マインドフルネス?

今日もお越しいただきありがとうございます。コメントで「音読でついにマインドフルネスですか?」ときかれました。わはは。 で、反応してついブログ書いてるじゃないですか。

いや、このお経のようなというのは、実はこのブログと同じぐらいの歴史を持つ感覚です。昔は「お経方式」と読んでブログでよく取り上げていたのですが、久々に書いたので、初めてその境地に立ったのだと間違われてしまったんですね。音読生活という名前もだからなんです。

ヘンなおばちゃんですみませんー。

別の理由もあるんです。今日は人がたくさん来られてるんですが(汗)英検の結果ですね。受けてるって書いたから。ほんとすみません。

1次合格された方、おめでとうございます!これから2次に向かってたくさん、音読、アウトプットしてくださいね。

また、惜しくも1次が残念だった方、いままでの勉強は決して無駄にはなっていないんです。試験は水もの、自分の実力を上げるための手段です。試験勉強はいったんお休みしたとしても、英語の勉強は続けてくださいね。もったいないです。

私のことを書かせていただくと、1次は無事合格はしてました。ホッ。しかし1問50点ぐらいの価値があるのか?なんだか私には謎な世界です。

でも、やっぱりライティングは課題です。毎回乱高下するんですが、前回はライティングが良くて、今回はライティングが足を引っ張った形です。なので、分析なんてできない(汗)

ライティングは一番やらないといけないことなんですが、一番できないことです。学校落とされた時に、そこでお勧めされた問題集数冊と、講座をしないとと思いながらも、やっぱり無理な状態。耳だけで過ごしてることが多すぎて。なんとか夏休みには少しでも克服したいです。でもちょっと疲れてもいます。もう楽しくやりたい自分もいますー。でも、不安定な職業の立場の自分はそんな贅沢も言ってられない。

で、大事なことだと思うので書いています。

試験には試験問題が一番効きます。特化はできる限りするべきだと思います。

私は単に時間がなくて、過去問を前日に少ししかできませんでしたが、このところでは初めてだと書きました。今までは、一日に長文一問、休みの日にはリスニングをするというように、分割してでも解いていました。あ、体力と根性なしで、通しで解いたことはないですが(汗)好きな語彙は何度も過去問を解いてました。今回はそれすらも前日の電車の中でやりましたが、それでもやってよかったです。

「試験勉強してない」という試験前のポーズをとったつもりはないです。

そして、書いたように、机に向かって過去問はとけなくても、音読でパス単を読んだり、車でのシャドウイングを英検のエッセイに変えたりしてコツコツとやっています。

試験を受けるときは過去問のシミュレーションが一番効果の高い方法だと思っています。

英語を楽しんでいる自分はいるけど、自分が英語ができるという気持ちがあまり持てないので、焦る気持ちはいつも同じ。もともと試験は苦手だし、余裕なんてないです。仕事にありつくためになんとか頑張っている状態です。

一生学習者であることを捨てたくないなと思います。

そして英語を通してたくさんのことを知れることがとても素晴らしいと感じられることが少しはできてきたかなという状態。今日もaudiobookやポッドキャストで仕込んだネタでいろいろ話が盛り上がって楽しいひと時を過ごせました。

日曜日から聞き始めたaudiobookですが、もうすぐ聞き終わります。CDはあったけど、ちょっと前まで日本には売ってくれなかったもので、audibleが解禁になったので、早速ダウンロードしました。会員価格なのでかなり得。これは聴いた方がうなるのもわかる気がするナレーションです。声が七変化してとにかくうまい。

楽しいとちょっと苦しいを絡ませながら、一緒に少しずつできるようになっていきましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。