似ている英単語

今日もお越しいただきありがとうございます。連日UPは珍しい。昨日の記事もまだ読み切られていないようなんですがつい書いています。

いやね、仕事が立て込んできて逃げてるだけです。実は夫も横で生徒の英語の添削をしてて、私はそれに比べたらカンタンなはずなんですが、体調も悪いのもあるので、休み休みです。昨日仕事に帰ってからどうもさらにしんどいので、熱を測ったらやっぱり熱がありました。あーあ。これさえなければもっとできるんですが、無理は禁物。体がストッパーになってくれてると思って怠けようと思います。実は1月はかなりハードな生活だったのもあって疲れているようです。やっぱり冬眠中。

かなり英語を勉強してるつもりなんですが、なんで添削すると苦しいのかちょっとわかりました。

日本語→英語なので、日本語のニュアンスを表す細かい語法をチェックするのが面倒、(汗)いや苦しい。 たとえば、生徒が「選ぶ」という日本語にselectという語をchooseの代わりに使っているのですが、見てchooseを使わないといけないのはわかるのですが、それをいちいちなんでダメなのか説明しないといけないとか、jobとworkの使い分けを説明しないといけない。それとか動詞が他動詞か自動詞かで目的語をとるとか、そしてthat節がとれるとか、動名詞になるとか、不定詞をとるとかを全部明らかに説明していく作業があります。うう。そういうことにしんどさを感じているようです。これしきで頭ウニウニ。受験英語は英語→英語じゃ駄目な世界があるので仕方がないですがね。

それを少しでも向上させようと毎日頑張ってはいるんですが、全然間に合ってないなあ。とういうかあんまりやりたいと思っていないようです。先生なのになあ。

調べ物のの時にはネットも大活躍なんですが、これちょっと利用しました。全部はまだ読んでいないんですが、ご紹介させていただきますね。
同じライブドアブログでお邪魔させていただいて知り合った方です。買いましたよ!本を出される前からちょこちょこコメントもたまに残させていただいてました。このブログもたまには読んでくださってるかな?著者を出されてすごいなあ。英語も教えてらっしゃいます。その節はいろいろ教えていただいて感謝しています。

そうそう、コメントは結構勇気がいる私です。たまに返事もらえないこともあるしなあ。隠しコメントになら返事もらえなくても当たり前で全然気になりませんが、先にオープンで自分のコメントだけあるやっぱり落ち込んだりしますね。お気に触ったのかなあと気になるけど、でも仕方ない。

ちゃんとselectとchooseの使い分けも載ってました。さすがあ。chooseのほうが主観が多めに入る。鈴木先生、これ生徒に説明させていただきますね!ありがとうございます。

本には索引がついていないので、ホームページに行くとあるようです。よかった。一億人の英語もそうですが、索引はあった方がいいですものね。全部読んでからご紹介しようと思っていたんですが、同時並行でいろいろやっているので、そんなことしてたらお蔵入りするのももったいないなと思ったのでご紹介することにしました。類似本があとからたくさんでているようですね。

ネットで行き着くのはいろいろあるのですが、ここも結構行き着くことが多いです。
http://www.eigowithluke.com/

ルークさんはバイリンガル?なのでわかりやすい。サイトは日本語です。実は今はもう聞いてないけど、podcastで有名なルークさんはこの人だと思い込んで聞き始めたんですが、聞いているうちに別人だということがわかりました。両方とも日本滞在経験があるけど、コチラのルークさんはずっと日本滞在中で、日本語もかなりできる感じですよね。あと海外のサイトの質問箱みたいなのにもいくんですが、とても重宝しています。職場には直接聞けるネイティブスピーカーがいるのでこれまた助かります。家には夫もいるのでこれまた助かります。感謝しないとですね。

今日はそんな感じで自分の英語の勉強どころでないので、音読生活はできてません。でもそんなときもあるさ。

明日は月曜日、また1週間頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。