やっぱり音読生活

今日もお越しいただきありがとうございます。まだまだ寒いですね。

インフルエンザが蔓延していて、学級閉鎖の嵐です。そのおかげで授業の間に時間ができてかえって助かった私。あ、でもかかった生徒は心配。早く良くなってね。皆さんは大丈夫ですか?

時間に余裕ができたと言いたいところですが、冬眠中もあって動きも鈍い。仕事の準備も相変わらず自転車操業で前の夜遅くまでやってたし、疲れてくるとすぐに熱が上がるし、ストレスがマックスだったので、あまり余裕とも言い切れませんでした。熱がちょっと出るたびに「急に上がったらインフルエンザだよね。そうなったらおやすみしなくちゃねえ」と不謹慎にも頭をかすめました。いや、ただの疲れでした(笑)

シャドウイングしたりpodcast聞いたりしても、自分の心がここにあらずな状態に。これは勉強によくないと思って、なんとか解決の方向に無理矢理向けました。

いやあ、「今の若者って」という週でした。ものすごくいい子もいます。でもものすごく利己的な子も同時にいます。ちょっとこの先、独りよがりな大人がこれ以上増えたらどうなるんだろうかとさえ思ってしまいました。

でも、このストレスもただではすましませんよ。すべて英語に還元です。

英語で愚痴を言えるのがよかったりします。ネイティブスピーカーの先生たちに「ちょっときいてえや」と聞いてもらってすっきり。それだと聴き耳立てられても、近くに英語の先生はいないので、全然わからないか、なんとなくな程度なので、けっこうみんなで愚痴合戦(笑)

話したいことがあるので、ものすごく英語が出てくるし、同僚なので、「ああ、わかるー!」と話が結構弾んだりします。ちょっと気分も晴れました。いつもありがとう。

「英語は使ってなんぼ」を実践中。

それから、週末以外は毎日これを音読しているのですが、
慣れてきて最高37分で800文読めるようになってきました。このところ、タイマーではかって時間と競争しています。それが英語力と何の関係があるの?と聞かれても困りますが(笑)ゲーム的な要素は案外リズムをつけてくれて、いいと思っています。

で、最近生徒に、毎日800文読んでるといったら、呆れられたり、「そんなん無理」と言われたので、授業で使っている構文集を時間を計って読んでみたら、

150文6分で読めたので、「先生で6分だから、10分位で読めると思うよ、慣れないうちは15分ぐらいかかるかもしれないけど、やってごらん」と言い放ったので、

自分も毎晩それを追加して読むことにしました。なので、全部で950文。その他にも読んでいるので、ちょっと声が枯れるときもあります。

もう趣味の域かも・・・。

でも英語使うときにやっぱり読んでる文の一部が口からついて出るんですよね。それに、読んでいると、なんだか落ち着いてくるのは私だけかなあ。まるでお経の気分。

本を1冊毎日声を出して読む。暗記する作業もしないでただ淡々と読む。これを要領が悪い方法と思ってくださっても全然いいんですが、自分では効果はあると思っています。

今日、授業で生徒と一部を一緒に音読したら、一人の生徒に負けました。

私に言われてから毎日読んでくれてたみたいです。一生懸命な生徒、うれしいなあ。

気分ダダ下がりにさせられることも多いけど、こうやって、ふっと軽くなることもあるなと思いながら帰ってきました。

そんな時には夫もステーキ肉を買ってきてくれたり、一緒にウォーキングにつきあってくれたり。

穏やかなりに、ちょっと反抗期気味の我が家の子供も、何かをやってあげると「ママありがとう」だけはちゃんと言ってくれる。なので喧嘩も長引かない。

小さな小さな愛犬はしっぽを大ふりして帰ってきた私を歓迎してくれる。

ちょっと疲れも飛びました。

明日も音読生活。ガンバリマス。

また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。