ちょっとした魔法

今日もお越しいただきありがとうございます。

コメントも嬉しいです。こんなコメントもありました。「angelさん!沙棘ドリンクが今楽天で半額セールやってますよ。まだ間に合います」というメッセージいただき早速半額で購入しました(笑)ありがたいなあ。教えていただいて本当に感謝しています。私の母まで調子が良くなってきました。ほんとうれしい。

それとか、過去ログを読んでくださる方とかもいらっしゃって、恥ずかしいやら、ありがたいやらです。たくさん打ち間違いもあるのですみません。考え方にも変化があるかもしれませんが、お役に立てばうれしいです。あと、日々のちょっとしたことを知らせてくださるのも毎回ブログを書く励みになっています。

寄る年波で、仕事の量を減らしているにもかかわらず、疲れやすい今日この頃。今日は連続授業だったのですが、最初の授業でちと調子が悪くなり、ちょっとビビりました。でもネイティブスピーカーの先生と一緒だったので助かった。

でも子供たちは一生懸命に取り組んでくれます。英語が苦手な子がたくさんいるクラスも受け持っているのですが、なぜかその子たちが一番なついてくれています。そのクラスを担当している他の先生にも「angel先生の授業がすごく楽しいと言ってましたよ」と言われて、しんどい体もちょっとましな気分です。

できない子たちも、できるようになりたいと思っている。それを伸ばしてあげたい気持ちが伝わるのはすごくうれしいです。

ネイティブスピーカーの先生と入る授業では、私は日本語をほとんど使わないようにしています。一人で教えるときは日本語がメインですが、(それが現状です)ティームティーチングでは徹底して英語にします。彼らが日本語を使っても英語で答えます。授業中にネイティブスピーカーの先生と私が英語で話す姿とずっと見ています。

去年もそうだったのですが、それを続けてしばらくするとちょっとした変化が現れるのです。

その英語が苦手な子たちのクラスで授業をしている時、生徒が”Teacher angel!”と呼びました。”What's up?"と近づいていくと、授業の最初に渡した、困ったときに英語でどう言うかというフレーズ集のプリントを見ながら、つたない英語で自分の言いたいことを全部英語で聞いてきました。

大したことでないように思えますが、これ、ものすごいことなんです。

これが第一歩となって英語への強い動機に変わっていく子たちを何人も見てきました。

伝わる喜び。使う喜び。

ニコニコしてまた英語で答えて、わからない顔をしたら、また簡単な英語にしたり、単語で言ったり、繰り返し言ったりして、わかってもらいます。私が英語だけで通す姿を見て、英語を使ってみようと思ってくれてる生徒もいる。間違えても笑われるどころか、「よくがんばったね」と褒められる経験を積み重ねるうちに、ほんとに小さな一歩を踏み出す子もいるんです。

文法もまだままならない状態ですが、英語で発表する授業が終わった後、ネイティブスピーカーの先生が言ってくれました。

「このクラスは英語ができるわけではないけど、このレッスンの発表の評価はこのクラスが一番高い。一生懸命オリジナルの答えを考えてくれてたね。素晴らしい!」

私達先生をちょっと好きになるだけで、こんなに一生懸命やってくれるんだなあと話していました。

「楽しい」「好き」は実はものすごい動機になるのだなあと。ちょっとした魔法みたい。

今は教えていない生徒達も冗談交じりに私には英語であいさつしてくる子も多いです。いきなりネイティブスピーカーの先生とはなかなかコミュニケーションできない子も多い。その間に立つ、英語を使う日本人の先生の存在は実はかなり重要。

普段は大学受験に向かってあまり楽しくない詰込みも多い中、こういう機会を少しでも与えてあげることができればいいなと思いました。英語はテストに受かるためだけじゃないんだよ、とっても楽しさを運んでくれるもんだよと少しでも教えてあげたい。

静かな生活に憧れながらも、なんとか鞭打って仕事に向かう日々。そんな時にこんな風にプレゼントをもらえる。

だから先生また頑張れるんだよ。

あと少しで夏休みです。なんとかガンバリたいです。

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。