まあそこまで要求されているわけではないかもしれないけど、書き方によっては、それを読んだ英語母語者はちょっとびっくりって場合もあります。(同じ表現ばかりで辟易するらしい)

子供たちは型を重視しすぎて一見間違っていない英文も、

全然論理的じゃない。しかも出してくる英文が気持ち悪いほど類似しています。学校で自由英作文させると、お互いに写した状態じゃないのに、まるで写したかのような英文が出てきたりもします。暗記した英文をそのまま利用してるってことです。それは考えていない、自分の意見ではないとも言えます。

あまりひな型を多用すると考えていない英文になる可能性も高いです。自分がそれで苦しんでいるので書いてます(笑)大事なことは、モデルの英文を自分の言葉で言えるようになるまで咀嚼することなんですが、そこまでこなれていないのでそういうことが起きます。

でも自分の言葉で書くと今度は日本語の字面に引きづられて、例えば、「(最近○○の)人が増えている」をPeople are increasing.なんて書いてきます。これは教科書でも扱うやってはいけない間違いなんですが、その教科書を使ってなくても、見事に同じ間違いをします。「人間が増殖するんかいな。うわあ、angel先生が増殖して何人もおったらどうする?」というと受けますが、(「やかましくてたいへんや」と言われる(汗)でもそれで間違えなくなります(笑))そのハードルも同時にこえないといけないので、大変。

そもそも論理的に考える癖がないので、内容もショボい。自分の意見が述べられているようで述べられていない。1級受験者でさえそうなので、それ以下の級はもっとひどくなります。書いてチェックをうけると、「だから何が言いたいの?」言われたりする(汗)これは日本語の影響もあると思います。

普段、自分の意見を言うことが少ないので、考える癖がないとも言えるかも。今の子供たちはもっとそれが強いです。母国語でも自分はこう思うという意見を言う場所もない。議論の場所もないから。そんなことを育む場所も減っています。意見を言う技術を洗練させる場所がないのです。もしかして意図的にそうしてるのか?それって危なくないですか?最近たくさんの人が、極論に飛びついて走ったり、または一人のカリスマと言われる人に傾倒しがちなのはそいう風潮だからでしょうか?

現場で見てて思うのは、極端な場合には、ただただ暗記させられて考える余地を与えられていないと思うこともあります。

英検に始まったことではなくて、受験でも型どおりの答えを用意して答えることが多いです。入試の英作文は最たるもので、採点しているだけでどの子が同じ塾出身がグループ分けできるほどになってると思います。

「合格するには」がゴールになっている証拠です。

そこで「受かればいいのよ受かれば」という考え方もわかります。それで英語の試験が免除だったりしますからね。

私は何度も英検を受け続けてきたものですが、最初に受かった時に、「受かればいいのよ」状態で受かって、あとでかなり苦しんでいる口です。未だ英語で文を書いて間違えないことはないし、英語で話して間違えないことはない。

何度受かっても偉そうに言えない、思えない自分と毎日過ごしています。だから自分に「英語を使う」ことをなるべく強いるようにがんばってはいます。いやつい楽な方へも流れますが(汗)

それに「こうあるべき」とう言い方も、書き方もしないように気を付けています。答は一つじゃないから。教え方すらもいろいろありますしね。

効率を追い求める、数字を追い求めることで、大事なことが置いてきぼりになってないかといつも自問しながら教壇に立つ日々です。両方を与えてあげながら、点数だけじゃないことを伝えるにはどうしたらいいかと考えながらです。

今は実際にはテスト以外のことがすごく大きくて、そこを埋めることが大事だと思うに至っています。

テストさえうかれば人格はどうでもいいなんて極端な例もあるので、やっぱり自分はそうはなれないなと思います。

点数をあげてくれる先生は確かに最初は魅力的に思うようですが、英語を教えて、それを通していろんなことを伝えようとすると、生徒は敏感に反応してくれます。昨日も、「先生が家でたくさん音読してと言っていたから、するようにしたらすごくわかるようになってきたし、楽しくなってきた。ありがとう」と言われてこころほっこりしました。ほっこりおばはん。

そういうことがあるから、なんとかやめずに続けられます。勉強はそういうものだと教えてあげれる先生になれればと。

どこかで教壇に立つ名もない非常勤講師のつぶやきでした。また勉強時間削って書いてしまった(汗)

最後までおつきあいいただきありがとうございました。


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。