失敗しながらも続ける力

今日もお越しいただきありがとうございます。前の記事もまだ読まれていないうちに怒涛の更新です。

前回の健康ネタにもアドバイスありがとうございます。歯磨きは結構マメにするのですが、リステリンはしてませんでした。またやってみます。口内炎はプロポリスを塗って治すのですが、今回は何回塗ってもなかなか治らないので、疲れを取ることの方が大事かなと自分を甘やかして昼寝してます。

あと、スーパーフルーツは良くない場合もあると教えてくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございます。サジーは貧血と冷えに効くと聞いて、実際に効果があるのを実感しています。うーん、どうしましょうか。あと、抗酸化が必要なので、飲んでいます。どちらにしろいろいろ勉強になります。健康が一番ですものね。

他にも、このブログを読んでいるうちに「この人男性じゃなかったんだ。しかも50代!」と気付いて書いてくださったかも。あはは、男性の英語学習者の方々の緻密さは全くないですねえ。あったらもっとできてますねえ(笑)先日、ブロガーのNobuさんと何度かお話させていただいたのですが、分析力が優れていてさすがだなあと感心しました。フィードバックをちゃんと消化して再構築して直せるのは素晴らしいし、ビジネスマンは英語の戦略もビジネスっぽくてさすがです。応援しています!ブログも客観的でいつも勉強になります。

今年度に入っていわゆるテストにはかなり見放されている私です(涙)受けるテストが思うようにとれない。一番特化したものが一番悪いと落ち込みます。リスニングものすごくやったのになあ。3年分の過去問繰り返し解いたのになあ。くすん。病み上がりがだめだったと言いたくないなあ。なんでテストによってこんなにムラがあるんだろうと思います。

テストだけではなくて、わたしの英語の取り組み方自体にご批判を受けます。audiobookをはじめ、他のこともです。正直辛い気持ちはあります。例えばaudiobookの魅力をいったん知れば、きっとわかっていただけると思うのですが。聞いてわかるのって結構大変なんですがね。くすん。座って読める時間が取れない分、なんとか時間を振り絞ってできるだけ英語に触れたい一心でやっています。

それだけ英語漬けでなんて要領の悪いと思われても仕方ないのですが、英語に触れている時間は日本語に触れている時間より多い日々をもうずっと送っているにもかかわらず、春ぐらいから徐々にテストでいい成績がとれなくなっています。今年の冬と比べるとがたんと落ちました。それはあまり集中できていない証拠でもあるのですが、それでもテストをたまに受けていたのは、仕事の確保と、テストである一定の成績をおさめたらまた学校にアプライしようとおもっていました。なので夏ものたうち回ったんですが、苦しさだけが残って思ったような結果が出せませんでした。

やってもやっても門前払い。本当に苦しいです。大きな山が目の前にあっていくら歩いてもずっと遠くのままです。その合間にせめてと、多聴をがんばるとそれも叩かれる。うう。そのうちに歩く速度も遅くなっている自分がいる。

でも、これは今は学校にアプライするなと言われているのかなと。冷静に考えると、もともと疲れ果てているのにどうやってこなすのか。レクチャーを受けるだけでなく、日々調べ物をしたり、レポートを書く時間なんてどうやって確保するのか。経験者の知り合いにはかなり体力が必要だと言われました。本当は仕事を1年ほど休んでやろうと思ったのですが、そんな身分でもないので仕事をとりました。

体調が落ち着いてからじゃないと、家族にも迷惑をかけるし。実際今もかけてるし。

自分のことだけ考えていればいい立場じゃないので、そこのところもちゃんと考えないとなあと、反省もしました。高齢の親のこともありますし。

次年度の仕事もめどが一応たったので、仕事のために英語を勉強するという言い訳ばかりもしていたら、大事なものを見失ってしまうなとも思いました。

主婦であり母であり、一応仕事もあって、その上で英語力を維持向上することをずっと試みています。もっと大変な条件でがんばってらっしゃる女性はたくさんいらっしゃいます。その方々と自分も一緒に歩ませていただいていると思っています。

せめて好きな形で英語をやっているだけでもよかったと思わないととも思います。英語読書とかがなくて、思ったようにとれない点数だけが目の前にあったら、やめてしまいたい気持ちになっていたと思います。100万語できてよかった。邪道だと思われても、読書じゃないと思われてもよかった。

それでも、おそくても、失敗しても英語はやめていません。

失敗があるのが当たり前。失敗のない人生なんてありません。

失敗してもやり続けるから成功があるのです。その成功もまたつづけるうちに失敗してまた成長がある。

そう思うと今は自分が底にいるのかもしれないし、もしかして上がる直前にいるのかもしれない。

今までも何度も試験に落ちて何度も失敗してきました。試験だけじゃなくていろんなことに失敗してきました。でも自分が不幸かというと、全然そうじゃない。敗者なのかと言われると、そうでもない。勝者とか敗者とか自体がおかしいとも思います。幸せか不幸かもおかしい。両方あってあたりまえですものね。

落ち込みはしますが、そこでやめないことが大事。やめてないから浮き沈みがある。たたかれてもたたかれても、今までもですが、これからもやめません。

コメントで以前「angelさんはブログに書くことで心の整理をしているのですね」と書かれた方がいらっしゃいました。その通りです。ブログを書く方は十分わかってくださっていると思うのですが、特に長文の記事は何時間もかけて書いています。思いを書いて、それを何度も見返して、何度も消して、引き算と足し算を繰り返しすることがもたらしてくれることは大きいと思っています。以前にも書きましたが、だからブログという媒体が好きです。

書いたそのつぶやきが誰かの役にたつこともたまにある。そんな偶然が好きで書き続けてきました。ただ、反響が増えると、反感もふえるのはつらいところです。

ここには試験に何度も落ちても頑張っている方、激務を抱えながら頑張る方、病気と戦いながら頑張る方、夢に近づくために頑張る方、違う言語を勉強されている方、折れそうになりながらもなんとか頑張ろうとしている方、悲しい思いを抱えながらも前に進もうとしている方、ほんとうにいろんな方が読みに来てくださいます。それが私の支えでもあります。そうでなければこんなに長い間続けることは不可能だったと思います。

ここで、私が心折れていたら申し訳ない。

だから、頑張りすぎることができなくても、続けることはやめません。

迷いながらも歩き続ける。落ち込みながらも自分ができることで頑張り続ける。間違った道でもまたもどってもいいし、どこかでまた繋がっていることもある。

それが私の歩む道。

よければ一緒に頑張りましょう。

また来週も一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。