黒革の手帳じゃないけど

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

今日はこちらの方はあいにくの雨でまたまたむしむししてました。またエアコンを除湿にしてつけてます。

最近飲み始めた漢方薬がちょっと効いている気がします。季節もあるのかもしれないけど、体が少し楽になった気が。漢方専門の薬局で良く効くときいて、他の漢方薬と一緒に飲んでます。ちょっとお値段がはりますが、この1年かそこらだと思うので飲んでみることにしました。

あと片目に飛蚊庄の症状がでているのと、老眼が進んでちょっと読むのがつらくなってきたときにルテインを飲み始めて数か月経つのですが、点がきえることはないけど、少しはましになったような気もします。すぐに疲れて読むのがしんどくなっていたのがちょっと長めに読めるようにもなってます。あ、フルーツジュースのことを心配してくださった方もいらっしゃるんですが、10mlとか20mlの単位なので、ほんのちょっとです。サプリの錠剤よりはいいかなと思ってるんですが。サジーは体が暖まって鉄剤要らずになったのでイイ感じです。

あ、また健康ネタになってしまいましたね。すみません。

2学期に入って生徒達もちょっとは落ち着いてきました。

今日は生徒達に「先生の『素晴らしいー!』を最近聞けてないからもっと言って!」とお願いされました。「じゃあ、言われるようにがんばりなはれ」と答えときました。なんでも大げさに褒めてあげちゃうんですが、全員起きてたら「みんな起きてるー?あ、全員起きてる!素晴らしい!」というだけでもみんなニコニコしています。かわいいなあ。

今日は遠いところから姉が用事で来ました。もうすぐ定年になります。それもあるのか、穏やかになって、楽しそうにいろいろ話してくれました。一緒に旅行にも行こうねと話しています。母を連れて大学生の姪っ子が下宿している遠方に旅行を兼ねていこうと計画中です。確か今5回生なので、早くいっとかないと。

毎日仕事と勉強に忙しい日々だけど、そうやってちょっと休憩するのもいいなと思いました。

私も子育てがひと段落したら、小さな夢を一つずつかなえていきたいなと思っています。そのためにも今はやっぱり頑張らないといけません。いつまで、どれぐらい働くかは未定ですが、できる範囲でがんばろうと思います。

今は長期のお休みの時だけStudyplusに入って勉強記録をつけています。仕事をしているときは時間を記録するとかえって精神衛生上よくないので、すっぱりとお休みにしています。体を壊しては元も子もないですしね。

両方を経験すると、両方の短所長所がわかります。

記録しないと勉強時間がやっぱり減るんですが、無理をしないのがいいです。でも仕事があるのでかえってルーティーンがきまっていて、規則的なのでさほど崩れません。時間が物理的に限られてくるので、よけいに大事に過ごせて充実しています。それと、PCに向かったりする時間が減るのもいいです。その分家族との会話もできます。でもこうやってブログの更新が増えてるから、どうなんでしょう(笑)

よくこれも取り上げるのですが、私は手帳を使って勉強を管理しています。Studyplusをしていてもしていなくてもです。これはすごく有効だと思います。
黒革じゃないです。長年これ。もちろん4月はじまりです。

過去ログがさっと確認できるのが秀逸です。いろんなメモとかも書き込んであるので、見開きでみれるものはほんとに便利。私は1週間見開きの手帳をかれこれ30年ぐらい同じように使っています。

1週間の見開きのダイアリー帳に、やるべきことを先に書いておいて、実際に取り組んだら線を引いて消し込んでいきます。書くのは例えば、Podcastだったら、「P]と書くだけです。「よくばり英作文」は「よ」です(笑)消さずにのこったものが見えるので、次の週にまた修正して1週間分を書いて消し込んでいきます。可視化されているので、全部消したくなります。

それをやることで、例えば朝に15分やっていた単語のタスクを時間を調整して10分にしたりとか細かい調整をしています。そしてなるべくルーティーンにして固定化していきます。

今は調整中なのですが、今朝もディクテーションのタスクをこなすことができてうれしかったです。でもまだ仕事に行く時にバタバタするので、もうすこし改善したいと思っています。

今晩、母のところに泊っている姉が母と一緒に明日うちにくるだろうから、あんまり英語もできないだろうけど、誰もいない朝のうちになんとかできることをやりたいです。こういうのも大事ですしね。

今日も読んでいただきありがとうございました。

また明日も頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。