久々の不合格

今日もお越しいただきありがとうございます。

英検2次の結果が出ました。 中途半端なので、書いています。

できなかったとブログでも書いた予感が的中して久々の不合格でした。このところの状態ではいつかこの日が来るだろうなとは思っていたものの。やっぱり辛いです。

スピーチが理由がありすぎでかえってできなかったのがほんとのところです。試験官にも最後に「今日はできませんでしたー」というと「そんなことないと思うよ」とは慰められたのですが、試験官お二人の合計がやっぱりちょっと足りない状態だったようです。とほほ。

ほんとに私らしいなあと、結果を見て思いました。トータルの数字は合格した去年の数字よりもいいのに、今回は面接でこけた形です。リスニングの出来が良すぎたなあ(笑)まあ、体がついて行ってないですし、実は突発性の難聴みたいなのもでてきてて、命に別状はないんですが、もともとの難治性の症状もひどくなってきていて、いろいろ満身創痍だし。試験の採点しながらの間に受けに行くのはやっぱりつらかったです。。履歴書には書けないなあ。つらいなあ。

ストレスももうこれ以上は無理。実力さえあれば、試験は全部受かって満点取れると言っている人もいます。これで私が英語力がないと判断されても仕方ないし、笑われていても、馬鹿にされていても、自分より劣ると思われても、それでいいやと思っています。そういうハードルはもうとっくにたくさん経験したのもあります(笑)それは人の思いで、私の思いではないし。実際に心でそう思う人がいても、それはかなり少数だと思っています。

まあ私はもともとそういうスタンスしかとれませんしね。優等生にはなれないのを地で行ってます(笑)なのになんでこんなにブログに読みに来てくれる人がいるんだろうと思うほどです。失敗だらけの自分。

でもこれで肩の荷が下りたような気もします。

また謙虚に勉強するのみです。いままでと同じ。

来年からは面接も同時に行われる英検、そう、1次突破というハードルがなくなるってことです。一日受験になります。そうなると、私は来年から受験できるかどうかは、わからない状態です。
追記訂正です:英検協会の発表では、1級は来年はまだ1日受験じゃないようです。スミマセン!新聞に載っていて、全部の級対象だと夫と二人で勘違いしていたようです。英検協会の発表では2級までは来年から実施だとのこと。準1級、1級は違うようです。すみませーん!でも日本では英検協会が実施しているIELTSも1日受験でできるので、 その動きは今後あるのではないかなと思っています。
http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2017/pdf/20170704_pressrelease_eiken4skillscbt.pdf

やっぱり落ち込みはしますが、それでも毎日英語漬けなのは変わらないし、英語でいろいろやっているのも変わらないし、先生として英語を教えているのも変わらない。いい授業を待っている生徒のためにも立ち止まっている場合でもない。

情けない自分を抱えながらも、それも自分。落ち込んでる時間ももったいないです。
自分のできることを勉強し続けることはまったく変わりません。今日も用事で出かけても5時間はなんとか死守しました。英検1級に特化した勉強はこの先もなかなかできないかもしれないけど、

英語を勉強することはやめません。

転んでも転んでも、起き上がれなくても、這いつくばってでも、やり続けています。

そんな私でよければと、少しでも勇気を持っていただけるようにと、なんとかがんばって書きました。

さあ、仕切り直しです。やるべきことが待っています。

また一緒にがんばりましょう。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。